メリハリを大切に

 私は、中部大学春日丘中学校、愛知淑徳中学校、滝中学校、南山中学校女子部の四つの学校を受験し、すべてに合格した幸せ者の元名進研生です♪

 では、そんな私が受験に至るまでの中での行事やエピソードについて紹介したいと思います!

♪夏♪ 夏期講習
 行事としては主にこれです。私は四年生から名進研に入会したのですが、五、六年生のときだけ参加しました。五年生は、自分の所属校で、いつものような授業をします。しかぁし!六年生は、テストゼミや、トップレベル講座EXで仲良くなった友達と、運命の再会(?)を果たすことができ、一緒に授業を受けるので、普段の授業より数倍楽しかったです。そのぶん1時限あたりの時間は長かったし、休憩も長くなっているけど、時限数多いし、ルールがたくさんあるし、お弁当食べるときにしゃべっちゃいけないし…まあ、そこは我慢で乗り切れました。

♪秋♪
 特にないです。

♪冬♪
 やっぱり、六年生のみなさんは正月特訓教室、ほかの学年のみなさんは冬期講習です。冬期講習は、夏期講習の期問が短いバージョンみたいなものなので、置いといて…正月特訓教室での楽しみは、勉強、食事or部屋割りです。食事は、事前にメニューが各所属校で配られるので、それを見て期待しておいてください♪♪♪ちなみにどれもおいしかったです\(^@^)/でも、部屋は…部屋に入る直前にしか教えてもらえません。それも部屋番号だけ!誰と一緒の部屋になるか、それともシングルかは、部屋に入ってからのお楽しみです。乞うご期待!!あとは、授業時限数が多いので、頑張ってください。

 まあ、そんな感じです。あとは、私からのアドバイス!受験は、意外と、案ずるより産むが易しって感じに、早く終わっちゃいます。だから、気楽に受けたもの勝ち!!

 それに、私は受験直前にボカロにはまって、聞きまくっていたけど、意外と勉強の邪魔にはなりませんでした。だから、勉強と、休憩時間にメリハリをつければ、大丈夫!

 きっと合格できますよ!

今の自分と来来の自分

 私は、自分の行きたかった学校に進学出来るとても幸せ者の元名進研生です。では、頑張っているみなさんに私が中学受験を通して体験した事などを書いていきたいと思います。この文で少しでもみなさんの力になれれば幸いです。

 自分で今の成績についてどう考えていますか?すごくいい調子だと思っている人やあまりいい成績ではないと思っている人がいると思います。でも、今の成績は今後に影響があるかと言うとそうではないですよね?今の成績はあくまでも次のテストに向けてのもっと成績を良くしようという気持ちを高めるための材料だと私は思いました。

 六年生になると合格率が出ますが、その合格率で、もしも20%未満になってしまったとしても、「もう無理だ…と諦めてしまってはダメですが、もっと頑張ろうという気持ちをもっていれば大丈夫だと私は受験を通して思いました。私も私の周りのみんなも「絶対に受からなきゃいけない」と思っていました。私は入試当日に「絶対受かってやる!!」という強い気持ちで望みました。その強い気持ちで私は受かる事が出来ました!これから入試に向けて頑張るみなさんも強い気持ちをもって頑張ってください!!

 では、次にみなさんの受験勉強がはかどるように合格発表の日の話をしたいと思います。私は、聖霊中学校と金城学院中学校を受けました。同じ日に合格発表があったのですごくドキドキしながら前日の夜を過ごしました。いざ合格発表となるとソワソワしてしまい、「まだ届かないのかなあ~」と何度も思いました(笑)合否が書かれている封筒が届き、私の本命は金城学院中学校だったので、聖霊中学校の封筒をまず開けました。結果はいい結果でとても良かったのですが、金城学院中学校と聖霊中学校の封筒の厚さを比べてみると聖霊中学校に比べ金城学院中学校の封筒が薄すぎて心配で、手が震えて金城学院中学校の封筒が自分で開けられませんでした!金城学院中学校の封筒を開けてもらって中を見た時に私は、「やったー!」と叫んでいました!!みなさんの四月が輝くように応援しています。

 私が受験を通して思った事は、自分が今出来る事を精一杯やる事が大切です。後で後悔はして欲しくありません!私は見守る事しか出来ませんが、精一杯自分の力を出し切ってください!

 そして今、私が明るい気持ちで過ごす事が出来るのも先生方のおかげです。今まで本当にありがとうございました。

逆転満塁ホームラン

 受験生のみなさんへ

 私は南山中学校女子部の入学試験において「合格」と「不合格」の二つの結果をいただいた元名進研生です。なので通常の倍以上に「合格」を受け取る喜びを感じることができました。

 私は本番の算数で悔しいミスを多くしてしまいました。社会や理科もぱっとした感じはなかったので国語の出来がよかったのだと思います。国語は普段から私の得意教科であり得点源でした。国語に助けられたことは数えきれないほどです。一つ磨きをかけた教科をつくっておくのも大事な戦法です。私の場合、他の教科の点数が低すぎて総合的にプレ中学入試の南山中学校女子部合格率20%未満だったわけですが…。

 そして追加とはいえども「合格」を手にした私が言えることは「報われない努力はない」ということです。合格する人がいれば必然的に不合格になる人がいます。でも必ず中学受験で努力したことは何らかのカタチで報われます。どんなカタチで報われるかは分かりません。でも名進研生である以上「合格」というカタチで報われてほしいです。

 努力するにあたって、私は入試一週間前からあらゆる壁やドアに年号を書いた紙を貼りました。視界に入ったら出来事を必ず口ずさむのです。次第に視界に入っても気にならなくなってしまうので、一週間前位から貼るのがポイントです。そしてもう一つ、過去問を解きまくることです。私は一週間前から、一日一年分解きました。これらは、自信となって当日に大きな影響を与えました。

 最後に、皆さん、これからが本当の勝負です。まずはいま残された時間を有効に使って可能性を最大限まで伸ばしチャンスを生かしてください。五年生から受験勉強を始め、JAクラスからはじまり入試直前までTN2で合格率20%未満だった私であってもチャンスを結果に繋げることができました。自分に自信を持って臨んでください。

 一人でも多く「合格」を手にすることを祈っています。

 

 僕は、五年生の夏期講習から名進研に入りました。五年生の時は、TN1とTN2を行ったり来たり、六年生のときは、俊秀とTN1を行ったり来たりしました。最後は、名進研内で偏差値六十以下でしたが、俊秀で逃げ切りました。

 「愛知中学校」「名古屋中学校」「東海中学校」「滝中学校」を受験しました。
 「愛知中学校」は、初めての受験だったから、緊張しました。合格の通知を見たとき、名進研で勉強を頑張った甲斐があったと思いました。
 「名古屋中学校」は、面接が意外と短いと思いました。スカラー合格で、嬉しかったです。
 第一志望の「東海中学校」は、今までの中で一番難しくて、「ダメだ、落ちた」と思いました。合格した時、「兄と一緒の学校に行ける!」と、とても嬉しかったです。
 「滝中学校」は、すごく出来て特奨かと思ったけど、不合格だったので、ビックリしました。

 「できた」と思うときほど出来てないし、自分が出来たと思うときは、周りのみんなも出来ているのだと、テストゼミのときもそうだったのを思いだしました。

 東海中学校の合格者説明会で、同じ名進研生に会ったとき、「お前も!」「誰々もいたぞ」と、同じ小学校じゃないのに、同じクラスの仲間みたいで、嬉しかったです。

 合格の決め手は、「あきらめず努力すれば合格できる」と、自分に言い聞かせたことです。

 これから受験する皆さん、自分の運と実力を信じて、頑張ってください。

 

最後の最後

 僕の最後の四週間の勉強方法は、本当にとにかく問題を解きまくることでした。

 まぁ、もちろん社会は、覚えなおしたりしましたけど。そしてその覚えるときは、口に出して、間違えたらふせんをはって…あっていたらはがして…もう、一週間目ぐらいでは単語帳がふせんで大変なことになっていました。あと、オススメではありませんが、部屋中をジョギングしながら覚えたりもしました。

 そんなことをして、南山中学校男子部の試験がきてしまいました。そのとき、名古屋中学校がダメだったので、すごく、きんちょうしました。その日は、あくまでも個人的には、すごくよくできたと思いましたので、よかったです。でも……そのテスト結果のふうとうには、二枚の、うすい紙しか入っていませんでした。「不合格」だったのです。でも、くいはなかったので、致し方のないことだ、とあきらめることができました。

 それで、この不合格に対するショックがわすれさられようとしていた木曜日の午後7時50分ごろ、僕をマジでびっくりさせることがおきたのです。

 なんと…南山中学校男子部から電話がかかってきたのです。「追加合格」という超超超超スゴイことがおきてしまったのです!!

 もう…10分ほど、僕のたましいは、ブラジルよりも月よりも遠いどこかへ行ってしまいました。だって、僕は絶対にそれはないでしょ…と思っていたのですから。もう、その時は自分にはなんでもできる。なんだってできるぐらい、スゴイテンションがあがっていました。もう、ドラゴンクエストでいうと、アトラスなんて一発でたおせる。テンションMAXのMAXをぶちやぶっている。ドラクエではテンション百までしかいけないけど、もう…一万をこしている。大変。もう…別の意味で大変。もう、アタフタして、9時に所属校に直行してしまいました。先生たちはおめでとう!とほめてくれました。うれしかったです。

 今、僕は両親、その他の家族、所属校の四人の先生と途中で校舎がかわった四人の先生、ピラミッド倶楽部の先生方、はげましてくれたたくさんの友達に、とても感謝しています。南山中学校男子部を目指すみなさん、がんばってください。僕はたくさん応援しています。

 

名進研を好きになれ

 私は南山中学校女子部に追加合格し、四月から南女生になる者です。受験勉強を一年もしていない私からですが、アドバイスをしたいと思います。

〈算数〉苦手
 計算問題を毎日五問は解いてください。算数が苦手な人は例題や基本問題は完璧に。

〈国語〉普通
 時間を有効に使うために、学校の図書室で本をたくさん読んでください。条件チェック、サーパスや漢字はくり返し解いて完璧に。

〈理科〉ちょっと苦手
 てこや滑車、浮力などの計算問題が…全然できませんでした。→テストゼミをもう一度解いて復習しました。暗記単元は、確実に得点できるようしっかり声に出して読み、覚えましょう。

〈社会〉得意
 テキストを声に出して読みましょう。難しい漢字はひたすら書いて覚えましょう。また、大河ドラマを見るといいですよ。(気分転換にもなります。)

〈テストゼミ、正月特訓教室〉
 テストゼミは超いいです。一週間で学んだ単元を確実にできるようにしてから次の単元に進めます。正月特訓教室は時間割を見ると恐ろしいかもしれないけれど充実した三日間になります。

〈入試当日〉
 所属校の先生と「あく手」をしましょう。私は南山中学校女子部の時、カイロを休み時間中ずっと握っていました。

〈最後に〉
 名進研生のみなさん、「時は金なり」といいます。六年生後期はすぐに終わってしまいます。受験日までの限られた日を第一志望校に絶対行くという思いで過ごしてください。今までのテスト結果は合格に関係ないんです。入試で全力を出し、第一志望校の切符を全員がつかみ取れるよう祈ってます!最後の最後になりましたが、いつも私を支えはげましてくれた家族。そして、何よりも私を合格に導いてくれた先生方、本当にありがとうございました。みなさん、名進研が大好きになれば勉強だって好きになれるはず!!第一志望校合格を目指してがんばってください。

 南山中学校女子部でみなさんを待ってまーす☆

合格への秘訣

 僕は、東海中学校・滝中学校・名古屋中学校(スカラー)、愛知中学校(特奨)と県外一校にパーフェクトで受かったハッピーな人です。

 では、さっそく合格への秘訣を紹介しましょう。

☆算数☆
 ひたすら問題を解くことです。また、図などを大きくかき、ノートをけちらないことです。僕は名進研で二週間に三冊のスピードでノートを使いました。受験近くには、机がノートだらけでした。

☆国語☆
 テキスト以外に本をたくさん読むことです。また、テストでは空らんをつくらず、覚えた漢字・言語は一問も間違えないことです。

☆理科☆
 サーパスの問題をひたすら解くことです。

☆社会☆
 地図帳を好きになることです。ちなみに僕は京都の地図をすべて覚えています。また、これは理科にも言えますが、一文字でも違った答えだったら、青色で、解答を写すことです。

 最後に、僕が一番みなさんに伝えたいこと、勉強以外の合格への秘訣を紹介します。面接のときのネタになります。そして、受験中の心の支えにもなります。
 ①自分の特技やマニアックなところをみつけること。何でもいいです。僕はこのようなものをもっています。
  ○サッカーのリフティングが五百回できる。
  ○城の名前と、その城の昔の形、地図がセットになってわかる。など
 ②受験以外の目標を立てること。何でもいいです。
  僕は、サッカー部で大会にフル出場し、優勝するという目標を立てました。準準決勝で負けましたが、フル出場が出来ました。受験当日は、「受験とサッカーを両立できたんだから大丈夫!」と思って挑みました。合格への秘訣は以上です。僕は、名進研生のみなさんが制服を着て校門をくぐることを楽しみに待っています。

みなさん、がんばってください!!

家族ばかりにたよらずに

僕は四月から滝中学校に通う元名進研国府宮校生です。さっそく僕が名進研で受験勉強中に行った勉強法をみなさんへ教えます!

☆算数☆
 ・一度やってまちがえた問題には印をうつ!!
 ・宿題の問題と授業中にやった問題を区別するために印をうつ!
 ・ポイントブックはいつも持ち歩く。

☆国語☆
 ・言語は反復してやる←(本当にやっておいた方がいいです。)
 ・文章を読んでいるときに、他のことを考えない!!(内容がつかめません)
 ・本をたくさん読む(たまに、読んだ本が、文章に出てきます。)

☆理科☆
 ・計算問題は、解き方(考え方)をマスターする。
 ・暗記分野は、ひたすら問題を解いて、問題に慣れる。

☆社会☆
 ・僕にきかないでください。これは、歴史だったら、年号と出来事をセットで覚える!政治や地理だったら、とにかく書いて内容を理解する。

☆その他☆
 ・自習室をたくさん利用してください。なぜなら、チューターの先生に言われたことが、テスト中に思いつくことがあるからです。
 ・毎週水曜日NHK夜10時からの歴史秘話ヒストリアは、歴史の勉強に役だちます。息ぬきなどに、ぜひ見てください。
 ・人試で崖っぷちに立たされても、あせらず、冷静に次の入試に心を入れ替えてください。
 ・何時までに何をやって、何時までにこれをやる…というように予定をたてて勉強すると、テストの時間配分にも役だちます。

☆受験を終えて感じたこと☆
 ・家族にたよらない。
 ・集中力・持久力・聞くことの大切さを感じる。
 ・受験は勉強だけではなく、感情も大切だということ。…以上です。これから受験する名進研生のみなさん、これからもがんばってください。

今はがまん

 僕は第一志望校であった滝中学校に受かり、四月から滝生になります。

 さっそくですが、僕がやってきた勉強法を名進研生のみなさんにお教えしたいと思います。

~国語~
 得意じゃなかったので、言語や漢字を一問も落さないよう、何回もくり返しやっていました。あと、物語文は、楽しみながらやっていました。

~算数~
 昔テキストでやった問題をもう一回やってみる、というように何回も「やり直し」をしました。あと、まちがい直しも、身につくまで何回もやっていました。

~理科~
 まちがい直しをとにかく何回も徹底してやり、余った時間は、昔のテキストの発展問題などの難しい問題や、まちがえた印が付いていた問題を中心にやっていました。

~社会~
 大のニガテでしたから、何回も名進研テキストの太字をガリガリ書いていました。でも、社会だけに時間を使いすぎないよう、気をつけていました。

~今後の受験生のみなさんへ~
 今、友達と遊びたいと思っている人も、ゲームをやりたいと思っている人も、よく考えてみてください。友達とは受験が終わったら、何回でも遊べます。ゲームは受験が終わったら、何回でもできます。けれども、中学受験は何回も…はできないんです。「今は、がまん」そうして合格を勝ち取ってください。そして、自分の目指した第一志望校に通ってください。

 最後になりますが、新しいことをたくさん教えてくださった先生方、僕を温かく見守ってくださった父さんや母さん、他にも僕を支えてくださった皆さん、今まで本当にありがとうございました。

合格をつかみとれ!

 僕は、東海中学校・名古屋中学校・春日丘中学校を受験し、すべて合格した者です。(春日丘中学校は特奨)

 それでは、ぼくの受験生活と第一志望校への必勝法をみなさんに紹介したいと思います。

 僕は、五年生の初めから名進研に入り、約二年間通っていました。テストゼミや各講習、復習・宿題指導講座、正月特訓教室を受けました。僕は、六年生の夏期講習後から算数の成績が急激にのび、第二回東海中プレ入試でもいい成績を修められました。もとから国語・社会があまりよくできていなかったので、合格のカギは算数にあったと思います。名進研生のみなさんも、第一志望校合格のカギとなる教科を見つけて、学力を上げ、自分の第一志望校合格に向かってがんばって勉強してください。

次に、第一志望校合格のための必勝勉強法を教えます。

〈国語〉
テスト前は、必ず文法、漢字の学習を欠かさないようにする。あと、文章間題はコツコツと取り組み、やり方を覚えるとよい。一度に大量にしても覚えきれません。

〈算数〉
面積などの公式は必ず覚える!また、単位換算があいまいになってしまっている人は、表を書くなどして覚えましょう。算数は、基本が第一。難関ばかりに時間をかけ過ぎないように!

〈理科〉
単語は、図と一緒に覚える。先生がボードに書いた図は必ず写す。図は、きれいに書かなくてもよい(ヘタ過ぎてもダメ)ので、必ず写してください。計算問題は、出てきた数字を整理して解くといいです。

〈社会〉
暗記単元は、とにかく書く!ノートに書きまくる!!それでも覚えられないなら、テストで間違えた時にしっかり見直しをしていれば、必ず覚えられます。もし、先生の方から暗記プリントがもらえたら、テスト前日か当日にやっておくとよいです。

〈全体で〉
それぞれの教科の先生から、いろいろな場面でプリントが渡されると思います。そのプリントは、入試までにぜひ終わらせておいてください。入試で役にたつと思います。また、テストゼミはやり直しを何回もして、完璧にしてからノートを提出するよう心がけてください。

 以上で、ぼくから名進研生のみなさんへの必勝アドバイスを終わります。

〈最後に〉
みなさん、今はつらいでしょうが合格目指してがんばって勉強してください。

名進研とは

愛知県・岐阜県の中学受験・高校受験の進学塾です。受験生を応援するページを立ち上げました。このブログで卒業生たちの熱い応援メッセージを届けていきます。

カテゴリー