2014年7月アーカイブ

「少しは息抜きも」

今日は、南山中学校女子部へ進学した卒業生からのアドバイスを紹介します。

 

元名進研生の私は、南女・淑徳・愛知に合格し、春から南女に通います。

  そんな私からの名進研生の皆さんへのアドバイスです。

〈国語〉

 ・毎日文章問題を一題解くこと。

 ・漢字・言語事項を覚える。

 ・たくさん本を読む。

「記憶上手」

今日は、東海中学校に進学した卒業生の合格体験記を紹介します。

 

僕は五年の春から名進研に入会し見事に東海の合格を勝ち取った者です。そんな僕から名進研生の皆さんへアドバイスをしようと思います。僕は名進研に入会してからほとんどJSにいました。たぶん理・社をガッチリおさえていたからだと思います。そこで、僕は理・社についてガッツリと名進研生の皆さんへアドバイスしようと思います。

「コンパスを毎日使って」

今日は、南山中学校女子部へ進学した卒業生の体験記です。

 

私は愛知(特奨)、淑徳、南女に合格し、四月から南女に通います!そんな私から勉強等の名進研生のみなさんへアドバイスをしたいと思います!

☆算数☆

 ・根本から理解し公式の丸暗記はさける。

 ・ノートに図を書く。

 ・南女第一志望の人はコンパスを毎日使って何でもいいから模様等を書く(毎日の積み重ねが大切!)。

 

☆国語☆

 ・記号、ぬき出し、記述のしるしをつけてとく。

 ・文章は自分のペースで読む。

「名進研のゼミは宝」

今日は、淑徳中学校へ進学した卒業生から届いた、各教科についてのアドバイスを紹介します。

 

こんにちは☆私は春から第一志望の淑徳に通う超ハッピーな人です!こんな私からさっそく名進研生のみなさんへアドバイスをしたいと思いまーす。

☆国語☆

 とにかく文法をきっちり今のうちに仕上げるといいと思います。記述は名進研の授業でたっくさんやるのでご心配なく。

☆算数☆

 一番苦手でしたっ(泣)。毎日計算をやると力がつきます。あと、いきなり難問を解くのではなくて基本をおさえた方がイイですよ!

「睡眠時間」

週の最後に、滝中学校へ進学した卒業生の合格体験記を紹介します。

 

僕は、愛知中学校と名古屋中学校と滝中学校に合格し、この春から滝中学校に通う者です。

僕は名進研に四年生から所属していました。

その中で一番心がけたのは、「睡眠時間」です(毎日必ず僕は8時間以上寝ていました)。

なぜならしっかり睡眠をとらないと頭が痛くなってしまうからです。

今日は、テストや授業のポイントについて詳しく書いてくれた体験記を紹介します。

 

僕は、愛知、滝、東海に受かった者です。これからみなさんに厳しい受験を勝ち抜くための策を教えます。

 まず、名進研での授業のポイントです。

名進研の先生の言ったことで重要だと思ったのは、名進研のテキストに書く!ということ。

特に理科と社会は、名進研のテキストが真っ黒になるぐらい書いていいです。

そして、一回一回の名進研の授業に全神経を集中させ、

「四教科の勉強量」

おはようございます。今日も愛知、岐阜では30℃以上の暑さになるそうです。十分に気を付けてくださいね。

 

名進研生のみなさん、こんにちは。

元名進研生の僕は第一志望校に合格することができました。

 僕は、五年生の時に名進研に入りました。前から算数が好きだったので、名進研の宿題をやるなら、まず算数から取り組んでいました。

そのため、算数の点数がよく、成績はまあまあよかったのですが、他の教科にかける時間が少なくなりました。これらのことを振り返りながら、名進研生のみなさんへ僕からアドバイスを書きたいと思います。

「全ては☆合格のため☆」

今日は、南山中学校男子部に進学した卒業生の合格体験記です。

 

名進研生こんにちは、僕は、この春から南男に通う元名進研の者です。今、名進研生の皆さんは勉強をする毎日でとても大変でしょう。しかし、それは合格するためにやっていることなのです。僕は勉強がいやになった時、そう思うことで勉強を続けてきました。そんな僕から名進研生へアドバイスです。ぜひ参考にしてください。 

「遊べる時は遊ぼう!」

いよいよ今日から名進研の夏期講習が始まりますね。

1学期の苦手を克服したい人も、更に自分の力を付けたい人も、有意義な夏休みになるようそれぞれの目標をしっかり立てて実行していきましょう。

 

僕は、無事に志望校に合格して今はのんびりしている元名進研生の受験生です。今から、自分が使った合格する確率が高くなる方法を名進研生に教えたいと思います(東海合格、滝(特)合格、名古屋(スカラー)合格、愛知(特)合格)。

「遊び半分で軽く考えて」

週の最後は、滝中学校に合格した卒業生の合格体験記を紹介します。

 

名進研のみなさんこんにちは!私はこの春、晴れて滝生となる元名進研生の者です!

そんな私が、学習についてアドバイスをしようと思います!

算数…これはなんとも…なんせ苦手科目だったんで…。まあ名進研テキスト問題を解きまくるってことです。名進研テキスト解説読まずに質問だけは絶対禁物!読んで分からなかったら名進研の先生に質問ってとこですかね~。

「計算は基本の「キ」!」

今日は、南山中学校女子部に合格した卒業生の体験記をお届けします。

 

受験で忙しい名進研生のみなさん、こんにちは。私は南女・滝・淑徳にまぐれか実力か、とにかく受かってしまい、この春、南女に通うことになったメチャメチャHAPPYな女の子です。こんな私のアドバイス、名進研生の役に立てたらうれしいです!

☆国語 文章問題の場合、解くか読むか、どちらかを速くできるようにするといいと思います。私はじっくり読んで解いたので、紹介します。説明文は名進研の友達の話を聞くように、何がいいたいのかつかんでください。物語文は主人公や第三者になりきり、感情をゆさぶられてください。言語知識事項や漢字は本をいっぱい読むとしっかり身につきます。

「THE☆まちがい直し」

今日は、南山中学校女子部へ進学した卒業生から届いた体験記を紹介します。

 

 私からの名進研生へのアドバイスは『まちがい直しは、不可欠だ!』ということです。

私は「まちなお」と呼んでいました。

とくに算数・理科の計算問題のまちなおは重要です。

そこで、これから簡単に私の『まちなお方法』について説明しようと思います☆

僕は名進研から四校受けて三校合格し、滝中学校へ通う幸せ者です。

 五年生から名進研へ入りました。最初は名進研JA2からのスタートでしたが、名進研JS2へ上がりしばらくして、少しだけ名進研JS1にいました。やがて名進研JS2へ下がりました。そしてそのまま六年生になり、受験シーズンでは、なんとか名進研JS1に上がれました。第一志望校で、僕は算数は解答欄をすべてうめないまま出してはいけない、ということを忘れていました。きっとそれが失敗の原因だったのだと思います。

 

今週も暑い日が続くそうですが、こまめに水分を摂るなどして熱中症には十分注意をしてくださいね。

今日は名古屋女子大学中学校へ進学した卒業生の合格体験記です。

 

私は、名進研で勉強して名古屋女子大学中学校に春から通います。

早速、私の勉強方法をお伝えしようと思います。

 

・国語

 私は、名進研に入る前、文章問題が苦手だったので、漢字と言語事項はなるべく全部覚えるようにがんばりました。

 文章問題に関しては、あまり名進研生にアドバイスできませんが、本を読むことに興味を持てば、文章がスラスラ読めて、問題も簡単に解けると思います。

週の最後は、名古屋中学校に合格した卒業生から届いた体験記を紹介します。

 

名進研生のみなさんこんにちは僕は、春から名古屋中学校に行くアニメ大好きな元名進研生のものです。

僕は小学四年生の時に名進研に入りました。

最初の時は、名進研でけっこういい成績だったのですが、後半からだんだん悪くなっていってうまくできませんでした。

 

五年生の時から名進研テストゼミが始まり、最初社会が苦手だったので駄目な点数でした。

「長男とは違うけれど」

今日は、東海中学校に合格した卒業生のお母さまからの体験記をお届けします。

 

二年前に特奨で東海中学校に合格した長男と「比べてはいけない」と、何度も思いながらも、親としては、とても大変で、辛い、次男の小学五年生の夏期講習からの名進研生活でした。かろうじて、第一志望の東海中の合格を手にした今、ホッ…としていますが、「入ってからが大変だろうな」とも思っています。

小学五年の半年は、TN1とTN2をウロウロ。「六年生になればやるだろう」と、タカをくくっていたのが大間違い。

六年に進級しても、俊秀とTN1をウロウロ。

実力的には、俊秀クラスであっても、名ばかり俊秀生。

TN1の下位、下手したら、苦手科目によっては、TN2やTN3だったりしたテストゼミ結果に、「受験は個人戦じゃなくて団体戦、苦手科目を補いながらの総合点数で、有り難い」と、思いました。

台風がだんだんと近づいてきて、傘をさすのもままならないくらいの強風が吹いていますね。気象情報をこまめにチェックし、安全を第一に考えて行動してください。

それでは今日は、東海中学校へと進学した卒業生のお父様から頂いた合格体験記をご紹介します。

 五年生の冬期講習で初めて名進研のお世話になり、三月からの入塾を決めました。名進研を選んだ理由は、基礎学習に重点を置き、復習を中心とした学習スタイルに共感を持ったことと、これまで公文とZ会で自学自習をしてきた息子にとって、多くのライバルの中で、自分の位置を確認しながら学習を進めることが、モチベーションアップになると考えたからです。それから滝中の入試を最後にすべての試験が終わり、二月十三日の合格発表まで、振り返ればあっという間の一年間でした。

 入塾して、夏休みまでは、とにかく、一週間に勉強する単元をしっかりやって、やり残しや苦手な単元をつくらないよう、いつも息子に言っていました。夏休みは、すべての単元の復習ということで、息子が入塾する前の五年生で学習した単元を特に集中して勉強し、遅れを取り戻すよう努力させました。

「合格に導かれて。」

今日は、滝中学へと進学した卒業生のお母さまから頂いた体験記です。

 

小学校の卒業式を終えた今、私にとっての息子の卒業は、やはり名進研の合格パーティでした。

通塾しているときは『この調子でいくと、時間が足りない!入試までに間に合うのか!?』とやきもきする毎日でした。

朝は起きれず、夜は疲れて眠ってしまい 起きていても集中しているのかどうか定かでなくしかし、その時点よりも半年、もしくは1ヶ月前を思い出すと、確実に起きている時間が長くなったり、弱音を吐かなくなったりしている事実に気が付くと『よし、大丈夫』と息子に言い聞かせつつ、私自身にも言い聞かせてなるべく良い面を見るようにしていました。

今日は、東海中学校へ進学した卒業生のお母さまの体験記です。

 

名進研に1年間通ってみて、もし息子が受験をする気にならなければ、公立中学向けの塾に替わるつもりで、入塾しました。

通い始めると、それは全くの杞憂に終わり、すぐに息子は名進研が大好きになりました。

仲間にも恵まれて、楽しく3年間塾に通い、憧れの第一志望校に合格する事が出来ました。

 

息子の受験を終えてみて、親として良かったと思った事を、書いてみたいと思います。

もし少しでも、これからの受験勉強の参考にして頂けるなら、嬉しいです。

 

今日は、南山中学校女子部へ進学した女の子と、東海中学校へ進学した男の子の、双子の卒業生のお母さまから頂いた体験記です。

 

『色々な思いを込めて…。』

 娘は典型的な内弁慶で、一歩家を出るとろくに口をきかず、まして、塾で先生に質問するなどとてもできない性格でした。勉強もスローペースで、受験をやり遂げられるのか非常に不安に思っていた私は、ことあるごとに娘の勉強に口を出してしまっていました。そんな中、6年生の夏期講習が始まって最初の一週間、宿題のほとんどを塾にいる間に済ませてしまった娘は、帰宅後テレビを見たり、DSをしたり、受験に関係のない本を読んだりという毎日で、傍で見ている私のイライラはつのるばかり…。ある日それがとうとう爆発してしまい、

今日は、東海中学校に合格した卒業生のお母さまから頂いた体験記をご紹介します。

[発表の日]
 朝8時半前に配達されました。本人が受け取り、はさみを入れました。開封後もあまりにも淡々として何も言わないので、我慢しきれずに、結果を聞いたところ、いつもの様子で「合格したよ。」「なんで、そんなに普通なの?」と尋ねると、受け取った瞬間に、封筒の窓から透けて見えていたとのこと。そして、1時限目に間に合うよう急いで登校していきました。
 わたしは、何度も何度も喜びをかみしめながら、その日1日中泣けて泣けて仕方ありませんでしたが、思い描いていた感動の瞬間とは、あまりにもかけ離れていたので、少々複雑な思いでした。

今日は、南山中学校女子部に進学した卒業生と、そのお母さまの合格体験記の2本立てでお送りします。
 
 
最後まで余裕をもって
 
私は4校受験してすべて合格し、春から南山中学校女子部に通うマンガ大好きなオタク女子です。そんな私からみなさんへアドバイスをします!!
 
[算数]絶対に先生から出された宿題をやってください!!もちろん、間違え直しも!算数は先生から出された課題をちゃんとやれば、絶対点数は上がります。
 
         
[国語]私はすごく苦手でした。ひどい時は平均点以下の時も…私と同じく苦手な人は漢字で得点をとれるように漢字をちゃんと覚えましょう。1・2点で合格か不合格かが決まります。

今日は、南山中学校女子部に見事合格した卒業生のお母さまから頂いた合格体験記をお届けします。

 

4月から、娘は南山中学校女子部にお世話になります。こうして春を迎えることができたのは、本人のがんばりと、名進研の先生方のおかげだと、心から感謝しております。

合格体験記を読むたびに、立派な親御さんばかりで、私に受験生の母などつとまるのかと、不安になるばかりだったのを覚えています。 私が本人と一緒に宿題や復習を取り組んだのは4年生の途中までで、あとはほとんど先生方におまかせでした。私がしていたのは送迎とお弁当つくりくらいです。ですから、皆様にお役に立つようなことは何もしておりませんが、一番の課題であった親の気持ちの持ちようについて書いてみたいと思います。

送迎とお弁当だけと書くと、親にいつも余裕があり、本人もしっかりしていて優秀だったように聞こえますが、決してそういう親子ではありません。

6月29日実施のテスト、お疲れ様でした。いつも通りの実力は発揮できましたでしょうか。

最後の一問、最後の一秒まであきらめずにテストに向き合う姿勢が、合格を引き寄せる力となると思います。

今年も半分を切りましたが、自分の夢や目標に向かってあきらめずに進んでいってください。

 

僕は、五年生の夏期講習から名進研に入りました。

五年生の時は、TN1とTN2を行ったり来たり、六年生の時は、俊秀とTN1を行ったり来たりしましたが、最後は、偏差値60以下でしたが、俊秀で逃げ切りました。

「愛知中」「名古屋中」「東海中」「滝中」を受験しました。

名進研とは

愛知県・岐阜県の中学受験・高校受験・大学受験の進学塾です。受験生を応援するページを立ち上げました。このブログで卒業生たちの熱い応援メッセージを届けていきます。

カテゴリー