2016年9月アーカイブ

友達がいたからできたこと

受験生のみなさんこんにちは。
私は、愛知中学校に通っている元名進研生です。

私が、名進研に入ったきっかけは、友達にすすめられたからです。ただ、勉強する場所だと思っていました。三年生の夏期講習から入り、四年生から本格的な名進研生になりました。

名進研の大変さを感じたのは五年生の時でした。五年生になって、通う日数も増え、テストゼミも始まりました。前期のころは宿題がもう大変で大変で仕方がありませんでした。六年生になると、もう受験生となるので五年生のときより更に宿題が多くなり、大変でした。

でも今、宿題が大変と感じている五年生や六年生のみなさん、大丈夫です!!日がたつごとに宿題にはなれてきます。でも、もっと自分のニガテを克服したいと思っているあなた、いい方法があります。それは名進研の自習室に行くことです。自習室では家と違って集中できる環境がそなわっているし、分からなくなったらすぐにチューターに質問できるので、早く宿題が終わります。チューターは、分かりやすく、ていねいに教えてくれて、私達が分かるまで何度もていねいに教えてくれます。

でも、私には乗り越えられない壁がもう一つありました。それは、学校の友達と遊べなかったことです。でもそれを乗り越えることができたのは、名進研でできた友達がいたからです。私がつらい時は、みんなもつらいんだ、と思うだけではげみになりました。

それに友達のおかげで名進研はとても楽しかったです。私は、友達ってとても大切だなと思いました。それに、先生たちの授業はとても楽しかったです。そうやって、友達や、先生方、家族に支えられて、見事合格をつかむことができました。本当にありがとうございました。私は、合格通知書を見た時、今までのつらさなんてふっ飛んでしまいました。名進研生のみなさんもあきらめないでください。叶わない夢はないから。

速読の力

振り返ってみると、とにかく本が好きな子供でした。
幼稚園に入る前から、たくさんの本をほしがり、読み聞かせをせがみました。

娘が小さい頃から中学受験は意識していましたが、諸般の都合のため四年生から名進研に通塾させることができず、自宅で市販の問題集などをやらせていました。もちろん遅々としてすすみませんが、国語の問題集はとても喜んでやっていました。そして「この問題文の続きを読みたい、この本を買って」とせがむので、問題文の出典を調べ、インターネットで注文し、ほしがるままにずいぶんとたくさんの本を買い与えました。国語の問題を一問解いては一冊読破しました。今思うと四年生の時のこの読書が、現在の学力の基礎になったのだと思います。中学受験の出題に選ばれる文章は、「良文」であり「名作」であるのですから、それに選ばれやすい作品を精読多読するということは、とてもよい経験だったのだと思います。

五年生に進級する少し前に、ようやく名進研に通塾し始めました。初めて経験するきびしくも活気ある雰囲気に「名進研はたのしい、時間があっという間にすぎる」と喜んでいました。先生達は、授業中に一生懸命挙手する娘をとてもよく励まし、褒めてくれました。はじめての名進研実力テストは、もちろん全然点数に結びつきませんでしたが、先生方は「よくがんばってますよ。絶対伸びてきますよ。」と娘にも母親の私にも声をかけてくださいました。

数ヶ月すると、

受験は精神力の戦い

私は、南山中学校女子部&愛知淑徳中学校&愛知中学校(特奨)に合格し、南山中学校女子部に通う元名進研生です。
今は、受験時代のようなハードな名進研での生活とは正反対な生活を送っています。それでは、私なりの受験のポイントを紹介します!

☆国  語☆
説明文はまず話題をつかんでください。
後、線のひき過ぎには注意です。
物語文は主人公になったつもりで読んでください!
でも妄想はいけませんよ(笑)。
漢字と言語文法はテキストをくり返しやるしかないです(汗)

☆算  数☆
とにかく計算はテキストを毎日やってください!
テキストのわからない問題は必ず名進研の先生に質問してください!!
入試に質問を残したまま臨むのは禁物ですよ(汗)

☆社  会☆
一番紙を使いました(笑)。私は『暗記用ノート』を作り、それにひたすら歴史なら、年号とでき事や人物を、地理・公民なら暗記用語を書きました☆五年生から始めて10冊以上は使ったと思います(汗)社会は漢字ミスがいたいです!!慣れてくるとテキストを見ずに書くようになり、漢字ミスが増えてきます。普段から気をつけていれば入試で間違える事は無いと思います☆

☆理  科☆
暗記単元は社会と同じで、計算単元は…テキストの問題をひたすら解いて、問題になれてください。後、一番点を落としやすいのが学校の教科書の内容です!学校の授業をまじめに受ければ大丈夫です(笑)。

○名進研正月特訓○
私は行きました!根性をきたえ直されます!空気が「勉強しろ!」って言ってます(笑)。テストが毎日数回あるので集中力もつきます☆私は行って良かったと思ってます。私は受験生活中、ガリ勉ではなく、どちらかと言うと…「量より質」派でした。だから学校も休んでません。朝から晩までずっと勉強なんて人間には無理です!だから、みなさんもなるべく学校は休まないでください!そして四年生からお世話になった先生方、私を合格まで導いてくださり、本当にありがとうございました。おかげで今は遊び放題です。

最後に受験生のみなさん、受験に一番必要なのは精神力です。途中で投げ出したりしては、今までの名進研での努力も水のあわです。それをふまえて入試は笑顔と自信を忘れず悔いの残らないように、楽しく受けてきてください!私は担任の先生に調査書をもらった直後、落としました!でも受かりました(笑)。

だからみなさんも大丈夫!!
自分を信じて合格を勝ち取ってください!

中学受験~我が家の場合~

中学受験とは無縁だと思っていた我が家が、娘の希望で私立中学を目指すことを決めたのは、娘が四年生になる前でした。共働きのため、とりあえず一人でも通える塾へという理由で、名進研にお世話になることにしました(結果的に名進研で大成功でした)。

中学受験が、こんなにも大変だということを知らなかった私たち家族は、「附属の大学がありながら他大学を目指す学校へ入学となると、やっと中学に入学したとしても、またまた六年間勉強漬けになるのでは?それなら青春を謳歌できそうなこの学校を目指したら…」という安易な発想もあり、今の名進研での成績をキープできれば合格できそうな学校を志望校に決めました。しかし、「今の成績をキープする」とは簡単なことではなく、テストの結果を見ては一喜一憂してしまいました。また、「名進研合格体験記」を読んでは、「志望校を直前まで迷う」なんて親がいるのか?と思っていたのに、まさか自分がそうなってしまうとは思いもしませんでした。こんなにできの悪い受験生の親の相談に乗ってくださった名進研の先生には、感謝の気持ちでいっぱいです。

娘は、大好きな学校を一日も休まず受験を終えました。傍目にはあまりプレッシャーも感じていないように見えましたが、入学予定者説明会や制服の注文を終え、少し落ち着いた頃に「帯状疱疹」を発症しました。やはり娘なりに受験と戦っていたのだと改めて思いました。

この名進研での三年間、親子でぶつかったこと、喜んだこと、悩んだこと、今なら笑っちゃうことなどたくさんありました。間違いなく我が家の歴史の大切な一ページです。

ありがたいことに受験させていただいた四校すべての中学校から合格通知をいただくことができました。本当にありがとうございました。

地図帳をテレビの横に

私は南山中学校女子部、滝中学校、愛知淑徳中学校、愛知中学校に合格し、第一志望校の南山中学校女子部へ毎日楽しく通っています。

では、初めに名進研生のみなさんに受験勉強のアドバイスをします。

〈算数〉
・毎日必ず、テキストの計算問題をやると計算ミス防止になるので、コツコツやりましょう。
・問題を注意深く読むとケアレスミス防止になるのでしっかり読みましょう。
・テキストの間違えた問題は、出来るようになるまで、何度もやりましょう。

〈国語〉
・たくさん辞書をひきましょう。
・必ず条件チェックをしましょう。
・自分の納得いかない問題は名進研の先生に質問しましょう。

〈理科〉
・暗記プリント(B4サイズの用紙に名進研の授業で習ったことや、大事な単語などをまとめたもの)をいつでも見られるようにしたり、テキストの問題を一日一問解く一問一答ノートをつくったりしましょう。
・テキストの計算単元はパターンを覚え、暗記単元は確実にとれるようにしましょう。

〈社会〉
・地図帳をこまめに見て、ポイントなどを書き込みましょう(地図帳をテレビの横に置いてニュースで知らない地名が出てきた時に調べると良いと思います)。
・小学生新聞を読むのがオススメです。

〈テストゼミ〉
テストゼミでは、一回一回を大切にして自分の苦手単元を評価によって発見し、苦手をつぶしていってください。これは、名進研の全てのテストにおいてですが、毎回ノートに自分の反省を書くことをとってもオススメします。そうすれば次回のテストに向けて、どうすれば良いのかわかってきます。

受験生のみなさん、これからも自分を信じて、自分の☆夢☆に向かって頑張ってください。

葛藤の日々

名進研での怒濤の二年間が終わりました。本当に良く受かったと思います。
息子は目指していた愛知中学校と名古屋中学校に合格する事が出来ました。辛抱強く息子につき合って頂いた先生達に感謝です。

息子が中学受験を考えたきっかけは部活動でした。四年生の夏過ぎの事です。三人兄弟の長男はクラブチームのサッカーを習っており、週末は遠征で他県への送り迎えは毎回当たり前の事、二つ違いの下二人の息子もサッカーを習っているため中学校では部活をしてもらいたいと伝えていました。マイペースな長男はサッカー大好き、でも努力嫌い。練習には熱心に参加するけれど苦手分野の練習(リフティング等)はなるべく避ける、といった具合でしたので、楽しく出来る範囲は部活の方が向いていると考えたところもあります。

ところが息子の行く公立中学校にはサッカー部が無いとわかったため、さぁどうしようかという事になりました。息子の性格を考えても色々な体験が出来、個性を伸ばしてくれる私立中学校の方が向いているのでは、と、部活だけでなくその後の事も考え、息子に「私立中学校という手もあるよ。」と勧めてみました。

そしてためしに四年生の名進研冬期講習を受けてみようとチャレンジしたところ、最後の総仕上げテストは惨澹たる結果。こんなにひどいとは…と私も絶句したものの、本人は「受けてみたい。」と前向きなため、そこから名進研での苦闘の日々が始まりました。

みなさんこんにちは☆
私は愛知淑徳中学校へ通う元名進研生です!
私からみなさんへ『自分にあった勉強法』についてアドバイスをしたいと思います!

☆教科別のアドバイス☆

○国語○
文章問題は「できる」「できない」というより、“運”ですね…!私は国語が◎だと名進研での成績が上がったし○だとフツーだったし×だと…悲惨な事になってました…。文法問題は、 「毎日コツコツと」が大切だよ!

△算数△
苦手な人はテキストの基本をキッチリと、得意な人はテキストの発展をガッツリって感じカナ?分からない時はチューターもしくは先生の所へ聞きにいってください。こうしたら解けるのかー!っていう納得は意外と忘れないから。でも!聞いたから放置ではなく何日おきかにしっかりテキストを復習してくださいね。

□理科□
学校の教科書!意外と役に立ちますよ!基本的な所だけど忘れやすい所ギッシリつまってますから!学校の教科書も大切にしてくださいね(笑)。

☆社会☆
覚えたいことをは、ひたすらに書いて書いて書きまくるといいです!!手帳サイズの用紙に書くのです。目と手で覚えるのがオススメですね!あとは歴史マンガ読んだり、学校の教科書を読み返したり…社会はいろんな方法があると思うよ。

!勉強法!
私が一番成績アップにつながると思うのが「自分にあった勉強法」。人それぞれに好き嫌いがあるように勉強法も合う合わないっていうのがあると思うのです。例えば、すっごくシーンとした所が好きなコもいれば車がはしってる音とか少し音があった方が好きっていうコもいる、みたいな感じ。
だからなかなか成績が上がらないなぁ…、ていうコは勉強法を自分にあったやり方に変えてみたらどうかな?ちなみに私は音量を最小限にして好きなアーティストの曲聞きながら、なるべくスッキリ片付いた机で勉強していました。

☆その他☆
学校に何でも相談できる親友がいるとイイです!勉強面はモチロン家族とケンカしたとか最近仲間外れにされてるとか…話し合うとすっきりしますよ。心でず~っとモヤモヤしていると、受験勉強に影響しちゃいますから!

どうでしょう?私からのアドバイス役に立ったら嬉しいな!名進研生のみなさん、第一志望校合格というものを自分の手でガッチリつかみとってくださいね。応援してます!

「不安と感謝」

息子は東海中学校に合格し、通学しています。
これは本人の努力と共に、親身になって関わってくださる名進研の先生方なくしては実現しなかったはずです。

お世話になった二年間は、母親の私にとって「不安と感謝」を強く感じる時間でした。合格体験記に載っているような「子供を信じて」という強い気持ちは持てず、保護者会に出席しては「やれていない現実」に不安になり辛かった事を憶えています。身の置き場がないくらいに心が揺れてることを先生に正直に伝え、泣いた日もありました。ある時は、自習室を利用しても宿題が終わらない息子の体調が心配で相談した事もあります。その度に先生は「勉強は私達がみるので、お母様は美味しいご飯作りと生き生きした生活が送れる環境作りを頑張ってください。」と言ってくださいました。お世話になる間ずっと私の心を支えてくれた言葉です。

今思えば、子供の受験に私自身が振り回されていました。保護者会などで、テストの成績では「一喜一憂しない」「結果は本人が一番気にするのだから悪くても叱らない」と言われていたのに、かける言葉は、私の不安が読みとれるようなものばかりでした。成績が思うように伸びず、本人の頑張りと比例していないと感じた事も原因だと思います。

私の気持ちは大きく揺れながらも、夫は息子を信じて見守っていました。そして六年生二学期からは「僕が名進研のこと全般を担当するから、君はお弁当を作るだけで良い。普段通りの生活を心がけて。」と、他の家庭では子供中心の生活を意識する時期に、私は自分の時間を有意義にしようと、仕事と趣味を充実させました。

夫のサポート…。私が不安から解消された分、当然夫の負担は増えます。仕事が忙しい中テストゼミの見直しを元に週一回2時間、息子と二人で「打ち合わせ会」をやってくれました。間違えた問題を夫も解きながら「このミスがなければ十点違うぞ!」とやる気のでる声かけをしたり、大切な健康・学校生活の事を話題にして精神面をフォローしてくれました。恥ずかしながら、常に落ち着いていた息子に悪影響を及ぼさないように努める事が、一番、私が意識した点です。年末の先生との面談でのアドバイスから「合格体験記を息子と書く」事を心の支えにし、私なりに息子の事を考えていました。

受験までの道のりを息子と同様に私を支えてくださった先生方、夫に深く感謝をしています。私は今、本当に幸せです。

一番難しかった中学校

名進研の皆さんこんにちは。
僕は東海中学校、滝中学校、愛知中学校、名古屋中学校、鴬谷中学校(特待)に合格し、東海中学校に通う元名進研生です。早速ですが僕の勉強法を教えたいと思います。

〈算数〉
テキストの基本問題と練習問題は完璧に、間違えた問題は必ず復習する。

〈理科〉
覚えられるところは覚える。計算の単元はテキストの解き方のパターンを覚えると楽です。

〈社会〉
歴史は一つの語句について関係のある語句をたくさん言えるようにするとよいです。地理は地名が出てきたときは地図帳で調べその周辺も見ておくとよいです。

〈国語〉
漢字や言語事項は完璧にし、文章題は問題をよく読み、どんどんつっこみを入れていけば、楽に解くことができます。

勉強のときも受験のときも「もう無理、だめだ。」と思ったときから全てがだめになります。だから、名進研の入会テストの点数が足りなかった僕でさえ合格できたのだから、みなさんも最後まであきらめずにがんばれば、必ず合格します。

「たぶん大丈夫だよ。」

本当によく頑張ったと思います。娘の「中学校は自分で選びたい。」の言葉で名進研とのおつき合いが始まりました。

二年間という月日が娘をたくましくしてくれたと思います。授業について行けず、宿題に追われ12時を過ぎることもしばしばでした。やり方が悪いと何度も言われ、娘なりに耐えて六年生になった頃には、「まだ終わらないの?」という言葉が少なくなりました。

ただ、娘には算数で点が取れないという弱点がありました。二年間で先生との面談で算数以外の話をした覚えがないほどです。先生からは、「名進研の授業の内容もしっかりわかっていますし、考え方も合っています。何故、こんな点なのか不思議です。」と。「他の三教科で算数をカバーできるでしょうか?」がいつもの問題点でした。計算力が足りないのです。

焦った母がしたこととは、とにかく娘に計算させることでした。朝、学校に行く前にテキストの計算問題を解く。計算の省略は禁止です。娘が学校に行っている間にノートを確認します。突然出てきた数字、どこかに消えてしまった数字、途中で変わってしまった符号と…面白い時間となっていきました。娘も「あっ、そうか。」と納得してくれる日々が多くなりました。もちろん、名進研での成績も上がり先生からも誉められそれが自信へとつながりました。

初めての入試の日、校門の前で待っていてくれた先生。「全然緊張してないな?」「当たり前じゃん!」娘は合格するのは当然と決めていました。そして第一志望の入試の日を迎え、どちらかには行けるという安心からか、とても穏やかな顔をしていました。終了後、「たぶん大丈夫だよ。」

娘は第一志望の椙山女学園中学校へ通っています。制服姿の娘は大人びて見えます。常に前向きな指導をしていただいた先生方に心より感謝しております。

あきらめたら試合終了!!

元名進研生の私はメリノール女子学院中学校、金城学院中学校、聖霊中学校、愛知淑徳中学校に合格し、愛知淑徳中学校に通っています。
そんな私から勉強法を紹介したいと思います。

☆国語☆
物語は話の中に入り込むコトです。説明文は話を理解できるようになることが大切です!まちがえた問題は理解してから次ヘ!!

☆算数☆
応用をやるよりもテキストの基本をやった方が効果的!!どんどん先生やチューターに質問を!

☆理科☆
暗記物は単語帳を使うとイイですよ☆計算はだんだんできるようになれば大丈夫デス!私も初めは全然できませんでした(汗)

☆社会☆
チョー苦手でした。とにかく覚えてください!!

私は六年生の前期でどんどん名進研での成績が落ちていきました。そして、初めてのJAクラス生活が続きました。その時は、「もうダメだ」と思っていましたが、社会の先生が「あきらめたら試合終了!!」という言葉をかけてくれました。その通りにあきらめずにがんばったら、夏期講習で見事に成績を上げることができ、第一志望校にも合格することができました!!なので名進研生のみなさん、あきらめないでください。

今は大変ですがあきらめなければ必ずバラ色の世界が待っています!
ガンバってください!
愛知淑徳中学校で待ってマ~ス☆

テキストが印でいっぱい

五年生から二年間名進研にお世話になりました。おかげさまで娘は、第一志望の南山中学校女子部に合格することができました。合格通知を見た時の娘の号泣する姿に、プレッシャーに耐えながら、本当に良くがんばったと、そして合格の報告を名進研の所属校にした時、電話口で泣きながら名進研の先生方にお礼を言う姿に、受験を通しての成長を感じました。

五年生の頃はとにかく算数に時間がかかりました。何度も解き直しをして、名進研のテキストが印でいっぱいでした。そんな中でも、気分転換もかねて、理科・社会の勉強を頑張ったのが、入試に必要な総合力に結びついたと思います。歴史の年号は、はじめはなかなか覚えられなかったのですが、「Newsがわかる」の中にラップで覚えるサイトがあるのを見つけ、あまりのおもしろさにすっかり歴史好きになりました。アクセスが可能なら是非ためしてみてください。

六年生は俊秀クラスからスタートしましたが、ケアレスミスの連発で、スランプ状態に落ち入りました。名進研の算数の先生にノートの書き方を、一から直すように言われた時は、かなり負担になったようです。けれど

緊張禁物

僕は、東海中学校、愛知中学校に合格し、東海中学校の制服を着て登校しています。
僕が合格するまでに名進研でやっていた事を話します。

国語
・名前を書いた後、一通り問題を見てみる。
・難易度をつける(例えば、記号問題○、ぬき出し問題△、記述問題×、言語・漢字◎)。
・すごくその場を想像する(説明文もキーワードなどを想像し話にのめりこむ)。
・漢字・言語は『必ず』覚える。

算数
・そんなに得意じゃないのだが…名進研テキストの公式・基本のやり方を覚える(というのも父から聞いたのだが、どんな問題でも基本の組み合わせでできているから。公式は絶対)。

社会
・テキストでとにかく覚える(でも歴史なら好きな時代、好きな出来事から年号などへ発展していくといいと思う)。

理科
・テキストで覚えられるものは覚える。
・テキストの計算問題は算数と同じ感じ。
・覚える時はノートに表をかいて何度もかいて確かめるといい(名進研の先生が出してた)。

テストでは、「始め」の合図で名前書き→テストを一通り見る→簡単なものからやる(問題文には線を引く)→『すぐに』できないと感じたら迷わずとばす→とばした問題をやる→見直し、という感じです。

しかし絶対『緊張』してはいけません。そのためには、問題文を一通り読む、文章に線をひくことだと思います。余裕がもてると思います。後、挨拶も大切です。受験する中学の先生、生徒、名進研以外にも色々な塾の先生などにです。緊張しないことが合格への第一の秘訣です。名進研生のみなさんもこのことを頭にいれて臨んでください。

勉強を教えてくださって、名進研の先生方ありがとうございます。名進研の新六年生を合格に導いてあげてください。お願いします。

息子の成績が伸び悩んでいた時など、何度となくこの名進研合格体験記に手が伸び励まされ、私も名進研合格体験記が書けたら…という夢を密かに抱いていました。今夢が叶いました。そして息子は東海中学校生としていきいきと毎日を過ごしています。

名進研には、四年生の九月からお世話になりました。運動は今一つですが、読書が好きで好奇心旺盛な息子は、中学受験という選択肢に、自ら迷うことなく挑戦しました。私も主人も中学受験の経験が無かったので、勉強は全て名進研の先生方にお任せし、私は名進研への送迎とやる気の出るお弁当作りを頑張りました。

成績は、四、五年生とJS・JAクラスを行き来しましたが、六年はJSクラスをキープし、志望校はオープンスクールや名進研での友人の中で東海中学校と決めました。テストゼミや名進研プレ中学入試、志望校別プレ入試で喜んだり落ち込んだりして、志望校を変えた方がいいのではと何度も主人や私とぶつかり合い、息子共々涙を流した事もありましたが、息子は友人と遊ぶこともがまんし、最後まで東海中学校第一志望を変えませんでした(試験前日まで、毎日ゲーム30分は欠かしませんでしたが…)。

でも、最後の最後まであきらめず、正面から臨んだ息子を褒めたいと思います。よく頑張りました。

これから受験する名進研生の皆さん、どうか自分を信じて、体調を崩さず、最後まであきらめないで、頑張ってください。

春は、必ず来ます。

あきらめず!

名進研の受験生のみなさん、こんにちは。

元名進研生の僕は第一志望校の東海中学校の合格を勝ち取った者です。では、合格を勝ち取るために僕がした方がいいと思うことを教えます。

算 数
基本の土台を固めて名進研テキストの練習、練成をやりまくる(僕は間違った問題には印をつけて、名進研のゼミまでに完璧に解けるようにしました)。

国 語
言語熟語はサーパスで完璧に!名進研テキストの文章題の条件チェックは絶対!

理 科
暗記単元は名進研の先生に教えてもらった覚え方や、自分なりに考えた覚え方を使って、ひたすら覚える、てこ、電流、水溶液などの複雑な単元は、とにかく名進研テキストのいろんな問題を解きまくる。あと、学校の教科書は絶対見る!入試では教科書から結構出題されました。

社 会
年号は覚え方を利用して完璧にする。僕は年号の暗記カードを作って、受験前日の夜まで寝る前に見ていました。寝る直前の暗記は効果有り!それと理科と同じように教科書は絶対見る!

その他
名進研のテスト、名進研プレ中学入試の合格判定は気にしない。他の人を気にしない。

以上です。

最後に、絶対にあきらめない!です。
これは宝くじと同じ。宝くじは引かなければあたらない!合格もあきらめたらできない。昔の先生も言っていた言葉です。だからあきらめず努力しまくる。それでだめなら悔いが残らなければそれでよい。僕はそう思っていました。

東海中学校志望の名進研生のみなさん、東海中学校 で会えることを楽しみに待っています!

娘は四年生の春から名進研に通塾していました。

本人が名進研のテストなどの結果を意識しはじめたのは、五年の夏頃からです。テストの結果で思うような成績が出せなかった時には落ち込む姿も見られました。そんな時に必ず本人に言っていたことは、「目標は、志望校に合格すること。名進研での成績はあくまで目安だから、今回点数が取れなかった所を名進研で確実にしていくこと」ということです。

すぐに結果を求めたい気持ちになりますが、親がガミガミと言いすぎるのは、かえって逆効果になってしまうと思います。親も不安でいっぱいですが、子供に不安を感じさせないようにドッシリと構えておくことが大切だと思います。

娘は、マイペースで、本人自身がマイペースでやりたいという希望もあり、復習宿題指導講座は受講していませんでした。その代わりに、名進研の授業後は自習室で21時か22時頃まで自分のペースで勉強してきていました。六年生からは入試実戦対策講座を受講しました。正月特訓は親子で話し合い、受講しませんでした。家族が娘の受験をあまり意識せず、冬休みも家族でゆっくり過ごしながら、自宅で本人のペースで勉強していました。

親として、名進研への通塾中にしたことといえば、お弁当作り、送迎、文具類をそろえること位です。普通のままの環境で、自分のペースで受験に向かったことが娘には合っていたようです。

私立中学受験を本人が希望し、はじめた名進研通いでした。受験した、愛知中学校、名古屋女子大学中学校、愛知淑徳中学校、南山中学校女子部、滝中学校すべての合格を頂くことができました。私立中学校を目指したきっかけの「滝中学校」に入学を決めました。周囲の方には、「南山中学校女子部に合格したのに…」と言われることもありましたが、私立中学校を目指した最初の気持ちで、決めたようです。南山中学校女子部には入学しませんが、合格できたことが本人には自信になっているようです。

家では、下の娘がいることもあり、親子でゆっくり話す時間をもちづらいと感じていましたが、名進研への送迎の車の中での親子の会話は今思えば貴重な時間であり、受験が終わった今はいい思い出です。

名進研の先生方には三年間、本当にお世話になりありがとうございました。これから受験に向かわれる名進研生の親子のみなさんに、たくさんの春がきますように……。 

復習をしっかりと

受験生のみなさん、こんにちは!僕は愛知中学校、名古屋中学校(スカラー)滝中学校、東海中学校にめでたく合格した元名進研生です。今から名進研生のOBとして後輩のみなさんにアドバイスしたいと思います。

国語…波がありましたが得意な方でした。すぐには効果がでない教科が国語なのですが僕はテキストで漢字を毎日やり(けっこう効果あります)、またテストの時は重要だと思う文章に線を引きました。

算数…得意でもなく苦手でもないですが、公式をたよるのはあまりよろしくないと思います。あと慣れてくると色々な解き方の出来る問題が出てきますので、授業やテストで見直しを他の方法でするのもいいですよ。

理科…僕は計算分野は得意なのですが、植物の暗記がダメダメでした(五年生のテストゼミで最低点の経験アリ)。しかし、冬期講習の時、先生がくれたプリントを何回もくり返しやりまくり、入試にこぎつけました(暗記の苦手な子は要チェック!!)

社会…大大大大好き。これはいらない紙に教科書にマーカーで引いた文字を書き写せば覚えることができます。社会は国語とちがってがんばればすぐに結果がついてくるのでこの方法がいいでしょう。また社会でけっこうネックなのが農作物などの国内生産ランキング。けっこう覚えるのに苦労する人も多いかと思いますが単語帳で覚えるのをオススメします。手軽に持ちはこべるし、答えがすぐ確認できます。

と、こんなところでしょうか。でも、最後に言いたいことは復習はしっかりと行うということです。復習は授業の後にすることで、自信がつきますし、名進研の授業で習ったことの整埋が出来ます。出来るだけ行なってください。これが最後に言いたかったことです。

今この文を読んでいる名進研生に幸福がおとずれるように心から願っています。

ガンバレ名進研生。

中学受験の全日程も終わり、気忙しい中にも心穏やかな日を過ごしています。

思えば下の娘の中学受験は四学年上の息子の中学受験と共にスタートしたのかもしれません。息子は五年生より名進研に入塾しました。慣れない勉強に親子共々ずいぶん戸惑い、勉強そっちのけで派手なケンカもよくしました。それでも第一志望の南山中学校男子部に合格。息子の大変さをそばで見ていた娘は、自ら四年生から名進研に行くことを決めました。

四年生スタートとはいえ、今までとまるで違う名進研での勉強に、娘は何度も涙していました。よく話を聞いてみると、「お兄ちゃんとお母さんが二人で楽しそうに勉強していて、いいなと思っていたけど、名進研がこんなに大変とは思わなかった。」とのことでした。

息子の時の経験を生かし、四年生のうちに目ぼしい中学校の説明会などに積極的に参加し、志望校の絞り込みに気を配りました。五年生では、テストゼミには参加せず、復習・宿題指導講座で基礎固めを中心に考え、苦手教科を作らないように努力しました。時間のある夏休みには、保護者会で教えていただいた社会(地理)のマインドマップ作りをしました。テキストの用語を写真を見ながら確認。それと同時に歴史などについて簡単な話をしながら作成しました。おかげで社会は得意科目とすることができました。

学年が上がるにつれ、息子との四年間のギャップがはっきりしてきました。国語は問題文の長文化。理科、社会はより高度な知識を求められます。何と言っても算数は質・量ともに圧倒されました。六年生に入ってからテストゼミに参加しても、宿題がこなしきれずに一学期は名進研をお休みしがちでした。特に算数が低迷していました。

そんな中で名進研所属校の算数の先生より独自のプリントをいただきました。これを高校一年生になった息子が手伝ってくれました。テキストを見て小学生に合うようにアドバイスをしてくれるのです。これには娘も私もずいぶん助けられました。家族で娘の中学受験をそれぞれの形で応援でき皆がまとまったように思いました。何よりも嬉しい事です。

六年生の夏休み以降は、すぐ過ぎてしまうのがわかっていたので五・六月中に各教科の苦手ポイントを洗い出し、受験予定校の過去問題を解き娘用のマニュアルを作りました。猛暑の名進研夏期講習は体力勝負です。大変すぎてよく思い出せません。あっと言う間に秋は過ぎ、正月特訓そして受験本番でした。おかげ様で第一志望校の愛知淑徳中学校に合格できました。心底ほっとしています。

受験が近づくにつれ選択すべきことが多くなりました。その度毎に悩みました。正解はないとわかっていても悩みは尽きません。そんな時は名進研からの資料を何度も読み返しどんな結果も受け入れると心に決め入試に臨みました。いつも明るくいようと思っていました。大満足の結果です。支えてくださった名進研の先生方、本当に有難うございました。

勝利を目指せ!

名進研生のみなさんこんにちは。
僕は愛知中学校(特奨)、名古屋中学校(スカラー)、東海中学校に合格し、東海中学校に通う元名進研生です。

では元名進研生の僕から名進研の受験生の皆さんに、いくつかのアドバイスをしたいと思います。

まず国語。当たり前のようですが、文章題では早く正確に文章を読むのを心がけましょう。あと、文章の前に問題を先に読むのも効果的。例えば抜き出し問題があった時、文章を読みながら答えを探したりもできるからです。言語事項は名進研のテキストで訓練し、満点をとりましょう。

次に算数。解き方もかく記述問題は、東海中学校しか出ないとは限りませんよ。僕が受験した時、名古屋中学校にも出ましたから。最初に出て来る計算問題は名進研のテキストで訓練し、正確に早く解き、後半の難問を解く時間をつくりましょう。

そして理科。理科の場合、ほとんどが知識問題です。憶えるコツは、興昧をもつこと。僕は元々化学が好きだったので、名進研で習う化学分野はすぐ憶えられました。そうして新しい記憶が入ってくることで、もっと知りたいという興味が深まる。このくり返しが理想です。

最後に社会。僕は年号を憶えるのに一番苦戦しました。事がらを関連づけたり順序を組みたてたりしながら、テキストで少しずつ憶えていきましょう。また、記述問題は定番となってきているので、事件のいきさつなども憶えておくと安心です。

次に、入試に向けての具体的な準備について名進研生のみなさんにアドバイスしたいと思います。

まず、名進研正月特訓は極力参加した方がいいと思います。三日間という短い時間ですが、本気で勉強することによって、合格への大きな自信となります。

次に、入試直前期について話します。学校を休んで勉強するのは、僕はお勧めできません。学校では体を動かしたり、友達と話したりする機会が多いと思います。それによって体をほぐしたり気分転換をしたりできるからです。

僕が名進研生のみなさんに話すことは以上です。入試は決して怖いものではありません。名進研の模試とほとんど同じなので、リラックスして臨んでください。

あと、勉強の自信がなくなったり、やる気がなくなったりしたときは、「自分と同じ位努力している名進研のライバルがいる!」と思ってください。入試まで、毎日がライバルとの戦いです。名進研に通いその戦いを制し、あなたが入試で「勝利」を勝ち取ってくることを願っています。

"塾へ行きたい!"

小さい頃から何でもやりたがりの息子の一言に、“勉強したいと言っているのに、ダメって言えないよね”と姪の通う名進研に通わせたのが、始まりでした。“続けば受験させればいいか、どうせついていけなくなってやめたいって言い出すだろう”などと気楽に考えている私の横で、彼は毎日楽しそうに話ばかりして、やめる気配を感じさせません。それどころか先生方の洗脳(?)により彼の中での志望校まで決定していました。

こうなったら、中学受験させる方向でと考え始めましたが…やる気だけは人の倍ですが、とにかく性格がすべてに関していい加減。字の汚さも誰にも負けない彼はミスの連発により、なかなかテストで思うように点が取れません。でも毎回“次は大丈夫だから”と前向きな一言。挙句の果てには“受験本番では大丈夫だから”と言う始末。彼のいい加減さに親はお手上げ状態で、受験させることを断念しようともしましたが、所属校の先生方は最後まで彼に、“丁寧に!丁寧に!”と根気よく声をかけてくださいました。

不安なまま、受験本番を迎えましたが、彼の本気が見られたのは、最初の受験校の入試を終えてからのように思えます(遅すぎてハラハラしましたが)。それまでなかなかテストで思う様な結果が出なかったのが、最後二週のテストゼミでは本人の納得がいく結果で終えることが出来、自信がついた様でした。そして、第一志望校の入試当日だけは今までにない集中力を感じました。それが合格に繋がったと思います。

名進研での三年間の受験生活を終え感じたことは、本当に中学受験のプロだということです。勉強内容も量も小学生の範囲を超えたモノであり、毎週のテストゼミに名進研プレ中学入試に…本当にここまでやらないといけないのか?と、かなり疑っていました。が、入試を経験して納得しました。

入試は一日だけではありません。毎週続く入試を受けている子どもを見て、よく精神的にも体力的にもやれるものだと感心しましたが、彼にとってそれは名進研で日々培われてきたモノであり何ら特別なモノではないのです。毎回の入試を本当に楽しく受けている姿を見て、中学受験を経験させて本当に良かったと思いました。

名進研とは

愛知県・岐阜県の中学受験・高校受験・大学受験の進学塾です。受験生を応援するページを立ち上げました。このブログで卒業生たちの熱い応援メッセージを届けていきます。

カテゴリー