2016年10月アーカイブ

我が家にとって名進研での二度目の中学受験。三年ぶりとはいえ、スケジュールも要領もわかっており、気持ち的には余裕でいけるはずでした。

しかし最初の一年は、不安ととまどいの連続でした。その原因…。それは親の私が、子どもの“個性”を尊重せず、“内に秘める力”を信じてやることができなかったからです。

こつこつと真面目に努力を重ねる元名進研生の姉。誰にも負けたくない、その一心で、学校行事もスポーツも勉強も、何においても手を抜かず、そして結果を出す。親子ともさして不安はなく、志望校の合格は、「あれほどがんばったのだから、当然だよね」とも思えました。親に何でも話す姉。娘の考えている事は手に取るようにわかり、それゆえ適切なアドバイスもできました。

一方、学校の事、事など全てにおいて何にも話さない妹。「あー言えばこー言う」で会話にならず、名進研への車での送り迎えも拒否し、一人で行き、一人で帰ってくる。ノートを見ても、鞄を触っただけでも怒るので、JSクラスにいる事以外は、今何をやっているのかさえ全く見えませんでした。「『勉強』と『努力』が一番嫌い」と豪語し、「宿題はない」と、一日中エンピツ一回すら持たない日も。名進研で週三回2時間の授業を受けるのみ。名進研から帰れば寝るまでゲーム・パソコン・読書三昧の日々。「やる気がないなら受験なんてやめたら?」と何度もバトルをしました。

いよいよ六年生。日曜日のテストゼミを開始し、親から見れば、“こんなに勉強しないのになぜ?”と唖然とするほどの不釣り合いなテスト結果に逆に不安が募り、所属校の先生に相談に行きました。

元名進研生の私は滝中学校、愛知中学校に合格し、滝中学校に通う者です。
早速三年間続けてきた勉強法をみなさんに伝えます。

☆算数
大得意。俊秀で平均点を割ることはほとんど無かったです。まず、テキストで基本をマスターしよう!!後はひたすらテキストを解き続けることです。
テキストで毎日の計算も大切です(←私はさぼっていたけど…。良い子のみんなは一日決めただけ計算を行ってネ!!)。

☆国語
大嫌いな科目。評価4あれば私にとっては良いかな!?って感じですネ(一応俊秀だけど…)。とりあえず文法と漢字(名進研のテストなど)はしっかり丁寧に書くことが大切です(私は名進研のテストでトメ、ハネが小さいなどで何回も×を受けました)。文章については他の人の体験記を参考にしてください。

☆社会
得意です。歴史はテキストで流れをつかんで覚えることをオススメします。人物と顔、行ったことをセットにすると覚えやすいし忘れにくいです。あと漢字(テキストなど)で覚えてください。年号はゴロあわせで覚えるといいと思います。地理は特産物や特徴的な地形、世界遺産などを写真で見るととってもわかりやすいです。

☆理科
苦手です。てこやかっ車などは頭で考えるだけではなく計算式を必ず書いてください。植物は図をみて覚えることが重要です。

☆その他
どの科目も先生に言われた中で大切だと思った所は、ホワイトボードに書かれていない所でも、ノートに書いてください。後は、なんでミスをしたのか追求してテキストや教科書に間違えた理由を書くことが大切です。私はこれで自分の弱点とケアレスミスを発見して改善することができました。

☆最後に
受験生のみなさん、今はとてもつらいと思いますが、努力すれば桜は咲きます。一生懸命がんばって合格を勝ちとってください。私の受験を応援してくださった先生方、そしてお父さん、お母さん。三年間ありがとうございました。合格の二文字を見た時のうれしさは忘れられません。滝中学生としてこれからもがんばります。

息子の長所を紙に書いて

我が家の中学受験は、息子の「受験したい」という一言からのスタートでした。

実は私は中学受験にあまり乗り気ではありませんでした。しかし息子の「やってみたい」という強い意志に負けて受験する事を決め、五年生から名進研に通い始めました。その時に息子と約束したのは、「小学校が最優先、受験のために休まない」「早寝早起きし、食事をきちんと取るなど、生活のリズムを崩さない」「勉強だけでなく、いろいろな事を体験する」という事でした。

そして息子の受験に向けて名進研での二年間が始まりました。最初は宿題の量に驚きましたが段々と慣れてきて、「授業おもしろいよ!」と言いながら名進研に通うようになりました。小学校の部活動にも参加したし、以前から入っていたボーイスカウトの活動も続けました。

さすがに六年生になってからは名進研の授業時間がぐんと増え、週末のテストゼミも受けるようになり、とても大変になったと思いますが、

後悔したくない

僕は、名古屋中学校(スカラー)・滝中学校・東海中学校に合格し、東海中学校に通う元名進研生です。
では、早速アドバイスしたいと思います。

〈国語〉
・漢字(テキストなどで)サーパスなど言語事項はちゃんとできるようにしておく。
・文章題は傍線部の前後の部分をちゃんと読み取る。筆者の言いたい事を読み取る。登場人物の気持ちを考える。など基本的な事を忠実にこなしていけば解けると思います。

〈算数〉
・計算は絶対にミスしないためにテキストで日頃から慣れておくこと。
・公式はその公式の意味を理解しておくこと(公式を忘れても対応できるようにするため)。
・テキストでたくさん解く!!

〈理科〉
・水溶液やてこなどの計算単元はパターンをつかんでおくこと。
・テキストで暗記事項は確実に取れるようにしておくこと。

〈社会〉
・地理は生産順位などが変るので入試直前までちゃんと覚える。
・テキストで歴史は年号と出来事、人物をまとめて覚えておく。
・地理でも歴史でも問題によく地図が出るのでふだんから地図を見ていろんな場所を覚えておく。

〈その他〉
・どの教科でもテキストやテストのまちがい直しは絶対にする。これをしないと、次同じ問題が出た時に解けません。
・入試直前には、過去問六年分くらいやると良いと思います。
・授業は全神経を集中させて取り組む。
・最後の最後まで諦めない。

僕は「後悔したくない」という気持ちで今書いた事をすべてこなしました。
みなさんも「後悔したくない」という気持ちがあるはずなので、ここまで書いたことを参考に勉強頑張ってください!!

「受験日記」

三年間名進研で本当にお世話になりました。小学校では体も小さくあまり目立つことのなかった息子でしたが、名進研で精一杯努力し、東海中学校に合格したことで、自分自身に大きな自信と誇りが持てた様子です。

名進研の先生方の熱意ある御指導に心から感謝しております。この三年間を振り返り、思い付いた事を二点書いてみたいと思います。

一つは『目標をしっかり持つ事』です。

四~五年生のなるべく時間があるうちに、私立中学の文化祭や学校説明会・オープンスクール等に積極的に参加し、本人が行きたい学校→具体的な目標を決められると良いと思います。息子は五年生の体験授業の後、第一志望を東海中学に決めました。以来、今まで以上に名進研での勉強に熱が入り、最後までやる気が保てたようです。「この中学に入りたい」という強い気持ちが、辛い時苦しい時にも心の支えになると思います。

これから入試までの長い道のりを、目標をしっかり持ち、強い気持ちで乗り切って頂きたいと思います。

もう一つは

名進研生のみなさんこんにちは!
私は四校から合格通知をもらい、第一志望校の金城学院中学校に行くことになった元名進研生です。
私は過ごし方についてアドバイスしちゃいます!

〈四・五年生〉
まだまだ入試には時間があるので遊んじゃってください!でもしっかり宿題はこなしてくださいよ。

〈六年生前期〉
少しずつでも遊びを減らしてください。前期の中ごろにはもう遊ぶのをやめてください。絶対に自主勉はした方がいいですよ☆
私の場合、例えば算数だと名進研の練成Aを三回解く!とか…自分でなり探してやってみてください。

〈六年生後期〉
授業の雰囲気が変わります。みんな少しずつ緊張感も持ち始め、ヒマな時間は名進研の教科書を読むようになってきます。普段のノリで名進研に通っちゃだめですよ。先生達もはっきり言っちゃうと怖いです(汗)ちなみに自習室を利用するとみんながどんだけ頑張っているかわかりますよ。ぜひ行ってみてください。チューターの先生もとってもやさしいです☆

〈名進研正月特訓〉
ぜひぜひ行ってください。めちゃめちゃプリントもらえマス☆でも少しハードかも!?
すんごく短く感じられます。まだまだやってくれてもいいのに~と思ったぐらいでした。

〈ラストスパート〉
ぜ~ったい学校は休まないでください!もし学校休むと私みたいに地ごくに落ちますよ(汗)
休むとストレス解消の場がないため、逆効果で勉強できなくなり不合格の確率が高くなってしまいます。ちなみに志望校の過去問必ず五年は解いてください。

〈当日〉
解答用紙は全部うめてください。それで一問あってた問題ありましたからネ。
名進研のハチマキを私は持って行きました。先生、友達からのメッセージが心を落ち着かせてくれます。

自信を持って臨んでください。

名進研生のみなさんの第一志望校合格をねがっています。

"みんなのあこがれ東海"

名進研での三年間の受験勉強を終えて、今本当に感無量の思いです。
第一志望の東海中学校から息子の合格通知をいただいたからです。

ひとりっ子である息子の将来のために、できることは何でもしてあげようと夫婦で話し合い、名進研の中学受験コースの門をたたきました。入会テストも運良く上位クラスとの連絡を受け、喜んでいたことを覚えています。

もともと“東海”なんて雲の上の世界だと思っていました。自分(父親)の三十年前を思い出すと、学年に一人行くかどうかという時代でしたので、自分とは無縁の世界だと思っていたのです。

しかし、

何度もくり返し解く!!

名進研の受験生のみなさん、こんにちは!!
私は南山中学校女子部に通う超幸せ者の元名進研生です。
参考になるかわからないケド、こんな私から、みなさんに勉強のアドバイスをしたいと思います☆

算数
これは一番ニガテでした…でも、テキストの計算問題を毎日解くことっ!コレは大切です。

国語
これは一番トクイ♪でした。文法はしっかりサーパスなどをやろう。本をたくさん読むと文章題に強くなれるヨ。

理科
暗記は、書いて覚えよう。計算はたくさんイロイロなテキストの問題を解くとイイヨ。

社会
漢字はノートに三回以上書こう。テキストを音読すると以外と!?覚えられるよ。あと、年号はゴロ合わせで覚えよう。

そして、すべての教科について言えることがあります。それは、くリ返しテキストの問題を解くことです。どんなに名進研のテストで悪い点をとったってそれをすれば良い点がとれます!まあ、「努力は人を裏切らない」という感じですね。

名進研の女子の皆さん、私は南山中学校女子部で待ってマス!!

親にできること

春を迎え、六年生のご家族は名進研への通塾も終わり、親はお弁当作りからも解放され、新しい中学生活に向かって、一息入れながら準備を進めていることと思います。新六年生の方々は、今回の名進研生の入試結果を伝えられながら、受験本番の年に突入していくことに対し、期待と不安につつまれているのではないでしょうか。

受験を終えた親として、少しでも保護者の皆様の参考になればと思い寄稿することにしました。勉強については、名進研の先生方にお任せします。私は、名進研生の親としてできることをお伝えしようと思います。

子供は、親の期待に応えようとしています。まして受験が近づけば尚更です。「本当に受かるんだろうか…。」名進研のテストなどで合格圏内にいても、誰しも一度は思うことだと思います。わが子も受験が近づくにつれ、だんだんと寝るのが遅くなっていました。本人が頑張っているからと、つい「寝なさい。」とも言わず、そのままにしていました。

受験シーズンにインフルエンザはつきものですし、それ以外にもいろんな病気は襲ってきます。我が家も早々にインフルエンザの予防接種を家族全員が打ち、うがい、手洗いを口うるさく伝え、マスクを着用させ、病気に対してはとても気を使って過ごしていました。

我が子は、受験を週末に控えた月曜日(正確には日曜日の夜中)から、体調を崩してしまいました。夜中に何度もトイレに起きるなと感じつつも、本人を見に行くことはありませんでした。朝には熱発し、下痢・嘔吐にみまわれ、病院での点滴最中でも気分が悪く、最悪の状況だったようです。胃腸かぜの診断でしたが、体力を消耗していたせいか、何日か寝込んでしまいました。その時、初めて健康である事の大切さを痛感しました。

合格体験記で、発熱しながら受験したというエピソードがありましたが、本当に体調が悪ければ話になりません。受験当日でも、控え室で待機中、何人かの保護者の呼び出し放送を耳にしました。子供の体調が悪いのだろうなと思う中、保護者が見つからないのか何度も放送が入る子もあったようです。

親としてできること、それは子供の体調管理です。身体面もそうですが、精神面についても同じです。いかに良い状態で受験に臨ませてやれるかだと思います。常に万全を期していても何かしらトラブルはつきものです。我が家はスタートにちょっとつまずき心配しましたが、希望校に進学します。

皆さんも体調には十分気をつけて、希望校への合格切符を手にしてください。
皆さんに明るい春が訪れますようにお祈りしています。

答えに空白は有り得ない

僕は東海中学校、愛知中学校、名古屋中学校の三校を全勝して、東海中学校に通う元名進研生です。
では、早速みなさんにアドバイスをしたいと思います。

☆国語☆
得意な方でした。
どういう物でもいいから本を沢山読むといいです。楽しみながら漢字と接続詞が身に付きます。僕は気付いたら250冊程ありました。
漢字は名進研のテキストを、ちゃんと手で書いて覚えましょう。

☆算数☆
かーなーり苦手でした。
朝に計算5問(名進研の④テキスト←もちろん算数)をやりましょう。
「□×5=□×10÷2」など、計算を早くする自分だけの法則(言いすぎ)をつくるのもいいと思います。

☆社会☆
とにかく書いて覚え、つなげて覚えると忘れにくくなります。
あと語呂合わせを活用するのもいいと思います。
例えば、「いく夏(1972)も、沖縄の願い かなわぬも ついに今年に 祖国に復帰」
これは、沖縄返還のものです。
このように覚えると忘れません。
でも時間をかけすぎてもいけません。

☆理科☆
これも、関連づけて覚えると忘れにくいです。
植物は同じ物が多いので、「~は☆で、~以外は□だ」と覚えるといいです。

☆名進研正月特訓☆
僕は行きました。膨大な数のプリントを貰えます。覚悟していてください。

☆全てに言えること☆
名進研実力テストでも、名進研プレ中学入試でも、入試本番でも、解答らんは全て埋めて出す!特に記号問題は!!

書いておけば0.00001%でも当たる確率がある訳です。
何も書かないと0.00001%の可能性が0%になってしまいます。
あと、先生のアドバイスもちゃんと聞いてください。それが厳しいものでも。
名進研の先生はあなた達を思って言っています。
ちゃんと聞いて、自分に生かしてください。

これで僕からのアドバイスを終ります。

名進研生のみなさん、頑張って、第一志望行きの切符を手にしてください、応援しています!!

楽しく苦しかったこの一年

「お母さん、家事で忙しいのに名進研への送り迎えをしてくれてありがとうございました。お母さんの頑張る姿を見て、僕も名進研で頑張ることができました。」

これは息子が名進研の卒業式で述べてくれた感謝の言葉です。このひと言で、楽しく苦しかった受験生活が終わったように思いました。

我が家には三つ子+一人の四人の息子がいます。今回は三つ子のうちの二人が受験をし、結果、南山中学校男子部・名古屋中学校・愛知中学校・星城中学校(特奨)全て合格し、おかげさまで第一志望の南山中学校男子部に通わせていただくことになりました。今このような喜びいっぱいの日々をすごしていますが、一ヶ月前は一寸先は闇のような心境で重苦しい日々だったように思います。

思いおこせば十二年前、命がけで三つ子を出産し、寝るひまもないくらい日々の生活が大変で、習い事も一切できず、小学校に入りやっと一年生から水泳を始めたくらいです。その子たちが競い合い、自然に受験をしたいと言うようになりました。


 

全部の問題に目を通して

僕は、東海中学校、名古屋中学校(スカラー)、滝中学校、愛知中学校に合格し、東海中学校に通う元名進研生です。では、早速僕の勉強法を教えます。

〈算数〉
一番好きな科目でした。この科目は一つの問題をじっくりと考えて解くことです。そして間違えた問題はテキストの解説を読んで間違い直しをすぐにすることが大切だと思います。

〈国語〉
一番苦手な科目でした。漢字とサーパスはしっかりやることが大切だと思います。

〈理科〉
植物の単元以外はまあまあ好きな科目でした。計算単元はテキストでパターンを覚えましょう。暗記単元はテキストの内容をファックス紙などにまとめてプリントにしましょう。

〈社会〉
この科目はテキストで覚えれば覚えるほど伸びる科目なので好きでした。僕は、まずファックス紙にまとめて、その次に重要単語を三回ぐらい書いていました。

〈テストで気をつけること〉
・まず全部の問題に目を通して、問題を解く順番や時間配分を考えましょう。
・ひと通り問題が解けたら見直しを必ずしましょう。
・自分の力を信じて実力を100%出せるようにしましょう。

〈入試当日〉
・前日は早く寝て、当日は早く起きましょう。
・名進研の所属校の先生と握手しましょう。

〈総合?〉
受験生のみなさん、悔いの残らないように必死に努力してください。そしたら合格というすばらしい栄光を勝ち取れるはずです。

お蔭様で息子は、受験した全ての学校から合格をいただき、第一志望校である東海中学校に通っております。週末の試験日ごとに、カイロやマスクなど受験の七つ道具を携えて、不安と緊張の中会場に足を運んでいたのがほんの一ヶ月前の事とは、信じられないような気がします。

人生の中でも大切な時期である中高六年間を、充実した環境でのびのびと過ごさせたいという親の思いから始まった我が家の中学受験でしたが、いよいよ六年生に入り、名進研に通う時間も長くなり、友達と遊ぶ約束も我慢して机に向かう様子を見ていると、正直言ってここまで強いていいものかと、最後まで迷いもありました。そんな受験生活を、なんとか乗り越える事ができたのには、二つの理由が挙げられるような気がします。

一つは、名進研の先生方を心から信頼する事ができ、子供を預けることができた、という事です。四月に行われた保護者会で、所属校の教室長の先生が、「最後まで徹底的に、全力でめんどうを見ますので、安心してお任せください」と言ってくださった言葉が忘れられません。心配な事やテストの結果などについて相談したい時は、いつでも快く時間を割いてくださり、丁寧に話を聞いていただけたので、都度不安を解消する事ができ、とても有り難かったです。

全てが終った今、子供の部屋にうず高く積み上げられているテキストやノート、プリントの一つひとつを見返してみると、先生方の熱いご指導が手にとるように伝わって来ます。そして、それに全力で答えようと必死でとり組んで来た息子の努力の跡が見てとれ、なんだか処分し難く、宝物として大切にとっておきたいような気がします(笑)。

また、普段は飄々とマイペースを貫く息子が、試験当日の朝、会場で声を掛けてくださった先生の顔を見て、何とも嬉しそうなホッとしたような表情を見せた時、そこにしっかりとした先生との絆が生まれている事を確信しました。

そして二つめは、子供自身が、志望校に本当に行きたいんだという強い意志が持てたことです。

オープンスクールや学校行事には、積極的に参加される事をお勧めします。先生方のお話を聞き、学校としての考え方を理解するのはもちろん、そこで在学する生徒達の様子を見るのもとても参考になると思います。息子が、その学校に通う具体的なイメージが持て、ここで○○がしたい、この学校に通いたいと本気になってくれた事は、受験を乗り切る最大の強みになりました。

中学受験に『絶対』は無い…親としては、もしもの場合にも受け入れていく覚悟が無ければと、精神的に辛い時期もありましたが、先生方と本人の努力は、最高の形で実を結ぶこととなりました。そして、中学受験を乗り越えた息子は、この上ない達成感を味わう事ができ、親として本当に幸せです。

どうか保護者の皆さんも、合格を信じて、お子さんと共に全力で頑張ってください。

文章にもヒントは書いてある

受験生のみなさんこんにちは。私は愛知中学校に行く元名進研生の女の子です。
第一志望の学校に合格することはできませんでしたが、受験生のみなさんに頑張ってアドバイスしたいと思います。

☆算数
テキストの基本問題は完璧にすることとテキストで訓練し、計算ミスがないようにすることです!

☆国語
最初の短い時間で出された問題をひと通り見て、その後に文章を読むと問題が解きやすいです!

☆理科・社会
どの教科でもそうですが、文章はちゃんと読むことです。文章にもヒントは書いてあるからです。

私は最初の方は名進研での偏差値は36くらいで50以上は、二回だけでした。だから、名進研生のみんなも希望を持ってがんばってください。

夫と息子

元名進研生の息子は憧れの東海中学校生となります。

父親は同校出身者ですが、受験に全く無関心。テスト結果が良く喜ぶ私に「詰め込みばかりの勉強法で本番は全範囲だぞ。一人で勉強させ、どん底まで落とし、はい上がる力を身につけさせろ。入試までに必ずそういう時期が来る。それが早いほど良いのだから」と。私もその言葉に納得し、口出しをしない事に挑戦してみましたが、なんせ我が家の息子は名進研でも有名なヤンチャ坊主。放っておくと勉強をしない→注意する→反抗する→大バトルとなる→監視してやらせるの繰り返し。

しかし大きな挫折もなく、このまま過ぎて欲しいと願っていた最後の名進研プレ中学入試。目を疑う様な順位に陥り、息子は今まで経験した事のない挫折感に押し潰され、勉強する気力を失ってしまいました。

先生方に何度励まされても「俺みたいなアホはどこにも受からない」と毎晩泣く始末。時間がない…焦りました。数日後テストがあった事すら知らない夫にテストの結果を見せたら、さすがの夫もショックを受け息子と二人きりで話し合いをし、あと二週間、算数・理科は父親と一緒に勉強する事となり遅蒔きながら我が家の家族受験が始まったのです。

今迄テキストなどの教材を見た事が殆ど無い夫は東海中学校の過去問頼りに分析し、パソコンから類似問題を引き出したり、難問題集からピックアップし課題を与えていました。もうこの時期は難問には手を出さず、テキストの基本で“解ける自信”をつけさせてくださいと言う指導でしたので「難問ばかりさせていたら、益々自信を失い入試を受ける事すら出来なくなってしまう」と言う私に「入試で初めて見て焦るより今解けなくても、これに似た問題見た事ある!と思わせる事が大事だ」と言うのです。

私は夫を信じ任せました。入試を終え出て来た息子は「算数出来た!みんなめちゃ難しかったと言っていたけど俺は出来た!」と言いました。問題用紙を見ると、名進研へ通った三年間言い続けてきたのに最終ゼミでもしていなかった条件チェックも初めて全教科してありました。それを見た瞬間、一月は辛かったけど最後まで諦めず頑張ってくれてありがとうという感謝の気持ちで一杯になりました。

こんな元名進研生の息子を最後まで見捨てる事なく励まし続けてくださった先生方、私を支えてくれた友人達。本当に多くの人々にお世話になり協力して頂き、改めて人は一人の力では生きられないとしみじみ実感した名進研での中学受験でした。

あれから約一ヶ月。宿題もせず、傲慢な態度で遊び呆けている元名進研生の息子にまたイライラし始め注意すると「あの時お父さんと約束したんだ。『一学年四百人もいる学校は他にはない。入学して沢山友達を作れ!それは人生の宝だぞ!お父さんも勉強しなかったけど、今でもずっと友達なんだって』だからいいんだって!」と。私は返す言葉もなく、そろそろ口喧しい過干渉の母親は卒業かな。これからは男同士、いよいよ父親の出番が来たかなぁと感慨にふける今日この頃です。

私は、愛知中学校・名古屋女子大学中学校・南山中学校女子部・愛知淑徳中学校・滝中学校に合格したハッピーな元名進研生です。
そんな私からのアドバイスです。

〈国 語〉
三・四年生の人は本を読みましょう。五・六年生の人は、他の教科の勉強でいそがしくなるので学校などで読むといいです。あと、漢字・言語は完璧に仕上げましょう。

〈算 数〉
図をどんどんノートに大きくかきましょう。所属校の先生に勧められて六年生の後期からは自由帳に問題を解いていました。テキストを使っての毎朝の計算は忘れずにやってください。力がついた・やってよかったと思うときが必ず来ます!(経験者です)

〈理 科〉
がんばって暗記物は覚えて、計算はテキストの問題をときまくりましょう。

〈社 会〉
年号はごろ合わせで覚えましょう。歴史はどの時代にだれが何をしたかその場所まで分かったらOKです!

〈その他〉
①第一志望の学校にこだわってください!なぜ行きたいかの理由の数が多いほど合格に近づくと思います。
②終わったテストは気にしてはいけません。まだ次があると思ってがんばってください。
③正月特訓には行ったほうがいいです。食事はおいしくて、集中して勉強ができ、プリントも百枚以上もらえます。
④家で集中できない場合は自習室を使った方がいいと思います。

名進研生のみなさん、受験の時は、自分の力を出しきれるようにがんばってください。

宝物

皆様こんにちは。この三年間頑張った結果がきちんと出て良かった。それが、受験を終えた時の最初の気持ちでした。

競争のキライな娘が、名進研の“成績順の席”にどう反応するのかしら~と心配しながらの受験勉強のスタートでした。

名進研のお友達に影響を受け、より高い目標を持ち、成績に対しての自信も持ち始めました。負けたくないという闘志も出てきました。クラスの仲が良かったので、皆で頑張ろうという連帯感が出てきたことにより、お互いを高め合う事が出来ました。

成績は、割と安定していたので安心して見ていられました。精神的に幼い部分がありましたが、毎回「ゼミノート」に先生方からの温かいコメントが、強い励みになりました。宝物にします。

受験日の直前は健康面でハラハラしたり、準備にバタバタしたものですが。終わってしまうと、三年間~特に六年生になってからの十一ヶ月は本当にあっという間でした。目標を持って勉強をする事。コツコツ積み重ねていく事。競争心を持つ事。名進研で色々な事を学べました。

あれ程勉強していたのが、不思議に思えてしまう位、今は、のんびりしています…。

三年間名進研でお世話になりました。感謝の気持ちで一杯です。

ポジティブ&リラックス

僕は、愛知中学校・名古屋中学校(スカラー)・東海中学校・滝中学校と、受験したすべての学校に合格し、念願の滝中学校へ通学しています!!

僕は、インターネットで滝中学校を知り、広い敷地とのどかな雰囲気、部活動の多さなどにくぎづけになりました。その時初めて私立中学校の存在を知り、受験に合格しないと入ることができないというので、それまで学習塾に通ったことがない僕は、とりあえず冬期講習に参加してみました。すると、先生方がおもしろく、友達もたくさんできて、どうしても名進研に通いたくなり、五年生から入会しました。両親いわく、受験勉強は強い意志と、努力・体力がないと乗り越えられないというので、一人で電車で通塾することと、やる気がないように見えたらすぐ退塾するという約束をして、入会させてもらいました。部活動や習い事も辞めたくなかったので、六年生になるまで続けました。そんな僕からアドバイスです。

①授業は真剣に受ける。先生の言葉は一言一句聞きもらさないつもりで。また、宿題はていねいに取り組んで、間違えた所には印をつけておく。僕は、名進研の宿題と間違い直し以外の勉強はほとんどしませんでした。

②すい眠をしっかりとる。僕は基本的に毎日八時間くらい寝ていました。眠くてたまらない時は、無理しないで寝るようにしていました。

③リフレッシュする時間を大切にする。僕は、月曜日は友達と遊ぶ、勉強の合間に大好きな読書をしたり、テレビを見たり、弟とゲームをしたり、を受験直前まで続けていました。名進研が休みの日には、レジャーや旅行にも連れて行ってもらいました。

④テストゼミを活用する。僕は名進研の入会テストで腹痛になるくらい緊張する性質でしたが、五年生の後期にテストゼミを受けるようになってからだんだん平気になり、受験当日はなんと全然緊張しませんでした。

⑤どんな時も前向きな気持ちで。僕は、ずっと合格することだけを考えていたので、テストゼミや模試の結果が良くない時でも、あまり落ち込みませんでした。先生方もいつも大丈夫だと安心させてくれました。

受験生活は人それぞれだと思うので、名進研生のみなさんも自分に合ったスタイルを見つけてがんばってください。滝中学校で待っています!!

最後になりましたが、惜しみない力を注いで支えてくださった名進研の先生方、本当にありがとうございました!!そして、苦楽をともにしてきた名進研の仲間や、応援してくれた学校の先生方、友達、家族、その他たくさんの人たちに感謝の気持ちを伝えたいと思います。 

名進研の先生方に励まされて

娘は五年生から名進研で御世話になり、めでたく滝中学校、愛知淑徳中学校、金城学院中学校に合格することができました。

当初、自宅に最寄りの名進研の校舎を希望したのですが、定員に充足していたため、自宅から車で所要時間が15分程度の(公共交通機関で約35分のところにある)名進研のターミナル校に入校させることになりましたが、今思えば、これも巡り合わせであったと思わずにはいられません。娘は以後、迷うことなく二年間ターミナル校に通い続けました。

名進研での二年間を振り返りますと、娘は国語は得意であったのですが、苦手であった理科・数学が足を引っ張っていたので、JS2クラスの常連であり、JS1クラスには1回上がったきりで、JA1クラスに落ちたことも二度ありました。このような成績ではありましたが、娘は南山中学校女子部を第一希望、滝中学校を第二希望という気持ちを変えることはありませんでした。いかなる状況にあっても、地道に粘り強く取り組むことがいかに大切であるかは、受験の結果を見ても明らかでした。六年生後期からの名進研入試対策直前講座も直前期の入試対策に大変役立ちました。その結果、南山中学校女子部には届かなかったのですが、滝中学校、愛知淑徳中学校、金城学院中学校に合格することができました。

受験直前の正月特訓にも参加させました。私は二泊三日の正月特訓に参加させることには乗り気でなかったのですが、娘の「正月特訓に参加しないと志望校に合格できないから参加させてほしい」という言葉に動かされ、娘の気迫に親が負ける形で参加させることにしましたが、今思えば妥当な判断であったと確信いたしております。テストゼミで結果が出せずに後れを取っていた分、正月特訓に参加させることにより、娘に「志望校には絶対に受かる」という自信を植え付けさせることができたからです。

しかし、受験勉強には紆余曲折がつきものです。六年生の後半になるとある種の焦りからか、弱気の言葉が本人の口から聞かれました。また、一月にはインフルエンザを患ってしまい、それもなんと金城学院中学校の入試四日前であったものですから、親としては大変心配いたしました。しかし先生方からはいつも温かい励ましのお言葉がありましたので、娘の精神的支柱となっていたのも事実です。インフルエンザも、予防接種を年の暮れに受けていたのが幸いし、熱が一日で下がったので、入試に何とか間に合わせることができました。むしろ、強い精神力が培われた分、本番でも「プラスα」の力が発揮できたのではないでしょうか。

今回の受験を振り返りますと、結果として娘の希望を叶えられたのも「他塾ではなく名進研で二年間お世話になったおかげ」であるとしみじみ思います。

娘がテレビに夢中になり勉強が手につかなかった時期や、努力が結果に結びつかずにスランプに陥っていた時期にも親身になって相談に乗ってくださった名進研の先生方に本当に感謝いたしております。ありがとうございました。

休憩はほどほどに

名進研生のみなさんこんにちは。
私は第一志望だった愛知中学校に通う超幸せものの元名進研生です。
上手く書けるかわかりませんが、アドバイスをしようと思います。

算 数
この教科は本当に苦手な科目でした…愛知中学校入試でも全然できませんでしたね…。私は、途中式を書いても消さないことが大切だと思います。あと、どの教科にも共通する話ですが名進研の先生の話を聞きましょう。私は五年の春期講座から入ってそのときは、ぼんやりしていて、それのせいもあってかA1からA2に落ちてしまいました。あと朝は計算に強くなるため名進研テキストの計算問題をやるべきだと思います。

国 語
この科目は超超得意科目で大好きでした。この科目に関してはそれほど勉強しなくてもできたのですが、やっぱり漢字は絶対やっておくべきだと思います。漢字は苦手でテストゼミ、名進研プレ中学入試は必ずと言っていいほど「ハネ」や「はらい」をミスっていました。注意しているときは名進研での国語の偏差値60以上はありました♪

理 科
理科は覚えるのが苦手でした…よく名進研の先生に残らされていたな(遠い目)理科は、暗記は絶対に覚えてください。計算はテキストでやり方を覚えてしまえばきっと大丈夫です。

社 会
これはヤバイです。何がやばいかって?歴史が苦手なのです…特に安土桃山時代からは成績が落ちてきて、平気で30点とっていました…ある方法を一度だけ試したら70点ぐらいとれました。その方法とは、重要な単語を何度も書いて覚えてテキストの問題を解く、多分これで大丈夫です。あくまで多分です。

その他
最初は休憩についてです。私の父は勉強するときはしっかりやって、休むときは休め!とよく言っていました。でもあまり休みすぎは良くないので皆さんも気をつけてください!

あと、アドバイスはオタクにはならないほうがいいということです。私は漫画オタクで、受験直前まで漫画を捨てられなくて苦労しました。宿題をやっていると好きなキャラの事を考えてしまい全然集中できなかった記憶があります(泣)。アニメも結構好きでよく見ていました。

最後に大暴露を…実は私、受験直前でスランプになってしまい最後の名進研プレ中学入試で愛知中学校の合格率が20%以下でした。こんな私でも受かりました。何が起こるかわからないのが受験なので今名進研での成績が悪い人も、気を落とさずに一生懸命頑張ってください。きっとあなたにもサクラサク!

あともう一つ!みなさん、愛知中学校に入ったら絶対楽しいです、ぜひ来てください♪

感謝の気持ち

「僕、名進研に入りたい。」
そう言い出したのは息子の方でした。

そのころはまだ、絶対に私立中学に入りたいという気持ちはなく、公立の中学に入学することになったとしても、中学受験の勉強を身につけておくことは将来プラスになるだろうとしか、考えていませんでした。親として、子供の塾選びは未来を変えてしまう可能性もあるので、親の意見よりもまず、子供が学びたいと思える環境が整っているかどうかを重視し、決めました。

名進研の扉を叩いたのは、五年生の春期講習からでした。当時は入会テストに合格できるか心配になる程の学力しかもっていなかったので、入会できると知った時はうれしかったです。

何とか名進研に入会させていただけましたが、テキストや復習プリント、宿題ノートをしまう子供のリュックを持った時に驚きました。あまりの重さに。大人が持っても肩が食い込むくらいの重みを、息子は小さな背中に平気でかついでいました。そんなたくましく成長した後ろ姿を見て、息子も自分なりに頑張っているのだと感じました。

毎週迫ってくるテストゼミでは、白星を取得しクラスの昇格の喜びや黒星の恐怖を経験しました。

正月特訓へも息子の希望もあり参加しました。志望校合格を目指して奮起する仲間と机を並べることで、いつしか息子も私立中学への憧れが一層強くなっていきました。勉強嫌いだった子が嘘のように長時間名進研に残るようになり、入試の前日まで毎日と言っていいほど、自習室も利用させていただきました。

特に息子と親身になって接していただいた先生には何度も連絡をいただき普段の様子やアドバイスをしてもらいました。理科担当の先生の教え方のおかげで、息子も理科が得意科目へと変わっていきました。算数の先生には作図問題ができるようになったと言っていただき、自信をもらいました。社会の先生からは繰り返しプリントを用意していただき、苦手だった暗記もできるようになりました。このように名進研で手厚い指導を受けた息子は本当に幸せ者だと感謝しています。

息子は名古屋中学校へ進学いたしましたが、この二年間がなかったら入学先も違っていたのではないか?と思います。息子の人生の中で宝物といえる充実した日々を送ることができました。お世話になった先生方やチューターの先生、本当にありがとうございました。 

名進研とは

愛知県・岐阜県の中学受験・高校受験・大学受験の進学塾です。受験生を応援するページを立ち上げました。このブログで卒業生たちの熱い応援メッセージを届けていきます。

カテゴリー