2016年11月アーカイブ

息子の合格通知を見た瞬間、号泣してしまいました。
嬉し涙です。
本人から算数の解答欄が4問しかうめられなかったと聞き、覚悟をしていたからです。

結果は午前10時までに郵送されることになっていました。本人が「結果はまず自分が一番に見たい」と強く希望したので、小学校の休み時間にあわせ、10時40分にハサミ片手に校門で待ちました。入学試験結果在中の封筒を前にして、平静を装っているつもりの顔は不安でいっぱいでした。不器用にハサミを動かした後、

「あ、合格」

という声が聞こえてきました。本人から「見た瞬間、合格とは信じられなかった」と後で聞きました。考えてもいなかっただけに、不覚にも声を失った私に、彼は「携帯(電話)貸して。先生に電話するから」とせがんできました。先生に喜んで報告する姿に、途中で諦めなくて本当によかったと心から思いました。

保護者会資料で「お母様が希望を捨てなかったのがよかったんですね。」と読んだことがあり、絶望的なテストゼミの結果に打ちのめされ、志望校をかえた方がよいのではと弱気になったことも一回や二回ではありません。奇跡はおこる、とも思いました。私も私立を受験して十年間キリスト教にふれました。信じる者は救われると教えられましたが、本当に心から実感したのは初めてです。

平気で名進研に宿題を忘れていく不真面目な息子を諦めもせず指導してくださった先生方にはお礼の言葉もありません。先生方、本当にありがとうございました。

息子の小学校の卒業式には東海中学校の制服を着せました。もちろん上着はなしで、防寒のためベストを重ねました。これが小学校の卒業式かと思うような派手なスーツが多いなかで、黒ズボンと白シャツは地味を通り越して、野暮という表現がぴったりでした。しかし、胸をはって卒業証書を受け取ったのは言うまでもありません。

先生方をはじめ、お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

マイペースに

私は愛知淑徳中学校に受かったハッピー♪な元名進研生です!
私は五年生の時に一年間、外国に住んでいて六年生から名進研生になったのですが、マイペースにこつこつと課題をこなしていって、合格しました!
そんな私の勉強法を名進研生のみなさんに教えようと思います!

☆算数
私自身は前々から算数は大好きでした。でも一時期名進研テストゼミで良い点が取れなかったときがありました。そういうときは、是非何回も解きなおしてください。できるようになってきます!そして、計算はテキストを使って毎朝しっかり忘れずにやることが大切です!

☆国語
国語は言語事項と漢字は完璧だ!と自分が自信をもって言えるまで頑張るといいと思います。そして記述は空白にはしないようにするといいです!(もちろん、根拠がどこにあるかなどもしっかりわかっていると完璧ですが…)

サクラサク

息子は、念願の東海中学校に通っています。

結果の通知が来た日のことは一生忘れないだろう。
朝9時頃に、ピンポーンとベルがなり、息子と二人でドキドキしながら中身を見ました。
「合格」の二文字に私は涙が止まりませんでした。

名進研での三年間を振り返り思えば、大変な毎日の連続でした。負けず嫌いな息子は、テストの点数が悪いと悔しくて涙を流し、実に泣いたり笑ったりと忙しい毎日でした。私自身も息子のテストの点数に一喜一憂し、悪ければ口やかましく怒ってしまい親子喧嘩もいっぱいしました。でも、今こうして思うと、少し反抗期の始まった息子と二人三脚で必死にがんばり、絆を深めたことは、私にとってとても大切で貴重な思い出です。どんな時でも息子は、「東海中学校へ絶対合格する!」という強い意志だけはブレることがありませんでした。

六年生の夏期講習の最後のテストが悪く、秋からは、大好きなゲームもやめて本当に一生懸命勉強をしていました。そのがんばりを作ってくださったのは、実は先生です。息子に、「君は、絶対に東海中学校に合格するんだ!名進研でがんばって努力するだけだ!」その言葉をお守りに、その日から息子のスイッチが入りました。私もその姿を見て、息子へのエールをこめて、名古屋シティーマラソン(10km)に参加して完走することこそが彼への応援になると考え、息子が名進研で勉強している間に練習していました。走ることにより自分の不安を解消し、見守ることができるようになりました。十一月にマラソンを完走することができたと同時に、息子の名進研での成績も上がってきました。

ところが、クリスマスイブにテストゼミの成績の結果、TN1クラスからTN2クラスに下がってしまったのです。不安で心が折れそうになりました。私の不安も最高頂になった時優しく先生が対応してくださったからこそ、私はもう一度息子を信じ見守ることができたのです。心から感謝しています。そんな悪い状況の中、息子は、正月特訓に参加しました。帰ってきて一回り大きく成長した姿に嬉し涙が出ました。そのあとに受けた模試は、みごと100番以内に入り、理科では、奇跡的に6番という順位をいただきました。

入試の前日の夜、所属校の先生方から息子に応援のお電話をいただいたり、入試当日も先生方が学校の正門に立って温かい言葉をかけて支えてくださったりしたから、また同じ目標に向かって一緒にがんばる仲間がいたからこそ、息子もあんなに頑張れたのだと思います。

合格し、これからが、スタート!!彼
自身のレースを彼らしく走っていってほしいと思います。
辛くて立ちどまっても、前を向いて、自分を信じて仲間を信じてがんばってほしいと思います。

終わりよければすべてよし

僕は愛知中学校・星城中学校(特)・名古屋中学校・南山中学校男子部を受けて全て合格し、南山中学校男子部に通っている者です。
さっそくですが僕の勉強方法を名進研生のみなさんにおしえたいと思います。

・国語・
苦手でしたけど物語文などでその場所を想像して解くと解きやすくなります。文法などはテキストを使って完ぺきにする。

・算数・
計算ミスは絶対にしない。文章題をといたら確認をする(あまり時間をかけてはいけませんけど)

・理科・
水溶液の計算やてこなどで計算ミスをしない。

・社会・
すごく得意でした。特に歴史。歴史は年号と出来事を覚えるんじゃなくて、○○があったから○○がおこったというように覚えると並びかえでも正解率がすごくあがります。時事問題は『ニュースがわかる』をよむといいです。

・その他・
テストゼミはやったほうがいいです。正月特訓も行くといいです。自信がつきます。入試問題は三年分を全教科二回は解く。どんなに名進研でがんばってきても最後がダメだったらすべてダメになってしまいます。だから最後をしっかりとおわらせたら全て良くなるので名進研生のみなさんも合格にむけてがんばってください。

最後に僕を合格に導いてくれた先生方ありがとうございました。

受験は忍耐

二月一日朝、娘を学校に送り出してから落ち着かない3時間が過ぎていた。

11時25分、『ピンポーン!』とインターホンの音。

ダッシュで玄関へ取りに行く母親。
郵便を受取った瞬間、【ちょっと厚い封筒】
「きっと大丈夫だ…」と心に言い聞かせながら恐る恐る開封すると、
中から顔を出した【合格通知書 南山中学校女子部】
「良かった~」と泣き崩れる母親。
本当に長かった娘との二人三脚が実を結んだ瞬間であった(実は二年前は、この感動が味わえませんでした)。

振り返れば、我が家では、二歳上の長男と娘の二人が中学受験をしました。二人の受験勉強は足掛け五年間でした。本当に家族で良くやってきたなと思います。

中学受験において、正直、親の本音としては、トップ校に合格して欲しいという気持ちはありました。でも、二人の性格を見ていると親の希望よりも本人に合う学校というのがあるのだなということも分かりました。受験時代はなかなか理解しづらいことでしたが、入学して、元気に中学校に通う本人を見ると分かっていただける感覚だと思います。

そこで中学受験をするにおいて必要な心構えは、次のことかなと思います。
①受験は親がするものではなく、本人がするもので、親が決してレールは敷かない
②親が先回りして手を打たず、テスト等の目先の成績で一喜一憂しない
③第一志望校に入るという強い意志を本人が必ず持つこと

これから受験をされる皆さまにお伝えしたいことは、前述の内容は、決して放任を勧めているということではなく、目標に向かって一緒にリズム良く二人三脚することだということです。親だけが、子供とひもで結んだ足を速く動かしても、子供が動かさなければ、倒れてしまいます。また、小学生くらいなら親が抱えて走っても、ゴールは出来るかも知れませんが、でもそれは親の満足です。教育として考えると中学受験の結果だけが、ゴールではないと確信しています。長男も娘も、これからが重要ですから。

『受験は忍耐です。』どの時点でどのように子供に手を差し伸ばすのか、そっと背中を押すのか、タイミングは難しいですが、決して強引に手を引いたり、レールの上に乗せたりしないようにお願いします。

最後に、名進研に通い、結果を出した娘には本当に心から『おめでとう!』
また、お世話になった先生方、本当にありがとうございました。

パズル感覚で

僕は東海中学校、愛知中学校、滝中学校、函館ラ・サール中学校、灘中学校、愛光中学校、高田中学校を受け、東海中学校と愛知中学校は特奨で受かったのに、灘中学校はすべった元名進研生です。

五年生の夏から名進研に入り、テストゼミで、黒星をとったことはなかったです。そんな僕からみなさんへアドバイスをしたいと思います。

・国語…大の苦手だったので何とも言えませんが、漢字を重視すればいいと思います。

・算数…いつもテキストのむずかしい問題をといていたので、パズル感覚でとけばよいと思います。

・理科…植物は苦手だったので、何とも言えません。計算は、時間があったらあてはめて見直しましょう。

・社会…僕は、後期の名進研テストゼミから漢字ミスが多発し、五点ぐらいさがったので、漢字ミスを防げばいいと思います。

最後に、今まで教えてくれて、合格に導いてくれた先生方、受験勉強を支えてくれた家族の方々、本当にありがとうございました。

“ピンポーン”
「速達で~す」

通知が届いた!!

前日、娘に
「通知が来たら先にお母さんが見ていい?」
と尋ねると
「だめでも、暗い顔しないならいいよ」
と言ってくれていたので、先に見ることにしていました。

いざ通知を受け取り封筒にハサミを入れ中を見ると“合格”と書かれてありました。その瞬間涙があふれ全身が振えました。私は、誰もいないリビングで「良かったー良かったー“○○ちゃん”喜ぶわぁ~」と言って泣きました。

娘が名進研に通い出したのは、四年生の時でクラスはJS2にいて、たまにJS1に上ってもすぐJS2に落ちてしまうという感じでした。

私は名進研のテストの結果を見て、点数が悪いと細かい所まで指摘してねちねち、時には感情的になり怒嗚りちらしたりしました。そのたびに娘を泣かせていました。あげくのはてに「何で泣くの、泣くぐらいなら名進研なんかやめてしまえ~」と、それはまぁひどい事を言っていました。

その頃どうしたら名進研での成績が上がるんだろうと思い悩み、本屋で“受験の神様”と言われる人の本やら“偏差値を上げる”ノウハウが書かれた本を買いあさりました。そんな時に頭に浮かんだのが“孟母三遷”の文字でした。

当時は、西尾張方面に住んでおり、中学受験をする子はまわりにほとんど無く“公立あたりまえ”の所だったので“まず環境が大事” と、思い切って名古屋市内に引越ししました。(一遷)そうすれば通塾の時間短縮にもなり勉強時間も増える=成績も上がる!!と思いました。“ところがどっこい”時間が増えた分勉強するんだろうなーという思惑は外れ、娘はその時間を“まったり”過ごしていました。一人っ子でのんびりしていて競い事が嫌いな娘なので私は、“競争心もあまりないし名進研はこの子には向いてないのでは”?と思うようになり、“二遷”した方が良いと思い娘に「他の塾に変わる?」と尋ねると「絶対にいや」と言われ名進研に留まりました。

そんなこんなで最後までマイペースで出された宿題をこなしてはいたものの+αの勉強は他の子よりしてこなかった様に思います。“これでいいのか?”という不安な日々でしたが、名進研のテキストを見返してみると“実に内容が盛りだくさんで入試直前対策などきめ細やか”で、成績が伸びず思い悩んだ時に買った参考書などはいらなかったなと思いました。

だから皆さん、名進研のテキストで勉強をしてできれば何度もくり返しやれば大丈夫だと思います。あと先生のおっしゃる事をよく聞いてその通りにやってみるといいと思いました。私はあまり先生に相談せずやってきてしまいましたが皆さんは、何でも相談された方がいいと思います。

この受験生活で学んだ事は“継続と忍耐”です。“孟母三遷”しなくて良かった!!最後まで見守ってくださった先生方ほんとうにありがとうございました。そして、最後までよく頑張りましたね。ありがとう!!

実際に飼う

みなさんこんにちは。僕は、東海中学校とその他四校を受験し、全て合格しました(そのうち愛知中学校に特奨、名古屋中学校にスカラー合格です)。それでは、恒例の四教科のアドバイスをします。

・国語…とにかく本を読む!本を読めば自然に人物の気持ちが分かるようになり、テキスト以外で漢字も覚えられます。

・算数…先生の話を真剣に聞き、少しでも分からない所があったら絶対に質問してください。僕は名進研の授業中ぼーっと聞き流したりしていて後々大変なことになりました。

・理科…計算単元は理屈で覚える。あと、生物なんかは実際に飼うのもいいです(カブトムシならオスメスペアで五百円くらいです)。

・社会…これは、テキストを覚えるだけです。ただし、覚え方にもコツがあります。それは、書いて覚えることです。なぜなら見ただけだとすぐに忘れるからです。ちなみに、テキスト丸写しもいいです。僕の校の先生がやっていました。

みなさんも合格に向けてがんばってください。

親が心配するよりずっと

今、これまでの分を取り返すかのごとく友達との遊びに忙しい娘を見ていると、の日々がまるで夢であったような気さえいたします。

思い起こせば、この二年間という受験生活、本当に色々なことがありました。

要領の良くない娘は、大量の宿題をやりこなすことができず、涙を流すことも多々ありました。ケアレスミスがいつまでも直らず感情的に叱り付けてしまったことも…。また、保護者会で「テストの結果に一喜一憂しないでください。」と注意されているにもかかわらず、「こんな成績ではどこにも受からないよ!」とつい口走ってしまったり。その度に、親子で本音でぶつかり合い、時には所属校の先生にご相談をし、一つ一つ乗り越えてきました。思えば、そろそろ反抗期を迎え少しずつ親子の会話も少なくなってくる頃に、親子の濃密な時間が過ごせたのではないかと思っています。

娘は憧れの中学校に進学できることになり希望に胸を膨らませています。受験勉強真っ只中の親御様にとっては不安な日々もあるかと存じます。子供の力を信じ、先生方を信じてください。私は最後まで受験生の親としては劣等生でした。子供は親が心配するよりずっと逞しいです。受験を通して私も親としての在り方など学ぶことができました。

レパートリーが多いほど

こんにちは。僕は愛知中学校、名古屋中学校、東海中学校を受験し、見事東海中学校に合格ができました。そこで役に立つ(?立つかわからないけど)勉強法を教えます。

(算数)
問題の解き方を、説明できるようになるまで復習することが一番大事。またテキストで計算トレーニングは習慣的にやろう。難しい問題は解説よりも先生に質問した方が為になるときもあるので積極的に質問しよう!

(国語)
文章題は制限時間を決めてやろう。だからといって速さだけでなく一問一問集中して解くコトが大切!テキストの解説もうまく活用しよう!漢字は見るよりテキストで書くコトが大切!

(理科)
テキストの要点や暗記分野はしっかり覚える。理科は解いた問題のレパートリーが多いほど本番に強いので応用問題を多く解いた方がいいと思います。

(社会)
とにかくまずは授業を大切に!先生からのアドバイスや覚え方は本番でも役に立ちました!あとは地図帳と学校の教科書(六年生)を毎晩1ページでも見よう!基本ができていれば応用も自然にできるようになります。

受験生のみなさん、今までの努力は絶対無駄にはなりません!絶対合格します。今はつらいかもしれませんが、中学校では、楽しい学校生活が待っています。合格して東海中学校に来てください。がんばれ受験生!!!これが私のアドバイスです。

私みたいに成績がどんどん下がっていっても、問題が分からなくなってしまっても、最後まであきらめずに頑張ってください!!

中学受験を通じて学んだこと

この度、娘が滝中学校に合格し、入学することになりました。受験結果を知らせる封筒を触った時の感触、そして合格の文字を見た時の感動は今でも忘れることはできません。

さて、受験生を持つ家族として私どもが気を付けてきたことを三点お話ししたいと思います。

☆合格体験記・後期以降の保護者会の資料は常に手元に置き、いつでも読めるようにしておく。
娘は、私がいつも読んでいることを知っており、保護者会資料の内容で娘が伝えたい気持ちが書いてある箇所に、自ら蛍光ペンでラインを引いていました。たとえば「テストの偏差値に一喜一憂しない。」など。親として冷静に判断しているつもりでも、子供側から見たらそうではないのだと感じ、反省しました。

☆勉強内容は名進研に任せる。
娘が名進研の問題で分からないという箇所を親が教えた時期がありましたが、六年生になるとの学習は膨大な量となり、親が付いて教えるのは時間的に難しいです。娘を信じ、娘自身が自らの力で何が分からないのかはっきりさせ、名進研の先生に教えて頂き理解するという、能動的・自主的な学習スタイルに変えてから成績が伸び、特に算数は得意科目になりました。ただ社会の暗記などについては、夕食時に楽しみながら質問をしました。

☆受験に関して感情的に子供を叱りそうになったら、必ず名進研の先生に相談する。
名進研の先生から娘に話して頂き、乗り切ることができました。「受験勉強をすることは偉いこと」と、娘が勘違いしそうな時は、そうではなく「中学受験勉強をさせて頂いている」という謙虚な気持ちになれるよう、家庭では気を付けておりました。またストレスから自己中心になりがちな時は、このような時こそ精神的にも成長できると捉え娘に接してきました。自分だけではなく、名進研も含め、多くの方々に支えて頂き今があることを、娘なりに理解できていると思います。                                   

合格後の滝中学校登校日に先生方のお話を伺い、とても教育熱心な校風を感じたと同時に滝中学校の温かさも伝わってきました。四月から滝中学校の生徒として頑張ろうと娘は張り切っています。

中学受験は勉強だけでなく、家族のきずなも深めることができます。また、子供とともに親も成長できる機会です。本当に良い経験をさせて頂きました。

名進研の先生方にはいつも熱心で温かいご指導を賜りまして本当にありがとうございました。末筆になりましたが、心よりお礼申し上げるとともに、これから受験を迎えられる名進研生のみなさまのご健闘をお祈りいたします。

40%でもくじけずに

名進研のみなさんこんにちは☆
私は南山中学校女子部、愛知淑徳中学校、愛知中学校、と受験した学校全てに合格しました(^ω^)
そんな私からみなさんに合格のためのアドバイスをしたいと思います。

①健康管理はしっかりと!!
手洗い・うがい・マスクは大事です。「体調が悪くて試験が受けられなかった」なんてことはダメですから。

②やりなおしをカンペキ☆にする
テキストで間違えた問題は、その場でカンペキ☆にすることが必要です!!
ちなみに前の日に名進研で解いて間違えた問題が、なんと次の日の愛知淑徳中学校の入試に出てきて、解くことができました☆

③何回も書く♪
漢字なんてとくに!!テキストで書いて→覚える 書いて→覚える の、くりかえしです(*∀*)
社会の歴史とかもそうです。

④くじけない!!
私も最後の南山中女子部プレ入試の合格判定が40%でもくじけずにがんばりました。

アドバイスと言っても皆さんのためになったのかはわかりませんが…。
ちなみに、私はTN2クラスまでしか行ったことがないし、JS1クラスになったことないですけど南山中学校女子部生です。本当に最後は努力しかありません!!

この合格体験記を読んでくれているみなさんがそれぞれの第一志望校に合格できることを願っています。みなさんがんばってください。私は南山中学校女子部で待っています。 

最高の褒め言葉

足掛け四年に亘り頑張ってきた受験勉強も終わり、親としては息子が第一志望校に通う事が叶い良かったと喜んでおります。

二年前、姉が志望校に合格出来ず、公立中学へ進学した際に『頑張っても必ず合格出来るとは限らない。受験をやめたければ、やめても構わないけど、どうする?』と選択権を与えましたが、『僕はやめないよ』と彼は即答しました。

自分で考え、行動していく子でしたので、受験に関しても見守るだけでした。だから??…なのか名進研の無い日は勿論、名進研のある日も行く前に友達と遊び、ゲームも楽しみ、ギターも習い、勉強は宿題のみ。大丈夫か?と気を揉みましたが、名進研のテストでの成績は安定していましたので口はだしませんでした。おそらく、名進研での授業はかなり集中して受けていて、メリハリをつけていたのだと思います。テキストの難しい問題が解けた時の爽快感が好きだと言っていましたので、受験勉強も苦しみながらも、どこか楽しんでいるようにも見えました。

小さい頃から、知識欲旺盛で、日々の生活の中で常にアンテナを張り様々な情報を得ていました。漫画本シリーズの『日本の歴史』『世界の歴史』『○○のひみつ』はかなりのお気に入りで、何巻のどのページに何が書いてあるか全て記憶するほど読み込んでいました。読み始めると、時間を忘れ、声をかけても気が付かないほど入り込んでいましたので、案外、こういう所で集中力が養われたのかも知れません。

受験校も息子が自分で決めました。チャレンジ校として県外難関校を、そして第一~第三志望校の合わせて四校を受験しました。日程的に一番最初が県外難関校でしたので、合格して勢いに乗れるのか、不合格となり不安なスタートとなるのか、賭けのようで した。結果が届いた時も、一人でこっそり開封していましたので自信がなかったのだと思います。結果的には名進研で唯一の合格者となる事が出来、先生にも『いちばん難しい学校に合格して冠がついたね』と最高の褒め言葉を頂き、息子も嬉しそうでした。

良いスタートがきれたおかげか、続く三校も全て合格する事が出来ました。二人の子供の受験を終えて思う事は、受験におけるあらゆる事に関して、どれが正しくて、どれが間違いだとかは無いのだと言う事です。子供自身が後悔しないように導いて来たつもりではありますが、いまだにこれで良かったのかと思う事がたくさんあります。答えなど無いのだと思います。そして、ここがゴールではなく、一つの通過点に過ぎないと言う事です。子供の人生はまだまだこれからです。中学受験という体験をこれからの人生における一つの糧として進んで行って欲しいと思います。最後に御指導頂いた先生方に感謝いたします。有難うございました。そして息子へ…おめでとう!よく頑張ったね。

みなさん、こんにちは!
私は、愛知中学校、愛知淑徳中学校、南山中学校女子部に合格し、南山中学校女子部に通っています。
では、早速私の勉強法を教えたいと思います!

★国語★
・漢字は、とめ、はね、はらいをしっかりと書く!
・文章が苦手だったので、説明文は段落ごとの要約とそれぞれのつながりをまとめ、物語文は主人公の気持ちの移り変わりを書き抜く練習をしました。

★算数★
・テキストで計算を毎日5問ずつやる!計算ミスをするとひどい目にあいますよ…。
・六年生後期は、毎日コンパスを使って作図をする!(特に南山中学校女子部を受ける人!)
・練成Aは完ぺきになるまで何度も解く!

★理科★
・テキストの暗記単元はきちんと覚える!『まとめノート』を作って、自分の分からないところをまとめると、覚えやすいですよ。
・計算単元はテキストでくりかえしやる!そうすると、力がつきます。

★社会★
・地理は白地図をよく使いました。
・歴史はまんが日本の歴史を何度も繰り返して読みました。
・完璧に覚えるために、何回も書く!
・理科同様、テキストで『まとめノート』を作って覚えました。

★その他★
・テストゼミや名進研プレ中学入試で悪い結果をとっても、気にしない!
・早寝早起きをする!
・正月特訓は行っても行かなくてもいいと思います。ちなみに私は正月特訓には行きませんでした。その間に第一志望校の過去問を解いたり、苦手分野の復習をしたりしました。
・入試当日カイロやマスクは絶対に持っていく!
・必ず、先生と『素手』で握手をする!!とても気合いが入りますよ!
・今までの努力を信じる!!そうすれば、絶対合格できます。

それでは、南山中学校女子部で待ってまーす!

第一志望の東海中学校に合格した息子の父親です。中学受験は、「一生に一度きりの受験」とか「9割は母親の力」など刺激的に表現されています。中学受験を経験していない親としては、脅威に感じておりました。その中で、四年生の冬から二年間、名進研の豊富な経験と実績を信じてきました。そして、同じ志を持った名進研の仲間と切磋琢磨しながら、正月特訓も含めて、様々な経験をさせて戴けたことに大変感謝しております。

以下、父親として名進研や家庭で経験した中学受験について、申し上げます。少しでも参考になれば幸いです。

今回、改めてですが、受験勉強は前しか見えない(周りの見えない)自分のコースを全力で走るレースであると感じました。ほぼ毎日曜日に行われる名進研の各種テストで、順位や合格率など出ますが、特に息子は学力、気持ちにムラがあり、山あり谷ありの結果でした。

後から先生方に聞くと、良く見られるパターンとのことですが、息子は六年生の夏から頑張りだし、最初の東海中プレ入試では、合格率88%とピークの成績を取りました。しかしながら、その後は、じりじりと名進研の成績が落ちて行きました。

追い込みの一月のテストゼミでも成績は下がり(★)、夫婦で第一志望は駄目ではないかと真剣に話し合いました。そんな時、妻が先生に相談した際、「彼は受かります!」と言われたそうです。不安一杯の中で本当に救われた思いでした。それから、腹をくくって本番を迎える覚悟ができました。「きっと大丈夫!!」と夫婦で言い聞かせながら、テキストで朝の漢字と計算、過去問の繰り返しを徹底的にさせました。そして、合格のプレッシャーを少しでも減らせるように、次のことを繰り返し言い聞かせました。今の名進研での勉強は、決して合格だけが目的でないこと。名進研で目的に向けて一生懸命に取り組んだ経験は、将来必ず役に立つこと。そして、目の前の問題を解くことだけに集中すること。受験日まで一ヶ月を切ると、風邪をひかないように何枚も着せたり、毎日ピリピリしていましたが、家族ではじめて緊張感を共有できたかと思います。東海中学校の試験が終わり、校舎から出てきた時の息子の清々しい顔が、自分の「ほっ」とした気持ちと重なり、とても印象に残っています。

最後に、中学受験は、知識の詰め込みとも言われ、一面ではその通りと思います。しかしながら、息子が名進研に通い、受験という目的を持ち、はじめて真剣に取り組んだ経験は、将来どこかで必ず役に立つものと信じております。

休まない!

名進研の受験生の皆さん!こんにちは☆南山中学校女子部に受かった、幸せ者です。
教科ごとにアドバイスをしたほうがいいかもしれませんが。私が心がけていたことを皆さんに教えたいと思います!

それは…
☆名進研の授業をちゃんと聞く!
☆そして、名進研はあまり休まない!
これが私のモットーでした。

名進研の授業は当たり前に聞いているかも知れませんが授業でポイントや話を聞くだけでも覚えることはできるんです!問題を解くときに、そういえば…この問題って先生が・・。こんなギャグいってたなぁーとか、こんな風に説明していたっけ…。などなど思い浮かぶことがあるんです。そうすると問題を解くのがすらすらできたり…授業が思い出せるので復習にもなります。

あともう一つ。私自身は守れていたかと聞かれたらびみょーですが、早寝早起きは大切です!名進研が終わる時間が遅くて帰る時間が夜になるかもしれません。復習や終わってない宿題をやりたいですよね。

でも…!!!
☆朝に勉強をやってください!
☆睡眠は大切です!
☆朝の方が勉強が多くできますよ!

守らないと私のように授業中寝てしまいます…。

最後のおまけ
私の通っていた名進研の校舎では
『一日一問 苦手な問題を解く…』

一日一問ノート
テキストの暗記したいことをまとめて持ち歩けるように紙に書く…暗記プリントがありました。ぜひ、皆さんもやってみてください!

名進研の受験生の皆さん!学校で待ってます!

中学受験を通じて学んだこと

この度、娘が滝中学校に合格し、入学することになりました。受験結果を知らせる封筒を触った時の感触、そして合格の文字を見た時の感動は今でも忘れることはできません。

さて、受験生を持つ家族として私どもが気を付けてきたことを三点お話ししたいと思います。

☆名進研の合格体験記・名進研の後期以降の保護者会の資料は常に手元に置き、いつでも読めるようにしておく。
娘は、私がいつも読んでいることを知っており、名進研の保護者会資料の内容で娘が伝えたい気持ちが書いてある箇所に、自ら蛍光ペンでラインを引いていました。たとえば「名進研のテストの偏差値に一喜一憂しない。」など。親として冷静に判断しているつもりでも、子供側から見たらそうではないのだと感じ、反省しました。

☆勉強内容は名進研に任せる。
娘が名進研の問題で分からないという箇所を親が教えた時期がありましたが、六年生になると学習は膨大な量となり、親が付いて教えるのは時間的に難しいです。娘を信じ、娘自身が自らの力で何が分からないのかはっきりさせ、名進研の先生に教えて頂き理解するという、能動的・自主的な学習スタイルに変えてから成績が伸び、特に算数は得意科目になりました。ただ社会の暗記などについては、夕食時に楽しみながら質問をしました。

☆受験に関して感情的に子供を叱りそうになったら、必ず名進研の先生に相談する。
先生から娘に話して頂き、乗り切ることができました。「受験勉強をすることは偉いこと」と、娘が勘違いしそうな時は、そうではなく「中学受験勉強をさせて頂いている」という謙虚な気持ちになれるよう、家庭では気を付けておりました。またストレスから自己中心になりがちな時は、このような時こそ精神的にも成長できると捉え娘に接してきました。自分だけではなく、名進研も含め、多くの方々に支えて頂き今があることを、娘なりに理解できていると思います。                                   

合格後の滝中学校登校日に先生方のお話を伺い、とても教育熱心な校風を感じたと同時に滝中学校の温かさも伝わってきました。四月から滝中学校の生徒として頑張ろうと娘は張り切っています。

中学受験は勉強だけでなく、家族のきずなも深めることができます。また、子供とともに親も成長できる機会です。本当に名進研で良い経験をさせて頂きました。

先生方にはいつも熱心で温かいご指導を賜りまして本当にありがとうございました。末筆になりましたが、心よりお礼申し上げるとともに、これから受験を迎えられる名進研生のみなさまのご健闘をお祈りいたします。

一日40分

元名進研生の僕は、名古屋中学校(スカラー)、滝中学校、東海中学校を受験し全部合格し、東海中学校に通う者です。
これから僕が合格するまでにした、各教科の勉強法を書きます。

〈算数〉
四年生、五年生の間にテキストで基礎を完璧にしておきました(テスト前にどうしてもやる気が出ない時は、テキストの基本問題のまちがえた問題だけやりました)。六年生になってからはテキストの基本問題だけでなく、間違えたり悩んだ問題を全て解き直しました。
〈国語〉
学校では、時間を見つけて本を読みました。僕は学校で、一日40分は必ず本を読んでいました。あと、家で家族と話す時にも必ず語尾などに気を付けました。

〈理科〉
テキストの暗記単元は手帳に書き留め、いつでもすぐ見れるようにすることです。計算単元は、問題を解くときに必要なことを覚えればあとは計算ミスに気を付けるだけです。

〈社会〉テキストだけでなく、プリントでやったようなものまで出るのでプリントもしっかり復習し、そのプリントをすぐに見れる場所におくことです。そして、そのプリントを入試前に目を通すだけで点数がアップします。

それ以外に効率良く勉強するには、
 ①一日の始めに一日のスケジュールを無理のないように時間を書き入れながら作ります。
 ②名進研で六年生になると時間がなくなりますが、五年生が終わる頃まではスポーツをやることです。気分転換にはスポーツが一番です。
 ③五年生ぐらいまでは睡眠時間を削らないでください。六年生の終わりごろに疲れがたまり、大変なことになります。

以上で入試までの名進研や自宅での勉強法の紹介を終ります。次は入試当日についてです。

①東海などの難しい問題は皆も難しいと思っているのであせらない。
②面接のある学校は面接が大変だけどない学校は入試中の態度に注意してください。

自覚を促す

合格通知が届いた日
「自分で開けるから絶対に開けないで」
という子どもの下校を待ち、本人が開封しました。

「合格」の文字に飛び上がって喜ぶ姿にこちらも本当に安堵いたしました。
三年間の努力が報われて本当によかったです。

ご存知の通り、中学受験は当日の試験の出来のみで判定されることが多く、名進研生はもちろんのこと、どの受験生も努力を重ね試験に挑むわけですが、良くも悪くも「まさかの…」結果もありうるという話も聞こえてきます。我が子も本番間近のテストゼミでクラス一桁の翌週は黒星ということが実際にありました。席次が100番違えば、結果に影響することもあるでしょう。この時、「直前の良い薬」と前向きに捉えながらも、親としては絶対合格を固く信じる一方で冷静な大人としてあらゆる事態を想定する必要を感じました。念願の南山中学校女子部に合格できたことは本当に幸運だったと思います。

勉強に関しては、完全にご指導にお任せしており、親として手をかけたことはほとんどありません。自覚を促すためにも、名進研に行く準備や宿題の管理も最初から子どもにさせておりました。時には宿題がこなしきれないこともあったようですが、授業や宿題をこなすことで自然に繰り返される復習によって力を身に付けていったようです。特に六年生の夏期講習辺りから宿題は自習室で勉強してくることが多くなり、後期になると、テストゼミの日曜・休みの月曜以外はほとんど10時近くまで名進研で勉強しているようになりました。親としては夜の弁当と遅い時間のお迎えが大変でしたが、子どもは風邪一つ引かず、試験前日まで自習室での学習を続け、学校にも休まず登校しました。最後は体力も大事な要素なのではないかと思います。本人は名進研が大好きで、夜遅く自転車でともに走る帰り道では、その日名進研であった面白エピソードを話してくれることもあり、目標を同じくする仲間達とともに頑張ることは厳しいけれども充実した楽しい時間だったようです。

勉強は、名進研と子ども任せにしておりましたが、親は受験した学校の説明会には出来るだけ足を運びました。学校で開かれる説明会は、駅からの距離感や学校や生徒さんの雰囲気など、実際に見で感じることもあるのでお勧めです。六年生になると予定も忙しく、五年生のうちから機会を見つけて参加しておくとよいでしょうが、特に本人の自覚に結びついたのは六年生になって参加した説明会や文化祭でした。学校に関する情報も色々ありますが、やはり自分で確かめ、納得することが大切だと思います。

長い冬の後には必ず春が訪れます。どなた様にも最良の春が訪れますようにお祈り申し上げます。

入試前の心構え

私は、四校受験をして全て合格し、金城学院中学校に通う、超超幸せな人間です!

私は、四年生から名進研に入りました。しかし、思うように名進研で成績は伸びず、クラスはJA、ゼミはKS2、KS3でした。そんな私から、参考になるかわかりませんが、アドバイスをしたいと思います!

〈算数〉
ポイントブックに書いてあるものを、暗記しましょう!テキストで基本問題を、何度も解き直しましょう!(特に、ゼミの前日に解くとゼミが解きやすくなります)

〈国語〉
サーパス、テキストで漢字を繰り返し解き直しましょう!記述問題に、強くなるために百文字くらいの記述文を、解きましょう!

〈理科〉
テキストで間違えた問題にチェックをして、解き直しをしましょう!(苦手だったので、あまり頼りにしないでください…(笑))

〈社会〉
テキストの太字に線をひき、ノートに何度も書きましょう!

入試前日は早めに寝て、大事な×2入試の当日は2時間前に起きてテキストで計算問題を10問くらい解くか、漢字を10問くらい解いた方がいいと思います!そして入試会場では、緊張しすぎず、リラックスしてください!

少しでも、参考にしてもらえればいいと思います。
以上、超超幸せな人間からの、アドバイスでした! 

"合格したい"思い

三学年違いの兄から始まり、娘が合格するまで名進研では六年間子どもたちがお世話になりました。

長く過酷な名進研での中学受験を終え子どもたちは、学力にプラスして精神的にも大変成長したと思います。名進研での六年を通して私が心から感じた事は、兄妹それぞれの違う性格から勉強のスタイルも姿勢も全く違うという事でした。親は、悪い事だとわかっていても、つい、上の子と比べてしまいます。幾度も“お兄ちゃんはこうだった…”と。

順位にやたらこだわり、一喜一憂しながらも常に自ら自分のモチベーションを上げる兄に比べ、成績の良い時も悪い時も表情をあまり変えず、いつも冷静だった娘。兄みたいに、もっと向上心を全面に出せば成績ももっと上がるのに…と思ったものでした。

けれど、名進研でのテストを繰り返すうちに私もわかってきました。性格の違う二人ですが、“合格したい”という強い思いは同じでした。親が小言を言わずとも子どもはちゃんとわかっており、“合格させたい”という思いよりも、“合格したい!!”という思いの方が、何よりも向上心を生み出すという事を、名進研に入り、六年生の後半になって感じました。

六年生ともなると、合格するためには、名進研や家庭での学習で自分が何をどうしなければならないのか、親がアドバイスしなくとも、本人が一番よくわかっています。  親にできる事は、成績を人と比べるという子どもたちが親に一番して欲しくない事を絶対しない!事だと思います。そして、子どもを信じて優しく見守る事につきるのではないでしょうか。“どれだけ遊んでいても、やる時はやる” 合格したい!という思いは自ずと効率の良い時間配分を作ります。何よりのパワーです。名進研に入り、四年生の時から、南山中学校女子部のマリア像に憧れ続け、今、その憧れが現実のものとなりました。

これからの六年生、さらに優しく見守り続けたいと思います。

自分を信じて

みなさん、こんにちは!!
私は愛知中学校、聖霊中学校、愛知淑徳中学校を受け、見事全勝し、愛知淑徳中学校に通う幸せな女の子です☆

私の受験との戦いは四年生から始まりました。だいたいテストゼミでは五年生はTN2、六年生はTN3でした。そんな私のあまり役に立たないと思いますが、アドバイスをしたいと思います☆

☆算数☆
これは、私が苦手で、最後まで克服できなかった教科です。一つだけアドバイスできることは…「テキストで毎朝計算をかかさずに!」ということです。

☆国語☆
私が一番得意で好きな教科です☆サーパスは完ペキにして、本をたくさん読んで、文章になれておくといいですよ!

☆理科☆
私にとってはビミョーな教科です。暗記物は暗記しましょう!こんなときに私はテキストで「まとめノート」を作って使いました。それは、テキストのマーカーで線を引いた所を赤で、それ以外の所を黒でノートにテキストを丸うつしする方法です♪けっこう時間がかかりますが、そうじゃないと覚えられないもので…☆計算は他の方のを参考に…ね…☆

☆社会☆
割と好きな方でした。社会もテキストで「まとめノート」がおすすめです☆

♪その他♪
自習室はオススメです!家より集中して取り組めますよ~。  学校も行った方がいいと思います。私の友達は応えんしてくれたり、「キットカット」 をくれたり、合格したときは「受かると思ってたよ~」と言ってくれて、嬉しかったで す。

当日は、自分ならできると信じて、名進研生のみなさん、がんばってください。

名進研とは

愛知県・岐阜県の中学受験・高校受験・大学受験の進学塾です。受験生を応援するページを立ち上げました。このブログで卒業生たちの熱い応援メッセージを届けていきます。

カテゴリー