2016年12月アーカイブ

テスト結果にまどわされず

みなさん、中学受験への勉強がんばっていますか?

僕は、愛知中学校・名古屋中学校・南山中学校男子部を受けてすべて合格し、南山中学校男子部に通う元名進研生です。
今から参考になるかはわかりませんが、名進研生のみなさんへアドバイスをします。

〈算数〉
 ・毎日名進研テキストで計算をやる(これは絶対やった方が良い)
 ・問題を解く時注意すること。
 ①帯分数から仮分数になおす時。
 ②問題を写した時まちがいはないか確認をする。
 ③分数の計算でわり算をかけ算になおす時。
 ④問題を最後まで読み大事な所に線を引く。

〈国語〉
 毎回ゼミ・実力テスト・入試の過去問などの文章を要約して校舎の先生に見せると良い。

〈理科〉
 確実に点がとれるように「てこ」などより、「植物」などの暗記をやった方が良い。

〈社会〉
 ・とにかく書いておぼえる。また、直しが特に重要なのでチェックペンでしるしをつけたら書いて暗記…ではなく、文章も書いて3回~5回書く(おぼえるまで)のがとても良いです。
 ・年号は語呂でおぼえる。

〈当日〉
 ・カイロを持って行く。
 ・算数のポイントブックを読む。
 ・近くにいる受験生をジャガイモとしてそれをつぶすような感じで試験にいどむ。

僕はけっこう成績が上がり下がりしていたので、みなさんもテスト結果にまどわされずがんばって日々努力してください。

楽しかった受験生活

息子の名進研生活は小学校四年生からJSクラスで始まりました。

それまでも、別のところで算数と国語を習っていたので、週二日の名進研通いも楽しそうに通っていました。ただ、いつも名進研へは自転車での通学だったため、事故に遭わないか心配でした。

そんな母の思いもよそに、気が付くとあっという間に六年生。

さすがに六年生になると、ほぼ毎日の練成教室とで毎週のテストゼミ!!名進研へ持っていくお弁当作りも始まり、慣れるまでは大変でした。

テストゼミのクラスはTN1から始まり、白星をとるものの二回連続の夢は叶わず…俊秀には行けませんでした。

しかし、成績は安定していましたし、あくまで目標は「東海合格」だったので、後期からは白星にはこだわらず、毎回ベストを尽くすようにと心がけました。

そんな我が家では、入試直前対策特訓講座も正月特訓にも参加せず、自学自習をモットーに(家計も助かります)頑張りました。

しかし、息子ときたら年が明けてもマイペースで、しばしばイライラさせられましたが、所属校の室長に伺うと、「授業中の集中力は素晴らしいです。お母さん、信じてあげてください。」と励まされ、何とか受験当日を迎えました。

愛知中学校に続き、名古屋中学校はスカラーで合格し一安心しましたが、やはり東海中学校の合格通知が届くまではひやひやでした。

10時便と思っていたのに、9時過ぎにチャイムの音が聞こえて、ビックリです。息子が自分で取りに行き青い封筒を持っています。ふと見ると、「入学の」という言葉が透けて見えています。これは合格だー!!と息子と叫び抱き合って喜びました。

この名進研での三年間、思い起こすと大変なこともありましたが、合格の喜びと感動を与えてくれた息子と、名進研での中学受験を提案してくれた主人に感謝しています。

あと一週間で入学式です。本当の桜が咲いて素晴らしい日になるでしょう。

計算の見直しを!!

名進研生のみなさん、こんにちは♪私は、金城学院中学校・愛知淑徳中学校・南山中学校女子部を受験し、すべての学校から合格をいただいた女の子です。そんな私からみなさんへちょっとしたアドバイスです。

算数
苦手でした。だからあまりいいアドバイスは出来ないのですが、一つだけ言っておくと、本番見直しをするときは、計算の見直しを!!です。

国語
とても波がありました。いいときは偏差値70、悪いとき50以下とか…。本は読むべきです。特に重松清さんの本はおすすめです。南山中学校女子部ではよくでるしねっ♪

理科
ごめんなさい!!超苦手だからっ。でも暗記は確実に!です。

社会
得意だった!!暗記の教科だから毎日こつこつやっていけば90点以上はとれるはず。あと、ゼブラのチェックペンはおすすめです。

正月特訓教室☆絶対行った方がいいです!!理由は意外とつかれないし、ご飯もおいしいし、楽しいからっ☆

まあそんな感じです。名進研生のみなさん、目標に向かって頑張ってください。 

守り抜いた二つの事

お蔭さまで第一志望校に合格でき、親子共々安堵の今日この頃です。

長男は小学四年生の後半に名進研に入会しました。最後まで名進研では基本のクラスの授業だけでしたが、さすがに最後の数ヶ月だけは夜のクラスも取りました。

正月特訓教室やテストゼミ等の講座は全く取りませんでしたが、先生方の教え方が効率よく密度が濃かったので、息子にはそれで充分でした。

成績は真ん中でした。クラスはJSとJAを毎回さ迷っていました。しかし、六年生の後半はずっとJSでした。

並行して、小学校のサッカー部に所属していました。練習や試合でよく授業を休みました。しかし、キチンとFAXで授業内容を教えてくださるというフォローがあったお蔭で、授業についていけました。

私達夫婦は共働きです。しかも、夫は単身赴任という中、息子はよく頑張ったと思います。出来立ての温かいお弁当は一度も名進研に届けられませんでした。むしろ、早朝5時に作っておいた冷え切った弁当を、名進研で文句ひとつ言わず食べていました。

親は何もしませんでした。というか、出来ませんでした。プリントの整理もノートの線引きも、全て本人にまかせていました。

合格発表は会社のパソコンのWEB上で確認しました。受験番号を見つけた時は、飛び上がりたい気持ちを押し殺すのに必死でした。

小学校に電話をして、息子にメモで教えてくださるようにお願いしました。教頭から担任、担任から長男ヘメモで伝達してくださりました。

最後に息子は、①授業は一生懸命受ける。②名進研で出された課題は手を抜かない。この二つを守り抜きました。

私は①睡眠は8時間とる。②家族の時間を大切にする。これを最後まで優先しました。

これからの時代、保育や介護、仕事やその他諸々で受験生につきっきりで構える親御さんは少なくなると思います。これがたくさんある参考のうちのひとつになれば良いと思います。

朝と夜に漢字

名進研生のみなさんこんにちは!
私は六年生から名進研に通い、第一志望である金城学院中学校に合格した元名進研生です。
そんな私からアドバイスをします。

☆国語…毎日、朝と夜に漢字を書いてください。自然に覚えることができます!

☆算数…毎日、朝と夜に名進研テキストの計算問題を5問ずつ欠かさないで!解いてください。頭の回転が速くなります!(計算が速くなります!)

☆社会…重要語句をノートに、たーーーくさん書いてください(関連づけて書くともっとイイです!)。

☆理科…私に理科を教えてくれた先生は、小テストをよくやってくれました。少しイヤだな…と思っていたけれどゼミの前に復習したりすると、とても役に立ちます。なので、見慣れている物で復習したりするとイイですよ!

私からのアドバイスできるのは、このくらいですが、どんなことがあっても絶対にあきらめないでいれば、必ず合格できます!入試当日の時は、自信をもって取り組んでください!!金城に来てね☆

今回の結果は破り捨てろ

息子は憧れの東海中学校に進学いたしました。
これも先生方の熱心できめ細やかなご指導の賜物と深く感謝申し上げております。

息子は四年生の春から最寄りの名進研に通い始めました。算数が得意だったこともあり、毎日の宿題に苦労することも無く、さっさと終わらせては大好きな読書やゲームに没頭。苦手な暗記単元の社会や理科も、私が隣に座って一問一答形式でなんとかテストに間に合わせるといった感じで、クラスはJS、テストゼミはTN1をずっとキープ、実力テストでも100番以内、名前もよく載っていたと思います。

面倒なことが大嫌いな息子は、何度言っても『書いて覚える』ことをしませんでした。そのため、テストで漢字のはらい、はねでの×、社会や理科の誤字・脱字での失点も数え切れず。それでも、騙し騙しテストは高順位をキープできていることが私には不安でたまりませんでした。

そんな息子の挫折(?)は六年生の最初のプレ中学入試でした。今までの成績からは考えられないような偏差値を取ってしまったのです。順位も400番台まで落ちてしまいました。名進研で三者面談の席で息子は先生に、次の二つのことを実行するように言われました。

気合いで乗り切る

私は、この度南山中学校女子部へ通うことになった元名進研生です。そんな私からみなさんへアドバイスです。

・国詰
 本を読みましょう。すると、自然と漢字が出て来るようになります。あとは、条件に線を引くのも大事です。

・算数
 難しいパズルをやっているつもりで、楽しみましょう。また、計算は名進研テキストの問題を毎日やりましょう。

・社会
 漢字で書けるようになるのと、年号を覚えましょう。

・理科
 名進研テキストで計算問題の解き方を覚えましょう。暗記は完璧にしましょう。

以上です。あとは、気合いで頑張ってください。応援しています。

「娘は娘、息子は息子。」

三年前の娘の受験から、今回の息子の受験まで、通算六年間先生にお世話になりました。

全ての科目で安定していた娘に比べ、息子の成績は不安定でした。成績を安定させたいのなら、もっと勉強するべきなのに、六年生になっても明確なやる気を見せない息子の姿を見るにつけ、その度に所属校の責任者の先生に相談していました。

ある時期、別の先生に次のようなニュアンスのことを言われたことがあります。 「お父さんが、息子さんと一緒に勉強しないほうが良いのではないか?」名進研で少しでも上のクラスになれば、やる気もでると思い、一緒に勉強をしてきましたので、一緒に勉強しないことになると、これまでの「親としての接し方」を180度変えることになるので、勇気が必要でした。

油断大敵!

僕は、愛知中学校、名古屋中学校(スカラー)、東海中学校に合格できた元名進研生です。ついでに言うと東海中学校に通います。そんな僕の勉強法とその他もろもろを名進研生のみなさんに紹介します。

算数… 一.名進研で解いた問題のやりかたを絶対に忘れない!「こんなこと、神か仏かコンピューターしかできないだろ!」←そんな人のためのやり方、こまめにテキストの解説や答えを見て答え合わせをする(見すぎは×)。ちなみに東大に合格できた人の多くがこの方法で勉強していたらしい…。
二.テキストを使って朝計は絶対にやる!←そんなエラソーなことを言っている僕は、はじめぜんぜんやっていなかったが、やりはじめたら計算ミスをあまりしなくなった。←の他にも計算するスピードがはやくなって、テストで問題を解く時間が減るという利点も。朝おきて5分くらいやりましょう!合格が近づきます。

国語… 一.漢字はひたすら書いて覚える!(漢字テストなどでよし)受験で漢字ミスはチョーゴメン。
二.テキストの解説うつしは合格の絶対条件。「解説うつしって効果あるの?ただ手がつかれてめんどうなだけじゃん(汗)」←たしかにめんどうです(僕がそうだった…)。でもサボると国語力はつきません。コツコツやってみましょう。合格がまた近づきます。

社会… 一.歴史にはやくからなじむ!早ければ早いほど歴史は得意になります(ちなみに僕は三年生のころから、歴史に興味をもっていたので六年生のプレ中学入試はいつも社会によってすくわれていました(笑))。「どうやって歴史になじんでいけばいいですか?」オススメは「まんが日本の歴史」(注 集英社のまわし者ではありません)家にない人は買ってもらうか、本棚にあるのを読んでください。
二.家のどこか一ヶ所に日本地図をはる!(ノリで自分の部屋の壁全部にはってもいいくらい大事)自分で地図をかいて、そこに工業都市や山、川などを書き込んで、オリジナルを作ってもいい!(僕がそうだった)

理科… 一.テキストを見て公式を頭にたたきこむ!試験当日覚えたハズの公式が意外にでてこないということも…。

その他……油断は禁物(ちなみに僕は油断しすぎたため、テストゼミで評価7→★→8→★などということをくりかえしました(笑)

僕のやりかたを参考にしながら、(このショーもないやりかたを)第一志望校を目指してがんばってください!

縁起を担いで

主人は中学受験経験者ですが、それは何十年も昔の話。今と全く違います。四年生から、私たち一家にとってわからないことだらけの名進研での受験生活が始まりました。

テストの結果に一喜一憂。普段の子供の頑張りを見ずに結果ばかりを求めていました。

うちの場合は子供の方から受験したいと言い出したこともあり、「本当に合格したいなら、今、一生に一度死ぬほど勉強しなさい。それができないのなら受験なんてやめなさいッ!」と何度怒鳴ったことか。しかし、その度に「絶対やめない!」と言い張る子供の強情さにさえ腹を立てたりもしました(ここで、「じゃあやめる」と言われても腹を立てていたと思いますが)。

字数にまどわされない

こんにちは。僕は東海中学校・名古屋中学校・愛知中学校に合格し、東海中学校に通う者です。早速合格へのアドバイスをみなさんにさせていただきます。

国 語
・とにかく字数にまどわされない。字数が多いほどいろいろな内容が入るから書きやすいです。
・全部の問題がそうですが、特に自由記述と記号は白紙で出してはもったいないから、とにかく何か書いておきましょう。
・漢字・言語はテキストを使って毎日こつこつやりましょう。

算 数
・とにかく図を描いて考えましょう。テストなど、どんなに難しい問題でも図を描けばとても簡単に解けます。
・テキストを使って毎朝計算問題を解きましょう。

理 科
・入試直前は記おく単元を徹底的に復習しましょう。
・専用のノートを作ってそれにテストなどで間違えた問題や図・写真をまとめておくと復習する時に便利です。

社 会
・とにかく書きましょう。理科と同じようにテストなどで間違えた問題や写真・資料をまとめるノートを作っておくと復習のときにとても便利だし入試前に見るものになります。
・ひまな時間やあいた時間に年表をながめたりしているとならべかえ問題に強くなります。
・テキスト以外にも学校の教科書からもけっこう問題として出るので学校の休み時間に読んでおくといいです。
・東海中学校は地理と歴史がよく出るので入試直前には集中的にやったほうがよいです。

その他
・名進研でもらったプリントの整理はきちんとしましょう。後でふり返る時に整理されていないと困ります。
・記号問題はわからなくてもとりあえずかいておきましょう。
・とにかく最後まであきらめずにやりましょう。

以上でみなさんへのアドバイスは終りです。東海中学校でまっています。ガンバレ!名進研生。 

まずは白星1個を目標に!

「やったー合格だ!!」

東海中学校からの合格通知を開いたときの息子の第一声でした。

朝10時に届いた封筒を恐る恐るテーブルに置き、息子から「学校から帰るまでは開けないで」と言われていたので結果を見る事もできず、先生からは早く結果を知らせて欲しいと電話でせかされ、そわそわしながら夕方までの時間の長いこと…。妙に喉は渇くし、冷や汗は出るしで、その日は一日がとても長く感じられました。

しかし、「合格」の知らせにこれまでの疲れも吹き飛び、案外けろりとしている息子とは対照的に、私は一人号泣していました。これまでの苦しかった三年間が走馬燈のように脳裏をよぎったからです。

思えば三年前名進研に通い始めたころは、中学受験というものを所詮最終目標ではないし、そんなに真剣にならなくても…と軽く考えていました。でもたかが中学受験、されど中学受験なのです。受験生はまだ小学生なので、両親や周りのサポート無しには到底乗り切れるものではありません。ましてや志望校への合格を勝ち取るためには本人、先生、両親が三位一体となって真剣に取り組む覚悟が必要だったのです。

そうは言っても山あり谷あり。決していつも順調だったとは言えません。六年生の十月、そろそろラストスパートと言う時期に運悪く手の指を骨折してしまい、それを機に運気も下がったのかずっとキープしていた俊秀クラスから落ちてしまったのです。

自分のペースをつくって

私は、愛知中学校、名古屋女子大学中学校、愛知淑徳中学校、滝中学校、南山中学校女子部と受験校全てに合格し、滝中学校に通う元名進研生です。早速名進研生のみなさんにアドバイスをします(参考になるかは分かりませんが…)。

〈算数〉(得意な方でした)
・名進研テキストの例題や基本問題、練成A問題を完ペキにする!!
・公式は絶対に覚える!!(丸暗記はNG)
☆私は算数の質問はほとんどせず、テキストの解説を読んで理解しました(分からないものは解説を読み、ノートに式や図を写す→どうしてその式や図になるかを考える→それでも分からない時は先生に質問していました)。

決断の時

名進研には、小学五年生から二年間お世話になりました。

名進研への入会の動機は、息子の「地元の中学校には行きたくない」との考えによるものでした。二歳上の姉は公立中学校に通っており、私共にとっては初めての中学受験になりました。そのため情報にも乏しく、手探り状態のスタートでした。動機が動機のため、本人にすごく行きたい中学校がない事。これが最後まで引きずる事になります。

うちは普通の家庭。特に私立中学校に行く必要もなく正直お金もかかります。どうせ行くならレベルも高く、親子が満足できる中学校に入ってほしいと願っておりました。

五年生の最初に見学した南山中学校男子部に親は感激し、ほぼ第一志望となっておりましたが、息子は息子なりに名進研で友人の情報を集め、己の実力の無さを省みず、「東海中学校に行きたい」と申す様になりました。実際息子のクラスは東海中学校を目指すお子さんばかり。はるか後方に位置する息子にとって現実的ではない目標でしたが、クラス中が放つ毒気(?)にあてられた様でした。

しかし、六年生の夏期講習で疲れ切ったのか、九月から名進研での成績はガタ落ち。何よりも、「皆が行くから僕も東海中学校」というモチベーションのなさが現実逃避をはかり、全授業で居眠りをする事態に発展しました。

結果、十一月の名進研プレ中学入試でJAクラスへ。志望校全て20%以下。続く東海中プレ入試では算国評価1。既に受験に落ちた気分を味わいました。

常々、第一志望でなければ公立中学校に行けと言っていた私達。何のための名進研での二年だったのか、受験だったのか。

さすがに落ち込んでいる息子と話し合い、「どうしても東海中学校ならば、つらくても歯をくいしばって名進研で勉強して合格しなさい。落ちたら公立中学校に行きなさい。悔いのない受験をしよう。そうでないなら、少しでも可能性のある中学校に照準を合わせ絶対合格しよう」と。

十二月上旬に第一志望を南山中学校男子部に決定。先生の指示のもと、独力で過去問、作図に取り組みました。やっとお尻に火がついたのか、一月の名進研プレ中学入試で初めて評価の桜がほぼ満開になりました。

試験近くには、上の子がインフルエンザ、胃腸風邪になり、息子にはうつらないかとハラハラしつつ、無事終了。合格通知が届く日は、疲れからか私がめまいに襲われつつ、電燈に透かして指をなぞると、「…格…めで…う」の文字が。号泣しつつ、嬉しさよりも安堵の気持ちで一杯でした。

合格感謝式では神父様のお言葉で涙。本当にいい中学校に合格させて頂いて感謝しています。皆様、困った時は初心に還り、何故受験するに到ったかを思い出してみてください。

勉強を楽しむこと

僕は「愛知工業大学附属中学校」「名古屋中学校」「東海中学校」「滝中学校」を受験し、東海中学校だけ落ちたという、まあどこにでもいそうな元名進研生です。僕は運良く滝中学校に通う事ができますが、名進研生の皆さんには全校受かってほしいので、受験勉強のアドバイスをここでさせてもらいます。

・国 語…漢字言語を完璧にしておく。本を読むのは六年生の夏までにしておいてください。

・算 数…朝の10分でテキストの計算問題を解く。六年生になったら、受験算数ポイントブックを持ち歩く。

・理 科…とにかく計算問題を解く。

・社 会…毎日ニュースを見る。漢字は殴り書きで覚える。

・四科目…間違えた問題を放置しない。問題を解くのに時間をかけない。

この中に無い自分にあった勉強法やもっと効率的な勉強法もきっとあることでしょう。その勉強法とやる気があれば必ず合格を勝ちとれます。後は勉強を楽しむことです。

これから受験に立ち向かって行く名進研生の皆さん、一番大切な事は、「やる気」です。合格目指して名進研で頑張ってください。

最後の最後で

私立中学校出身の友人に情緒的豊かさを感じることがあり、進路の選択肢が増えるのは良いかもと思い、三年生の三月より娘を名進研に入会させました。
中学受験について然したる知識も覚悟もないスタートでした。

四年生は毎日勉強する習慣をつけ、総仕上げテストで良い結果を目指しました。五年生になると勉強量も増え、子供の自我の発達から度々衝突するようになりました。親の方が音をあげてしまい受験を止めるよう言っても、娘は名進研をやめるとは絶対に言いませんでした。後半からはほぼ自立し、口出しは最低限に止めました。私もようやく受験に対して腹が据わってきました。

希望は最後までもて!

僕は、東海中学校・滝中学校・名古屋中学校・鶯谷中学校を受け、東海中学校がすべった、寿司が大好きな元名進研生です。
僕は、東海中学校がすべった時には、明日は大丈夫か心配でした。しかし受かってほっとしました。僕からみなさんに勉強のアドバイスをします。

国語…普通だったけれど中日新聞の中日春秋を写すのがおすすめです。

算数…超苦手でした。しかし、テキストの問題を沢山といてたら少しずつ成績も上がりました。

理科…見れるものは、見といたほうがいい(昆虫や植物や星座)。

社会…超得意でした。一日で100%中80%を覚え、歴史は5W1Hで覚えよう。

僕は、テストゼミの算数で五点を取りました。それでも一生懸命頑張れば、頑張った分だけ結果はでます。ですので最後まで希望はすてずに頑張ってください。僕は、実は、名進研正月特訓の授業の時に夜まで勉強していて、眠ってしまいました。

たとえテストの成績・テストゼミの成績が良くなくても最後まで希望を持ってやってください。最後は今までの勉強量と、その学校に行きたいと思う気持ちが大切です。今からでもおそくないので頑張ってください。

頑張った後には楽しい学校生活が待っています。

最後に、先生やチューターの先生方、本当にありがとうございました。

おかげさまで、息子は第一志望の東海中学校に合格しました。

名古屋中学校の試験当日、主人と息子は少し緊張した様子で出掛けました。試験を終えて帰ってきた息子は「多分、合格はしていると思うけど力を出しきれなかった。スカラーじゃないと思う。」と言いました。主人も「調子が出なかったみたい。東海中学校の時は、お母さんも一緒に行った方がいい。お母さんの明るさがすごく力になると思うよ。」と言い、東海中学校の試験当日は夫婦で息子に付き添いました。

その頃、私は病気を二つ抱え、長時間の外出が出来ない状態でした。それでも「東海中学校に行きたい」と言い続けた息子のために、どんなに体調が悪くても付き添って応援してやりたかったのです。試験会場へ向かう息子は振り返らず、人の波にまぎれていきました。試験を終え、友達と話しながら出てきた息子は「算数は難しかったけど、ほかの三教科はいいと思う」と言いました。親子三人でお弁当を食べながら「面接は自分の言葉で自分らしく答えればいいからね。」とアドバイスをし、無事、面接を終えました。

東海中学校合格発表の朝、速達を受け取る時、手が震え、合格の文字を見ても信じられず、何度も何度も指で文字を確認しながら読み、主人へ電話。その後、校舎へ電話。「東海中学校に合格しました。」と伝えると、電話のむこうから室長先生の「やった!」という声と女性の先生方の「キャー!!」という叫びが聞こえてきました。所属校の中で東海中学校合格の連絡第一号だったそうです。

後日、校舎へ御礼に伺った時、女性の先生と抱き合って喜びを分かち合いました。心から喜んでくださる先生方の姿に感激し、名進研にお世話になって本当によかったと思いました。先生方を100%信じていた息子は、試験前、お守りとして頂いた先生方の写真と名進研のハチマキに書いてくださった先生方のメッセージを見て心を落ち着かせて試験に挑んだそうです。

今、息子は「楽しかった。もっと名進研に行きたかった。名進研生活が無くなってさみしい」と言っています。長男の中学受験の全てを見ていた次男は「僕もお兄ちゃんみたいに名進研で勉強して東海中学校へ行きたい。」と言い、三年生で名進研に入会する日を楽しみにしています。

最後になりましたが、所属校の先生方、本当にありがとうございました。心から感謝しています。

「Believe=信じる」

私は、南山中学校女子部、滝中学校、愛知淑徳中学校、金城学院中学校、鶯谷中学校を受験して、すべてに合格してあこがれの南山中学校女子部に通うことになりました。
みなさんは、あこがれの中学校に通いたいと思いませんか?
思いますよね。
そんなみなさんに私からアドバイスをしたいと思います。

♪算数♪
 ☆1 手を動かすこと
  これはよく名進研の先生に言われました。それほど大切なのです。でもその大切さを知るためには実際にやってみることです。みなさんも一度ためしてみてください。

 ☆2 図や式はていねいに書くこと
  後から問題を見ると、わかりやすいので解きやすいです。

♪国語♪
 ☆1 私は六年生の十月ごろスランプになり苦労しました。その原因は自分に自信が持てなくなったからでした。それを克服するために名進研の先生方と協力して、テキストの問題をたくさん解きました。そうして毎日解くと自然に自信が持ててスランプを乗り越えることができました。

♪理科♪
 ☆1 いつも身の回りに注意する
  例えば名進研の行き帰りに外に出たら植物を見るなどをすれば知識が広がると思います。

 ☆2 楽しく覚える
  これは社会にも言えることですが歌やリズムをとって覚えてみることです。そうすると名進研のテスト中など頭にうかびやすいです。

♪社会♪
 ☆1 ニュースを見る
  政治もそうですが他にも世の中の出来事を知るということが時事問題にも役に立ちます。

 ☆2 家族と話す
  ニュースで見たことを家族で話すことによって、あの時話したなとか何かとの関連が見つかるかもしれません。

♪普段から気をつけたいこと♪
 ☆1 朝早く起きるようにする
  これは入試の日必ず大切となってくることです。私は親にCDやDVDをかけてもらって目覚めていました。

最後に一つだけ書きたいことがあります。受験当日はとにかく「Believe=信じる」この言葉通り自分を信じてください。それからいままで支えてくれた名進研の先生方、両親への感謝を忘れずに会場に向かってください。

あこがれの学校は名進研生のみなさんを待っています。ですので一生懸命名進研でがんばってください。南山中学校女子部で待っています。

「二人目のプレッシャー」

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とはよく言ったもので、二年前の長男の受験時に味わった入試独特の緊張感は、すっかり過去のものとなっていて記憶から姿を消していました。

兄弟、性格は異なっていたものの、名進研での成績の推移の仕方は類似していました。四、五年生の時は、多少ジェットコースターのような波はあったものの、六年生になってからは成績も安定しており「このまま行けば大丈夫だ」と安心して見守っていました。

二人目ということで受験の流れも分かっていましたし、漠然とした不安感もなく年を越しました。

ところが、いざ入試がスタートするという数日前から、私自身が自分でもびっくりするような精神状態に陥ったのです。普段なら笑いとばしてしまうようなことにも過剰に反応してしまい、所属校の先生に電話を掛けて話を聞いてもらう程でした。これが俗に言う“同性兄弟の二人目のプレッシャー”なのだと実感しました。しかし、受験生である子供の前では動謡している自分を見せまいと、これまで以上に努めて明るく振る舞いました。

名古屋中学校よりスカラー合格をいただき「さあ、勢いにのって東海中学校も合格だ!」と、意気込んで迎えた入試前日の夕方に、息子が突然の嘔吐と下痢。さすがに頭の中が真っ白になりました。お医者様からも、この状態では受験するのをあきらめた方がよいのではないか、とも言われました。しかし、何よりも息子自身が「這ってでも行く」と聞かず、前日から何も胃に入れていない状態で当日の入試に臨んだのでした。幸い、一度も席を中座することなく受験を終えることができました。

“やることは全てやり切った。あとは天命に任せるしかない”と祈った合格発表までの数日間。まさに一日千秋の想いでした。

水色の封筒を受け取り、合格通知書をこの目で確認した時の感動は長男の時よりも何倍もうれしいものでした。

入試というものは、本当に最後の最後まで何が起こるか分からないものです。百人いれば百通りのストーリーがあるのでしょう。

最悪のコンディションでも持っている力を出し切った息子の精神力は、名進研に通い、中学受験を経験したからこそ培われたものだと思います。

長男の時から通算して五年間、所属校の先生方には本当にお世話になりました。兄弟揃って同じ中学校に通えることに感謝しております。ありがとうございました。

やりやすい問題から

私は、第一志望校の椙山女学園中学校に通う幸せ者です。さっそくですが、私から名進研生のみなさんへのアドバイスです。

〈算数〉
とても苦手です。テストでの計算ミスをするともったいないです。テキストを使って計算ミスには気をつけましょう。

〈国語〉
漢字や言語事項などは、テキストで暗記しておくと有利です。文章題の問題がテストに出たら、自分のやりやすい問題から始めるといいです。

〈理科〉
私は、暗記部分をがんばって覚えました。てこの問題などの計算はテキストの問題をといていくうちに少しずつできるようになりました。

〈社会〉
暗記科目です。私は歴史より地理の方が点数はよかったです。

それから全科目について、先生が大事といった所は、マーカーやペンで書いたり丸でかこんでおいた方がいいです!一色で同じようにしておくともっと見やすいです(人それぞれですけどね)。

合格をめざしてがんばってください☆

『名進研を選んで良かった』

娘は六年生から名進研へ転塾しました。徒歩圏内にあった塾から、電車に乗って往復1時間半以上かかる名進研へ行くことの体力ヘの負担、そして学習方法・内容の違い等のデメリットを考え、転塾はたいへん悩みました。しかし「姉と同じ南山中学校女子部にどうしても通いたい」という本人の強い希望があり、実績のある名進研への転塾を決めました。

転塾してすぐは、本当に転塾して良かったのかと、何度も自問自答しました。しかし本人はランドセルからすぐに塾用カバンに持ちかえて電車に乗り、帰りも22時半にしか家に着けない生活に、一度も名進研をやめたいと言うこともなく、がんばり続けました。

夏休み前までは成績も順調で、少し安心していました。しかし夏休みから成績がどんどん落ちていきました。遊んでいるわけでもなく、むしろ勉強時間が増えているにもかかわらず十一月の名進研プレ中学入試では、半年前に比べると偏差値では-15、順位では530位も落ちてしまい、言葉が見つかりませんでした。

カラーで見てみる

わたしは、四月から愛知淑徳中学校に通うことになった、中学校生活を楽しみにしている女の子です!

名進研生のみなさんに、少しだけですがアドバイスをしたいと思います(^o^)/

☆算数☆
苦手科目なのであまりアドバイスすることはありませんが…(-_-)!!唯一いえることは、計算です!!毎日少しずつでもいいですから、テキストの計算をやってみてください。計算が楽にできるようになることで、算数が楽になると思います。だから、計算は、何が何でも正解してください!あと、公式は結構使えるので、テキストで完璧におぼえるのがいいと思います。

★国語★
国語が嫌いな子は、まずたくさん本を読んでみるといいと思います。なんでもいいですが、挿絵が少ないもの、なるべく長いものがいいかと思います。そして、たくさんの言葉を覚えてください。わからない言葉、読めなかった漢字があったら、即、辞書などで調べてみるといいと思います。

☆理科☆
計算などは、テキストを使ってわかるまで何回でも、やり直してみてください。暗記の動植物などは、図鑑でも何でもいいですが、カラーで見てみることをおすすめします。そして、何回もくり返し見てください。

★社会★
暗記するときに、年号などは自分で語呂合わせをつくるといいと思います(^_-)-☆そして、どうしても覚えられない言葉がある時は、自分が納得するまで、紙に書いてください。目で見るだけでなく、書いてみるのもいいと思います。あと、楽しみながら覚えると覚えやすいかと思います。いやいややっていても、あまり覚えられませんから…

まぁ、ざっとこんな感じです。
算数が苦手でも、私のように名進研で合格を勝ち取ることができます☆☆☆

あきらめないでください。こんなことしかできませんが、遠くから名進研生の皆さんのご健闘をお祈りいたしております。

来年、どんな名進研生が愛知淑徳中学校にくるのか、楽しみに待っています!!がんばってください☆(^・^)

名進研とは

愛知県・岐阜県の中学受験・高校受験・大学受験の進学塾です。受験生を応援するページを立ち上げました。このブログで卒業生たちの熱い応援メッセージを届けていきます。

カテゴリー