2017年3月アーカイブ

息子からの言葉

「僕、滝中学校に入って勉強したい!」
特に、親が勧めた訳ではなかったのですが、四年生になる前に、息子がこう言いました。

私立中学校に行かせたい、という気持ちは正直ありました。でも、自分から言い出したことには、驚きました。

受験をするなら、塾に入ってたくさん勉強しなければいけないことや、友達ともあまり遊べなくなることを伝えましたが、息子の気持ちは変わりませんでした。

こうして、三年生の三月に名進研に入会することになりました。四、五年生の頃は、他の習い事もいくつかしていましたが、六年生のときは名進研だけに集中しました。

六年生になってからは本当に勉強漬けの毎日で、あまりにも小学生らしくない生活に、親の私の方がこれでいいのか悩んだこともありました。でも息子は、大変ながらも名進研に通うことが楽しかったようで、辞めたいと言ったことは一度もありませんでした。

入会してから三年間、色々な事がありました。息子が頑張っているのは分かっていたし、テストの結果で一喜一憂してはいけないことも分かっていたのに、親の私の方が不安になりイライラしてしまったこともありました。もっと長い目で見守って、もっとたくさん励ましてあげれば良かったと反省しています。

滝中学校の受験当日、二月にしては暖かい日で息子の体調も万全でした。校舎の手前で息子と握手し、「頑張ってくるね!」と手を振る息子を見守りました。頼もしい後ろ姿でした。

先生方の熱心な御指導と、息子の努力によって、受験した四校全て合格することができました。四月からは、第一志望校の滝中学校に入学します。この三年間、息子は、名進研で最後まであきらめずにやり遂げる大切さを学びました。我が子ながら、本当に立派だと思います。

そして、いつも励まし支えてくださった先生方に心から感謝いたします。ありがとうございました。

2017/3/30 20:00
南山中学校女子部の募集定員に関して、減少する旨の表記が文中にございました。
過去の体験記から引用したため、誤った記載となってしまいました。
現在、募集定員が減少するといった情報はございません。
ご迷惑をおかけした読者の皆さまに深くお詫び申し上げます。

 

みなさんこんにちは!私は受験校すべての合格を勝ちとり、見事第一志望の南山中学校女子部☆に通う女の子デス☆では、こんな私の勉強法を教えまーす♪

算数
とりあえず問題の間違い直しをカンペキにやり込むことですかね…。一月は特にやり直しに重点を置くべきだと思います☆

国語
本を読む事!!金城学院中学校と愛知淑徳中学校で、私の読んだ文章がでました!それから、記述は何回も書き直しましょう!

「どの学校も良い学校」

今年次女が無事志望校に合格し、我が家の中学受験生活が終わりました。四つ年上の長女が五年生の春に名進研にお世話になってから、途中ブランクがあったもののあっという間の六年間でした。

六年前の春に突然長女が中学受験をしたいと言い出してから私達家族は、何も知識を持たないまま長女の固い意志だけで、この世界にとび込みました。

入会説明会の時、担当の先生の「どの学校も私立中学校は良い学校です。どうしてもこの学校でなければだめだというのではなく、広い視野でいろいろな学校を見てみてください。」という言葉が妙に心に残りましたが、その時はその言葉の本当の意味は理解していませんでした。まさかそれから二年後、その言葉を繰り返し長女に言い聞かせることになるとは、想像もしませんでした。

授業が大切

僕は、愛知中学校、名古屋中学校(スカラー)、東海中学校、滝中学校を全勝合格し、東海中学校に通います。

五年生の最初に名進研に入り、JAクラスからスタートでした。それからJSクラスに上がり、前期はJSクラスの上の方と下の方をさまよっていましたが、後期からは上の方をだいぶ維持できるようになりました。それでは名進研生のみなさんにアドバイスっぽいものをしましょう。

全ての教科において、宿題と復習は必ずしましょう。授業が一番大切です。授業中に居眠りするなんて言語道断です。僕は六年生からですが、テストゼミは受けたほうがいいです。それからこれも六年生からでしたが、自習室も利用しましょう。

入試当日は自分は沢山のことをやってきたのだから絶対合格できると思いましょう。先生とは必ず手袋をはずして素手で握手しましょう。問題が解けそうな気がしますよ(何とな~くです…)。

僕からのアドバイスはこれくらいです。他の人のも参考にしてください。

今、とても大変だと思いますが、先生の言葉を信じ、ひたすら努力を続ければ合格は見えてくるはずです。

頑張ってください。

テスト結果は気にしない

受験生のみなさん、こんにちは!私は愛知中学校(特奨)・愛知淑徳中学校・滝中学校・南山中学校女子部に合格し、この春から第一志望の南山中学校女子部に行くことになった超幸せな元名進研生です。実は私、十月(入試まであと約三ヶ月)にクラスが俊秀からTN1に落ちているんです!でもなんとか入試直前の頃には俊秀クラスに戻ることができました☆(めでたしめでたし)。そんな私から、受験生のみなさんに少しアドバイスをしたいと思います。

☆国語☆(正直言うと少し苦手でした)
・漢字・言語はテキストで完ペキに!
・物語文はどんな様子なのか想像して!
・ヒマなら本を読もう(特に重松清がオススメ)
・問題文の条件チェックも絶対に!!

常にランクアップを目指し

長女からの四年間の名進研への通塾は、次女にとっては生活の一部となり、受験が終了した時は「何をすればいいの?」と戸惑っていました。

次女も長女と同じ学校を選び進学していくと思っていました。次女も周囲に何か言われても志望校にしていました。しかし、既に合格圏内に入る成績で楽勝を決めていた夏期講習のクラス割りで、今まで一緒に学んでいた仲間達がどんどん上を目指しレベルアップしていく姿を見た娘は考えました。本当に自分が行きたい志望校に切り替えて頑張ろう、と。

常にランクアップを目指し、有言実行の目の当たりの連続でした。時には小学校の友人達を羨み、八ツ当たりもされましたが、所属校での仲間達との交流はもう一つの学校生活となり、娘の楽しみでもありました。テストゼミの帰りなのに、楽しげな様子をしていました。

「四月からも皆と通いたい」。ならば、みんなと頑張ろうと、次女は親が言わなくても、自分で学習作戦を考え、黙々とこなしていきました。親として常にリラックスできるように、勉強だけでなく名進研へもっていくお弁当は、熊を描いたそぼろ弁当、熱々グラタン弁当、シチュー、おでん、とお弁当箱を開けた時に笑えるようなメニューばかりを考えていました。実際、受験一校目で親子で大爆笑する出来事があり、笑顔で受験でき、残りも親子で平常心以上に過ごすことができました。

受験校より合格通知が届き、娘が選んだ学校の制服は彼女によく似合うブルーのセーラー服です。少し大きめがピッタリになる頃はどんな夢を持ち、叶える為にまたどんな作戦を考えているのでしょうか。楽しみです。

"毎日こつこつ"を大切に!

こんにちは、名進研生の皆さん、僕は春から第一志望であった東海中学校に通う幸せ者です。そんな僕からみなさんにアドバイスをしていきましょう。

☆算 数☆
これは僕の得意な教科なので、特にアドバイスをすることはできませんが、朝早く起きてすぐにテキストで計算をすることと宿題は多いけれどきちんとやり抜くことが秘訣です。

☆理 科☆
てこや滑車が苦手な人は実際に実験をやってみるといいと思います。植物を覚えるのが大変な人は花の図にその花の色をぬるといいですよ。

☆社 会☆
これはまあまあ得意な教科でした。僕の場合、歴史。歴史は「マンガ日本史」を定期購読したり年号を語呂合わせで覚えたりしました。地理は地図帳や資料などを日頃から見ておくといいと思います。

☆国 語☆
これは、すごく苦手な教科であり、先生に夜の11時までアドバイスを受けていたこともありました。僕は特に記述問題が苦手だったので「朝日小学生新聞」の一面を毎朝まとめることに取り組みました。その結果、入試の時の記述問題も自信を持って解くことができました。問題文には線を引いたりマークをつけたりするのもいいです。

☆その他☆
自分だけの「作戦ノート」を作り、一日の課題を書きだし、その日に取り組むことが一目でわかるようにしました。

僕は六年生になって成績が下がり、最後にはなんとかキープしていたTN2のクラスからTN3のクラスに落ちてしまいました。しかし、それでもめげず、あきらめず、毎日こつこつ努力を積み重ねていったので、入試本番には自分の実力を出し切る事ができました。みなさんもこれからは大変だと思いますが、合格した時の喜びは大きいので頑張ってください。最後に、三年間教えてくださった先生方ありがとうございました。 

笑顔でいた方が

長女は、南山中学校女子部他三校の合格を頂きました。春から第一志望の南山中学校女子部に通います。

名進研には、小学三年生のピラミッド倶楽部から通い始めました。今から思えばピラミッドの内容も、考える力、図形等の閃きの力がついて受験に役に立ったと思います。

四年生は、クラスはJSとJAをいったりきたりの成績でしたが、五年生からはJSに固定する様になりました。しかし、テストゼミは、五・六年生共TN1とTN2をいったりきたりの状態で俊秀に上がる事は無かったです。

まだ、小学生なのに、受験勉強を辛い思い出にしたくなかったので、やりがいの有る事として前向きにとらえる様に誘導しました。笑顔でいた方が、同じ時間勉強しても、集中力が増して良い結果がでると考えていたので怒らず、冷静に、時には冗談を言い、なるべく明るい雰囲気を作る様に、親としては気をつけておりました。

長女は、南山中学校女子部が大好きなので、毎日コツコツと勉強しており、十一才の子供が一生懸命、自分の目標に向かって努力する姿に私も感動しました。本当に名進研で良い経験ができたと思っております。

私が不安な時は、合格体験記から力を貰いました。やはり、子供によってアプローチの仕方は、それぞれだと思いますので、私が皆様にアドバイスできる事は少ないと考えますが、この体験記が、少しでもお役に立つなら幸いに存じます。

先生方は、本当に一生懸命ご指導してくださいました。

ご家族で志望校への強い思いを持って、どうか、ご両親は、お子さんを信じて頑張ってください。

拙い文章を最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

見極める力

名進研生のみなさん、こんにちは!!僕は東海中学校、滝中学校、愛知中学校、名古屋中学校に合格し、この春から東海生になった名進研OBです。そんな僕からみなさんにアドバイスをしたいと思います。勉強の息抜きにでも読んでください。

〈国語〉
・テキストで漢字と文法事項を完璧にする。
・できるだけたくさん本を読む。いろいろな文章にふれることで自然と国語力もついてきます。

〈算数〉
・毎朝計算問題を解く。
・算数は実際のテストの時、時間配分が大切になってくるので、解かなければいけない問題(基本問題)か解かなくても良い問題(発展問題)かそれとも解けるか解けないかで点差がつく問題(応用問題)かを見極める力をつけることが必要です。

〈理科〉
・暗記事項は完璧に覚える。
・計算単元はテキストで大体のパターンを覚えると、意外に簡単に解けます。

〈社会〉
・とにかく覚える。六年生の前期まではとことん覚えるのみです。ただ、後期は覚えたことを活用する力が必要です。

〈正月特訓教室〉
・行った方が良いと思います。三日間集中して勉強する事で、「自分はこれだけやったんだ!!」という自信がつき、年明けの勉強にも身が入ります。

〈入試直前〉
・今まで貯えてきた自分の力を信じてひたすら勉強してください。苦手を克服するより、得意なものをさらにのばす方が良いと思います。

〈入試当日〉
・入試会場に着いたら今までお世話になった先生方に握手をしてもらう。そして「自分は絶対に合格するんだ!!」という気持ちで臨んでください。

〈最後に〉
・僕を合格に導いてくださった先生方、ありがとうございました!!
・名進研生のみなさん、合格まで頑張ってください。陰ながら応接しています。 

中学受験で得たもの

この四月、長女が南山中学校女子部に入学します。

合格通知を待つ日は、朝から落ち着かない時を過ごしましたが、受け取った封筒の厚みと重さに、心底ほっとし、感謝の気持ちが込み上げました。

直前の模試は不安な結果でしたが、愛知中学の特奨合格ではずみがつき、気をよくしたのもつかの間、南山中学校女子部本番二日前に発熱。『もう頭がいっぱいで、これ以上覚えられないよ。やれるだけやったもん。』と言って、16時間も眠り続ける娘をみて、『本当によく頑張ったなぁ…』と感慨深いものがありました。

中学受験をするにあたり、親として決めたことがあります。

努力は人を裏切らない

受験生のみなさんこんにちは。

私は金城学院中学校、愛知淑徳中学校、南山中学校女子部に全て合格し、南山中学校女子部に通う元名進研生の女の子です!そんな私からみなさんにアドバイスです。

★算数★
私の一番得意な教科です。わからない所があったらすぐに先生に質問して、しっかりと理解することが大切です。そして理解したかを確かめるために、自分でもう一度解いてみよう。公式はただテキストを覚えるだけではなく意味もしっかり覚えよう!

★国語★
私の一番苦手な教科ですが、苦手と意識しすぎない方がいいです。また、語句では、ミスのないように何度もしっかり練習しよう。文章中にはしっかりと線をひいたり、印をつけたりしよう。条件チェックも忘れずに!

★理科★
学校教科書に出てくる写真をしっかりチェック!暗記単元ではミスのないように!計算単元では名進研テキストを使って理解するまでトライ!

★社会★
歴史上人物はたくさん書いてしっかりと漢字を書けるように!また、いつの時代の人か何をやった人かを結びつけられるようにしよう!年号はゴロ合わせで覚えるのがオススメ!毎朝、新聞を読んで時事問題をチェックしよう(理科も)。

最後に、私は夏休みくらいからスランプが冬休みまでつづきました。でも、あきらめずに努力して、最後のプレ中学入試では所属校で1位をとることができました。

努力は人を裏切りません。名進研生のみなさん、自分を信じて、あきらめないでがんばってください!! 

我が子を信じて

お蔭様で第一志望の東海中学校に合格することができ、穏やかな日々を過ごしております。普通の子をここまで導いていただいた先生方にはとても感謝しております。

中学受験のきっかけは、息子本人が言い出した事でした。クラスメイトに誘われたようですが、やるからには、途中で投げ出さない、志望校は東海と決めて始めました。

五年生になる三月から名進研にお世話になり、それまで学習塾に通ったことがない息子にとっては想像以上に大変でした。名進研から出される宿題の多さに泣きながら机に向かっていたことを思い出します。

そして、次第に生活にも慣れ一年が過ぎ、六年生になりました。名進研での成績は、だいたいJS2クラス。大きく下がることもなければ上がることも無し。私が言い出さないと机にも向かわず、自ら勉強しない息子にイライラしていました。そんな時、先生からは、「本人のやる気に関わらず、宿題などやるべき事はやっています。大丈夫ですよ。まだ小学生です。自分から進んでやる子は少ないです。意志に関係なくやることをやっていれば大丈夫です。」と言われました。受験生はみんな自分から進んで勉強していると思っていたのでその言葉に救われました。

また、親として心配だったのは、夏期講習と正月特訓教室でした。暑い中、テキストが入った重たいリュックを背追い、ほぼ毎日朝から夕方までよく通ったと思います。又、冬の正月特訓教室では親元を離れ二泊三日、途中で帰宅することなく、無事終えました。親が心配するより子供はたくましかったと思います。もちろんお友達や先生方の支えがあったからこそと強く感じています。

又、試験当日の先生方の笑顔は忘れられません。緊張している子供に近寄り、「大丈夫!!」「今までの力を存分にぶつけてこい!!」と笑顔の目にも力強さがあり、子供も力が沸いたと思います。

これから受験される方、長いようであっという間です。先生を信じ、我が子を信じて、第一志望を強く思い勝ち取ってください。桜咲く春が訪れますよう、お祈り申し上げます。

努力の力

僕は滝中学校に通う、ドラえもんとドラゴンズが大好きな元名進研生です。

僕が、名進研に入会したのは、五年生の三学期からです。一年間の受験勉強は、結構大変でした。TN3クラスからのスタートで、すぐにTN2クラスに上がりましたが、ここからずっと地獄谷にはまり、なかなかはい上がることができませんでした。でも、プレ中学入試は常に好調で、春期も秋期も成績優秀者賞で表彰されました。

ところが正月特訓教室明けのプレ中学入試は、最悪でした。

失敗してもいいんだ。

私立中学受験を決めてから約三年間、本当に色々なことを学ぶことができました。「失敗してもいいんだ。そこから何かを学んでくれれば人間として大きく成長することができる。子どものうちに色々な経験をつむことが必要なんだ。そして、その経験をすることができる子どもたちは幸せだ」と口癖のようにいっていた主人。その言葉通り、小学生にして息子はたくさんのことを学ぶことができたと思います。

一つのことを真剣に取り組む集中力、どんな状況でも全力で立ち向かう強い精神力、色々な方々に支えられて今の自分がいるという感謝の心…。これらの経験はこれからの息子の人生にとって、かけがえのない宝物になってくれたことと思っています。

初めての受験ということで、何もわからないまま時間がたっていく私にとって、息子にやってあげられることといえば、毎日の名進研へのお弁当作りだけでした。

志望校合格への近道

みなさん、こんにちは!!私は愛知中学校、滝中学校、そして南山中学校女子部を受けて全勝し、南山中学校女子部に通うのを心待ちにしている元名進研生です!では早速、私の必勝法を教えたいと思います☆

〈国語〉
記号問題のところはア~エのいいたいところを線を引くと、分かりやすいと思います!記述問題は問題の答えとなるところをそのまま書き写せば、六~七割の問題は正解できます!あとは指示語などを直せばOKです♪(ちなみに私はこれをやって平均七十点→百点を二回もとることができました!)あ、あと問題文は必ず読みましょう!!

〈算数〉
計算はスピードと正確さが重要なので、速く解けるようにしましょう!また、テキストで苦手なものはとことん解きまくりましょう!!過去問や実力テスト、プレ中学入試、夏期講習のテキストをやるのをオススメします☆あと、ケアレスミスには要注意です!単位や計算をミスると、かなり痛いです(特に南山中学校女子部の入試は一問十点(!)。だからミスすると一気にDOWN↓)

〈理科〉
暗記するものはとことん覚える!計算問題はテキストをとことん解きまくる!(それだけ!?)あと、計算問題を得意にすると、入試にとても有利なので得意にしておきましょう!

〈社会〉
私は三日坊主だったので、なかなかまとめノートを作ることができませんでした(汗)そんな人は、テキストの問題を3~5回くり返しやったり、ノートにがむしゃらに書きまくったりすると、結構覚えられます。また、ヒマがあったら、過去問をやると良いと思います!

〈その他〉
名進研であこがれの先パイ&ライバルを作りましょう!先パイがいると、「私もあの人みたいになりたい(燃)」みたいな感じで、勉強もはかどるし、名進研にライバルがいると、成績もそうですが、受験の時の緊張感も少しはやわらぐと思います♪でも、あこがれの先パイだからといってサインを何度もねだったり、ライバルに負けたからといって泣き崩れたらダメですよ~(ぎくっ)あと、文化祭には必ず行った方がいいです!

これで私のアドバイスを終了させていただきます。先生方、今まで本当にありがとうございました。最後にみんなにYELLを…

泣いても笑っても受験はたったの一回!志望校合格まで突き進め!!

長い長い受験生活から解放され、今までの生活とはうって変わって、娘は毎日のんびりとしています。第一志望校合格をいただいたときから、パッと娘の顔が「曇り」の顔から「晴れ」の顔に変わりました。

娘は四年生からお世話になりました。事を思い出すと、しんどく、つらい思い出しか出てきません。もともとマイペースの性格も影響してか、六年生の夏期講習から、時間の配分がうまくいかず、宿題を全部こなせなくなり、泣いたりすることが多くなりました。いくら親だけが一生懸命になっても、娘がいったん鉛筆を手から離してしまったら、そこからは何も進みません。私もどうしていいかわからず、何度か名進研に電話をかけ、出てくださった先生に話をきいていただきました。感謝しております。また、つらい時は、いつも枕元に「合格体験記」、そして「エール」を置いておき、寝る前に何度も読み、自分自身心を落ち着かせました。今思っても、私たち親子にとって、「谷あり谷あり」の受験道中記でした。

前年度、娘の志望校にお子さんを通わされている保護者の方が「エール」で、「頑張っているのだから、合格というご褒美はきっともらえます。」という文章を書かれていました。私はずっとこの言葉を励みに、娘と一緒に受験生活を送ってまいりました。時々、「頑張っていても、うちにはご褒美はもらえないのだろうか…。」と後向きなことも考えました。

受験が近づくにつれ、保護者会で親は明るく笑顔で接するようにとアドバイスをいただきましたが、なかなか実行できませんでした。しかし、娘の前では、なるだけ平静を装った顔をしていました。テストで悪い点を取ってきても、おこらず、「入試までにできるようになればいいよ。」と、なかばひらき直った態度をとるようにしていました。娘からは、「悪い点取っても、全然おこらないね。」とふくれられましたが、「おこっても、お互い気分が悪くなるだけでしょ。」という返事をしていました。

これから先、勉強することも大事なことですが、私が娘の受験を経験して強く思ったことがあります。それは、「色々な事に感謝する心を持ってほしい。」ということです。

今、頑張っている親子さんたちにも、私が心の支えにしていた先輩ご保護者の言葉を贈ります。
「頑張っているのだから、合格というご褒美はもらえます。」

憧れの先輩を見つけて...

私は、南山中学校女子部・愛知淑徳中学校・愛知中学校(特奨)に合格し、南山中学校女子部の門をくぐるとてもHAPPYな元名進研生の女の子デス♪

私はテストゼミで五年生はTN1、六年生は俊秀とずっと最上級のクラスにいて、六年生では四週連続白星をとったこともあります。だから合格への道のりは甘かったかって?いやいや、ぜーんぜんそんなことはありません。私なりのスランプはあったし、最も得意な社会以外では激しいスランプもありましたヨ。

どうやって解消したか、ついでにそれぞれの勉強法を読んでくれている名進研生のアナタに教えます(良かったら参考にしてね☆)。

「ショータイム!!」

「ショ~タイム!ワクワクするっ!」

南山中学校女子部の入試当日、開門の時刻よりも少し早く着き、門の前で待っている間、娘が私に言った言葉です。まるで、ディズニーランドのゲートが開くのを、ワクワクしながら待っている、そんな様子で、大本命の入試本番への緊張感など、娘には全くありませんでした。側にいらした所属校の先生が、「お~い。浮かれるのもいいけど、本番でケアレスミスするなよ(笑)」と声をかけてくださった程です。「南山中学校女子部の入試に、どんな問題が出てくるか楽しみでしょうがない。」そういう気持ちで、娘は試験会場に入っていきました。

試験終了後、中庭で出迎えた私に、娘の第一声は「あっと驚くくらい、算数が簡単だった。」と。そして「試験出来たよ。」平然とした顔で言いました。

それから三日後、A4版の白い大きな封筒が届き、中には娘の名前と受験ナンバーの記された合格通知が入っていました。

南山中学校女子部の入試は、毎年900名近くの志願者、そのうち合格者は200名。最難関なのは、言うまでもありません。この合格者の中に、確実に入る為には、名進研で実施される全ての公開模試で、優秀者順位表(上位百位以内)に毎回載ること。これが一番の目安であり、必須条件だと思いました。娘の南山中学校女子部熱、そして意地とプライドは、誰よりも凄まじく(笑)、もともと勉強好きでしたので、とにかく合格の為なら何でもする位の気持ちで、努力を重ねて頑張りました。

所属校では、最前列一番左の席に座り、テストゼミでは、前・後期とも俊秀クラス。そしてプレ中学入試では、総合で10位台を二度取ることが出来て、娘は、やり遂げた思いで入試日を迎える事が出来ました。勿論、上を見ればキリがありません。ただ、この自信が、入試本番でも全く緊張しない、逆に入試を楽しむという心境になったことは、事実です。

名進研での三年間、どれだけ多くのテストを受けたことでしょう。あれだけ沢山の数をこなせば、入試本番もいつも通りのテストと何ら変わりは、ありません。合格実績は、最強です。

皆様も、名進研での学習の自信を、確信として、合格奪取までの道程を、どうかお子様と一緒に楽しんでください。志望校合格、心からお祈りしております。最後になりましたが、先生方、娘を合格に導いてくださり、誠に有難うございました。又、プレ中学入試の後に、必ず愚痴る娘の恒例行事(?)にも、毎回お付き合いくださり、深く感謝しております。

音楽とすき間時間で合格

こんにちは!!

私は愛知中学校・愛知淑徳中学校・滝中学校・南山中学校女子部を受けて全勝し、南山中学校女子部に通う元名進研生です。

私は、六年生のテストゼミクラスはずっと俊秀でしたが、プレ中学入試などの大きなテストではいつも成績が良かったわけではありませんでした。

 

この、二月にめでたく南山中学校女子部・愛知淑徳中学校・愛知中学校(特奨)の合格を得ることができました。娘が四年生から名進研にお世話になり、無事南山中学校女子部に入学が決まった今の心境は、タイトルに書いたとおり、「三年間の親子マラソンを終えた」という気持ちです。

娘は勉強に関しては、名進研にお任せし、すべて自分で計画・実行し、親の手はほとんどかかりませんでした。予習して授業に臨み、帰宅して授業の復習をする。質問事項は早めに名進研に行って先生をつかまえ、質問し解決する。週末のテストゼミに向け、また月一回程度の実力テストを見据えて日々努力する。この繰り返しの三年間でした。

娘はお稽古事も受験間際まで続けたい、おしゃれも楽しみたいという欲張りなタイプだったので、勉強時間を多くとることはできませんでしたが、その分、少ない時間で集中し効率よく勉強していたと思います。勉強は量より質であることは実感しました。

では親はどうだったのか。娘は名進研に通いながら、勉強に関してはすべて一人でやりましたので、勉強での親の出番はありませんでした。親はひたすら娘が時間を有効に使えるよう、ストレスなく毎日を過ごせるよう、気を遣い環境を整えました。受験生だから腫れ物のように特別扱いをするという意味ではなく、日々地道なマラソンをする娘にここという時に給水する役、サポートに徹しました。名進研に持っていくお弁当も手抜きせず、ヘルシーかつ栄養満点の料理を作り、送迎の車の中では努めて学校の話などを聞き、とにかく娘とのコミュニケーションは欠かしませんでした。娘に一人ぼっちで頑張っているのではない、自分には親という強力なサポーターがいるんだと認識させることが大事だと思います。

六年の受験前も学校を一日も休むことはありませんでした。通常の生活をしながら勉強を両立させ、さぼらずに三年間の親子マラソンを着実に続けていけば、無理なく合格を勝ち取ることができると思います。

最後に、先生方に厚くお礼申し上げます。娘は先生方をとても信頼していました。親も安心して名進研に娘を託すことができました。名進研との信頼関係が合格には欠かせません。本当に三年間お世話になりました。

「努力は人を裏切らない」、この言葉は私たち親子の座右の銘です。

苦難を乗りこえて

僕は、愛知中学校、星城中学校(特)、名古屋中学校、南山中学校男子部に合格し、第一志望の南山中学校男子部に通う者です。これから教科毎に名進研生の皆さんにアドバイスをしていきたいと思います。

☆国語☆
・条件チェックは、必ずしましょう。
・漢字、文法は、サーパスなどで完ペキにしてください(自分は出来ていませんが)。

☆算数☆
・計算問題は、必ず朝に5問やってください。
・名進研テキストの基本問題を完ペキにしてください。

☆社会☆
・ノートに書いて、書いて、書きまくってください。
・年代は、ゴロ合わせで覚えてください。

☆理科☆
・暗記する所は覚えてください。
・計算問題は、パターンを覚えてください。

まぁこんな感じです。僕は名進研に入ってから、スランプなどにより成績が不安定でした。ですが、冬期講習や正月特訓教室などで苦手な所をおさえることができました。

なので、みなさんも苦難を乗りこえれば、未来は必ず良い事があります。

みなさんがんばってください。そして、僕を合格に導いてくれた先生方ありがとうございました。先生が入試前日に電話をかけアドバイスをしてくれたので安心して入試に臨めました。今まで本当にありがとうございました。

名進研とは

愛知県・岐阜県の中学受験・高校受験・大学受験の進学塾です。受験生を応援するページを立ち上げました。このブログで卒業生たちの熱い応援メッセージを届けていきます。

カテゴリー