名進研と子供の信頼関係

春日丘中学校の特待合格を受け、東海中学校も夢ではないかと思えたのも束の間、名古屋中学校ではスカラー獲得できず、東海中学校の入試日を迎えました。とにかく試験が終わった時、息子の二年間という名進研での受験生活に終わりを告げれたという姿を見ているだけで、「良かった、がんばった。」という気持ちでいっぱいでした。

今思えば、国語、社会は平均点ギリギリ、又は以下が多く、同じ漢字を間違えたり、歴史人物はとんちんかんに覚えたりで、得意科目の理科・算数を、良く勉強して、合計点をあげていました。

親としては不安でしたが、このときは得意科目をぐんぐんのばす時期として大切だった気がします。

テストゼミは、TN3から最終的にはTN2でした。正月特訓教室で、社会がのびましたが、最後のプレ中学入試では、合格範囲内ではありませんでした。第2回東海中プレ入試の成績だけが唯一「合格できるかも」と思えました。息子には、とても重大なことで、東海中プレ入試には強いという自負となり、過去問にとり組んでいました。

子供にとって、やる気スイッチの重要さを先生方に教えていただきました。テストゼミの直しを出すとコメントがもらえるから、期日に出そうとやりました。今までのノートを処分する時に、先生方のコメントページは切りとっておくと言われ、すべて切り離してスクラップしています。

途中五年生の冬から六年生の春にかけて、スランプの時期があり、朝は起きれず、準備もギリギリで遅刻気味、手汗をかいてノートがべたつき、イライラしたりと、かなり心配でした。先生に相談。子供と先生の面談後、コロッと変わって以前の息子に戻っていき、東海中学校に行きたいと言うようになりました。先生の偉大さ、子供と先生の信頼関係の強さに驚かされました。

名進研大好き、先生方が大好き、楽しく通えたから、最後まであきらめず、東海中学校を目指し合格できました。これからの学生生活の良き土台を名進研でつくっていただけたと感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。 

名進研とは

愛知県・岐阜県の中学受験・高校受験の進学塾です。受験生を応援するページを立ち上げました。このブログで卒業生たちの熱い応援メッセージを届けていきます。

カテゴリー