2017年10月アーカイブ

娘の努力と根性と運

 我が子は、一年で中学受験に臨みました。五年生で、迷ったあげく、高校受験コースに入り、その時も娘は中学受験してみたいと言っていましたが、通学距離、家族の犠牲等を考えると、すんなり「良いよ。」とも言えず、結局、一年で勝負することになりました。

 娘には何もかもが新鮮で、クラスのみんなが一生懸命、難しい勉強に取り組んでいることが衝撃的だったようです。名進研に通うのが楽しくて仕方ないようでした。初めの頃は、「お母さん、一緒にサーパスやろう。」「算数やる時間ある?」なんて言っていましたが、後期にもなると自習室に最後まで残るようになりました。家より集中できるので、効率良く宿題を終わらせられたようです。

 負けず嫌いな性格なので、弱音も吐かずに、本当によく頑張ったと思います。テストゼミでは白星十三個(黒星なし)、一位バッジ四個ゲット、最後は念願の名進研俊秀クラスにも上がれました。プレ中学入試では、それ程の成績ではありませんが、南山中学校女子部50%、滝中学校と愛知淑徳中学校は80%の合格率は出していました。

 結果は、南山中学校女子部、滝中学校は不合格。娘は悔しくて、じっと、うつむいて泣いていました。結局、公立中学校に行って、名進研に通うことに決めました。ところが、二月十四日、朝六時過ぎ、電話がかかってきました。「南山中学校女子部です。」の声に、名進研でのこの一年の努力が報われた気がしました。追加合格です。

 わけもわからず始めた受験ですが、データは、あまり当てにはならないこと、一発勝負の難しさ、短期で仕上げることがどんなにバカげているかを痛感しました。娘にとって、信頼できる先生、同じ夢に向かって進む友だちとの出会いは、何よりの宝です。貴重な一年でした。合格体験記やエール、ゼミノートの先生のコメントを繰り返し読んで、南山中学校女子部生になる日を夢見て頑張ってきた十一カ月、最後は運だけでつかんだ合格通知ですが、決して諦めないこと、最後まで自分を信じて頑張り抜くことが一番大切だと思います。

 最後に、一緒に頑張った仲間、そして何より教室の先生方の力でもらえた南山中学校女子部の切符、本当にありがとうございました。

 一ヶ月経った今も、毎日ニッコリしている娘です。言葉では言い表わせない感動を、ありがとうございました。

悔いのないように

僕は東海中学校、名古屋中学校(スカラー)、愛知中学校から合格通知をいただき、四月から東海中学校に通う元名進研生の者です。滝中学校は不合格だったけれど第一志望校である東海中学校に合格できたので悔いはありません。

それでは参考になるかはわかりませんが、ぼくなりのアドバイスをしたいと思います。

~家で~
・早寝早起き!!夜おそくまでの勉強は体に毒です。入試の日も学校によっては、朝が早いので日常から朝型にしましょう。
・時間を決めて宿題、復習をしよう。だらだらやっても勉強ははかどりません。
・本を読もう 漢字もできるようになります。

~テストゼミ・プレ中学入試~
・テストゼミは大切にとっておく。苦手を知るのに便利。また学年が変わると同じような単元が出るので、そのたびに見直しましょう。結果が悪かったからといって捨てないようにしましょう(ぼくは最後のゼミのクラスTN3でした。)
・入試本番と同じ気持ちで、僕は「東海」の名がつくとなぜか成績が上がったので、ゼミクラスがTN3でも東海プレの合格率は70%ぐらいありました。

~入試直前、当日~
・正月特訓教室は行こう。過酷ですが、これだけやったという自信、やる気、精神力が身につきます。
・学校は行った方がいい。友だちに会ってリラックスしましょう。でも病気がはやっていたら休んだ方がいいかも。
・前日はしっかり寝る。でも寝坊したらダメですよ。
・当日は絶対トイレに行こう。休けい中は毎回行ってもいいと思います。
・後は実力を出し切るだけ!!もっている力を全て出しきり、悔いのないようにしましょう。

以上です。受験生の皆さん、努力は人を裏切りません。頑張ってください。

最後に今まで僕を支えてくださった先生方、チューターさんありがとうございました。

 

復習と日々の積み重ね

受験生の皆さん、こんにちは。

僕は愛知中学校・名古屋中学校(スカラー合格)・東海中学校・滝中学校の受験した四校全てに幸いにも合格し、東海中学校に通うことになりました。今回は、教科別のアドバイスは他の方に任せ、僕のやってきた事を書きたいと思います。

1…宿題をしっかりやる
テキストはとてもよくできています。まずは各教科の先生方が出された宿題をしっかりやれば大丈夫です。

2…テストゼミ(通称テゼミ)
僕は「ゼミは弱点をみつけるためにある」と思って受けていました。テストの自己採点をしたら、間違えた問題の復習をしっかりとするようにしていました。テストゼミはテスト慣れするのにいいのでオススメです。

3…復習をした内容をまとめる
僕は、テストゼミや実力テスト、プレ中学入試の復習をルーズリーフにまとめるようにしていました。まとめていくと自分がどんな漢字をよく間違えるのかがわかるようになる等、自分の弱点がわかるのでとても便利です。

4…自習室の利用
僕は六年生から自習室を頻繁に利用するようになり、ほぼ毎日利用しました。勉強が家よりはかどると思います。

5…睡眠と体調管理
夜はできるだけ早く寝ることを心懸けましょう。僕は無理をして夜遅くまで起きていて、次の日の授業中に寝てしまうという失敗を何度もやりました(苦笑)。皆さんはこんな事にならぬよう、気を付けましょう。また、睡眠不足になると風邪をひきやすくなります。風邪をひくと、体力的にも精神的にも追い詰められます……。要するに睡眠を削っても、あまりいいことはありません!くどいようですが睡眠はしっかりとりましょう。

6…仲間と励まし合う
友達と励まし合いながら勉強すれば、最後までやり抜けます。また、名進研で出会う友達は、後々に中学校の友達にもなります。友達は大事にしましょう。

僕からのアドバイスは以上です。少しでもお役に立てればうれしいです。皆さん、第一志望校合格を目指して頑張ってください。

想いの強さ

 「ピンポーンッ」

 朝から娘とそわそわしながら待っていた南山中学校女子部の合格発表日。インターホンの音がした瞬間、娘は玄関に走っていきました。そして、しばらく待っていると、

 「どうしよう……、封筒が薄いよ……。」

 今にも泣きそうな顔で封筒を両手に持った娘が現われました。

 娘が中学受験をしたいと言ってきたのは今から四年前。小学三年生の時でした。きっかけは同じクラスのお友達が言った言葉。「大学に行きたいなら、私立中学校に行くべき。」娘はその言葉を間に受けたのです。その頃の娘の成績はと云うと、決して良くはなく、学校のテストで60点という事も珍しくない状態でした。そこで私立云々はともかく、塾に通ってみようという事になりました。市内にある塾を色々見学し、最終的に決めたのが名進研でした。復習型が同年代の子供より幼い気がする娘に合っている様に思えたからです。

 名進研に通い始め、最初の頃は特に不安もなく順調だった娘。しかし、五年生になって勉強の中身も複雑になってきた頃に算数の成績が下がり始めました。練成教室もJSからJAへ。所属校の先生にも相談にのって頂いたり、夏休みの空いた時間を全て算数に費やしても、一向に点数には結び付きませんでした。それから六年生の前半まで色々と手段を講じたものの、成績はほぼ横這い状態が続き、クラスもJSとJAを毎月の様に行ったり来り。

 しかし、そんな娘の第一志望校は南女でした。雰囲気と校長のカリスマ性に心酔していたのです。志望校別プレ入試もプレ中学入試も当然の事ながら合格率は20%以下。娘はそれでも南女に行きたいと言い続け、起きている殆どの時間を勉強に当てていました。

 そんな時、主人が言った言葉が娘を勇気づける事になりました。

 「滝中学校だったら算数が苦手だと無理かもしれない。でも、南女は各教科が同じ二百点満点なんだよ。だから、算数で百点しか取れなくても、他の教科で百五十点ずつ取る事が出来たら受かるんだよ。」

その言葉で娘は算数の勉強を過去問ではなく、徹底した基本問題の反復に変えました。そして逆に他の教科は応用問題まで深く力を入れる様になり、南女受験まであと一カ月という時期になって、その成果が見え始めたのです。その上、試験まであと一週間という時期になってからは、明らかに娘に変化がありました。それまでの幼い考え方から論理的思考に変わってきたのです。娘の南女に対する想いに脳が覚醒した感じでした。

 そして今、我が家の神棚には南山中学校女子部の合格通知書が飾られています。薄く感じた封筒の中から出てきたのは合格通知書だったのです。娘の想いの強さと努力に受験の神様が微笑んでくれました。

 最後になりましたが、娘の想いに応えて、時には厳しく指導してくださった先生方、毎日最後まで自習室に残っていた娘に優しく接してくださったチューターの皆様、弱気になった娘をいつも励ましてくれたお友達。皆さんのおかげで娘は春から南山中学校女子部に行きます。

 本当にありがとうございました。 

勝負は入試当日!

私はこの春から金城学院中学校生になります。テストゼミではKS2で社会大得意★半分以上が社会の評価は十でした♪こんな私ですが、各教科のポイントへ!

〈国語〉(後期から得意に♪)
★名進研で速読をやるといいと思います!一年ぐらいやるとかなり効果ありますよー!!
★漢字・語句はトメ・ハネ・ハライに充分気を付けましょう。

〈算数〉(図形が苦手…)
★金城は立体図形より平面図形の角度とかが入試に出やすいです!
★朝はテキストを使って計算を毎日やりましょう。(私は夜早く寝ても朝なかなか起きれなかったので人のことはあまり言えませんが…)

〈理科〉(T先生のおかげで計算が得意に!!)
★暗記は、図と語句を照らし合わせて覚えるといいですよ!
★計算は、解き方を身につけてたくさん問題を解いていれば大丈夫!!

〈社会〉(自分の中では大得意♪)
★とにかく書く!覚える!社会は応用力ではなく基礎力がテストや入試で出されます!
★歴史のオススメは年表!!M先生企画の年表をいつも見る場所にはっています!

〈最後に〉
テストゼミ・実力テスト・プレ中学入試学入試よりも大事なのは入試本番です!テストで失敗してもあきらめないでください!!入試のために、毎日あきらめなければサクラは咲きます。名進研生のみなさん、合格にむけてがんばってください!!

『合格』を信じて最後までがんばって!!

あきらめないで!!

こんにちは!(こんばんはの人もいるかな?)私は首都圏をふくめて五校受験し、首都圏以外合格をもらった元者です。さっそく私の経験からみなさんへアドバイスしていきたいと思います♪

=算数=
・問題を大量に解くべし(特ににがてな単元)
・ポイントブックにひたすら書き込むべし

=国語=
・漢字、文法はくりかえし練習すべし
・問題文に、答える内容や条件が出てきたらしるしをつけるべし

涙のち笑顔

 発表当日、合格通知を手にした息子は「よし!」と小さくガッツポーズ。その顔に涙は無く、替わりに笑顔がありました。その清々しい表情を見ながら私は、以前の息子の涙を思い返していました…。

 息子が名進研に入ったのは四年生になる時でした。本人が、「お祖父ちゃんの通っていた東海中学校に行きたい。」と希望していた事もあり、受験勉強は名進研で順調に進めてこられたと思います。

 ところが六年生の秋、成績は急降下。まず、テストゼミのクラスが下がりました。夏期講習では、そんな兆候もなかったので正直、何故?という気持ちでした。息子は「ゼミのクラスは気にしない。それに次は白星取る。」と言っていました。ところが、白星どころか、更に黒星が付く始末。それでも息子は「普段のクラスは下がっていないんだから気にしてない!一喜一憂しないで!」とあくまでも強気な感じでした。

 しかし悪い時は重なるもので、プレ中学入試でも悪い結果が出てしまい、普段のクラスも下がってしまったのです。さすがに息子もショックだった様で、プレ中学入試の結果をもらった日、ポツリとこんな事を言いました。「もう…駄目かも…受からないかもしれない。」と。しかも服の袖口で涙を拭きながら…。こんな時、一緒に泣きながら「頑張って。」と言うのが王道の様な気がしますが、私にはどうしても言えませんでした。息子は、頑張っていましたから…。頑張っているけど結果が出ない。これは本当に悔しかったと思います。

 そこで、先生に相談した時に言われた言葉を思い出し、「○○先生が言ってたんだけど、人は高くジャンプする前には一度低くしゃがまないといけないんだって!だから今はきっと、しゃがんでいる時なんだよ。」と明るい感じで言ってみました。すると息子は「上手い事、言うね。」と少しだけ笑顔になり、「やるしかないよね。」と、勉強し始めました。

 子供が落ち込むと、親もそうなりがちですが、そこはぐっとこらえて明るく接した方が良いと思います。親のストレスは、先生や受験の終わった先輩ママに受けとめてもらう事をお勧めします。

 ところで、うちの息子にとって、先生方のフォローは勿論の事ですが、出会ったお友達の存在も大きな支えとなりました。塾の友達というとギスギスした感じを想像してしまいますが、息子から聞く話は、いつも明るく楽しいものでした。「皆で合格するぞ。」という前向きな雰囲気に満ち溢れていた様に感じます。息子が名進研で最後まで諦めず、合格への情熱を持ち続けられたのは、同じ志を持つ良い仲間、そしてそんな子供達を盛り上げてくださった先生方に恵まれたお陰だと感謝しています。

 四月、息子は新たなスタートラインに立つ事になりますが、あの時流した涙さえも糧にして、力強く前進して欲しいと思います。

 最後に、お世話になった全ての先生方と、お友達に感謝の言葉を述べてペンを置きたいと思います。有難うございました。

一発勝負

 名進研生のみなさん、こんにちは。僕は、愛知中学校(特奨)、東海中学校、滝中学校(特待)に合格し、春から東海中学校に通います。僕からのアドバイスをもしよければ参考にしてみてください。

〈算数〉
 得意教科でした。この教科は、計算能力が大切だと思います。入試という緊張した雰囲気でも速く正確に計算できるようにするため、テキストなどの問題を、ふだんから時間を計って急いで計算する癖をつけてください。

〈国語〉
 最後まで安定しない教科でした。抜き出し問題では、文章の一行の文字数を把握しておくと、早く見つけることができます。また自由記述がある場合は、その大問からやった方がよいと思います。後回しにして空らんになってしまうということは絶対に避けてください。

〈理科・社会〉
 僕はテキストでチェックペンを使って予習していました。自分の覚えやすい方法をあみ出すことが大切だと思います。また、理科、社会に限りませんが、できなかった問題に印をつけておいて、見直すところを絞り込むとよいと思います。

〈その他〉
・名進研での放課は遊ばず、宿題や授業の直しなどをして過ごしましょう。こういうことの積み重ねが大切です。
・僕はインフルエンザワクチンをうっていましたが、名古屋中学校入試の前日にかかってしまい、名古屋中学校を受験できませんでした。第一志望の東海中学校は一週間後でスレスレ間に合いました。入試は最後まで何が起こるかわかりません。
・入試本番、試験開始の合図で、つい焦って名前や受験番号を書きたくなります。でも逆にゆっくり書くことを心がけてください。心が落ち着きます。

〈最後に〉
 中学受験を振り返って、入試というのは一発勝負なのだと痛感しました。そして終わってみればあっという間でした。みなさんも入試当日はすぐやってきます。健康に注意して、今という時間を大切に過ごしてください。

ふぁいと!

どうも!私は鶯谷中学校、金城学院中学校、滝中学校、南山中学校女子部を受験して、鶯谷中学校(特待)、金城学院中学校、滝中学校に合格した者です。そんな私から合格を勝ち取るために頑張っている後輩の君達ヘアドバイスをしたいと思います。

〈算数〉
 問題文をしっかり読んで、答えるものや単位をちゃんと確認したら、計算ミスに注意して解くようにすればOKです。また、ほとんどの問題は図・表・グラフを丁寧にかけば必ず解けるので、是非ためしてみてください!!

〈国語〉
 文法と漢字を完璧にすれば取りあえず大丈夫だと思います。特に漢字は『トメ・ハライ』を重視して書くとより点数は確実です。(ちなみに私はクラスで漢字の鬼と言われてました♪)。

〈理科〉
 テキストで計算が必要なてこ・滑車・浮力・水溶液や記述問題をマスターすれば、あとは暗記だけです!!頑張ってください!!

〈社会〉
 地理と公民はほとんどガチ暗記ですが、歴史は工夫すれば水が流れるかの如くすらすら覚えられるので、是非工夫してみてください。また記述問題は基礎が出来ていれば大丈夫です。

〈その他〉
・先生の話をしっかり聞くことが大事です。聞いておくと、とっても得をします♪
・先生達を信頼することです。わかっていると思いますが、私は南山中女子部だけ見事、落ちてしまいました(笑)そのときはとても悔しくて大泣きしたのを覚えています。でもすぐに先生達にはげまされたお陰で、それをバネにして明るい気持ちで滝中を受けることが出来たと思います。

最後に後輩達へメッセージを――――
 受験は苦しむものではなくて楽しむものです!!自分という木を努力という水と友(ライバル)という太陽で養うことで自信という花を咲かせ、最後にアナタだけの合格という実を実らせましょう!!

封筒のその先に...

 東海中学校の試験を終え、国語が唯一得意としていた子供の第一声は、「国語しくった……算数難しかった…」でした。それを聞いた私は(あー…だめかぁ)と心の中で呟きました。次に発した言葉が「でも大丈夫!理科と社会で挽回したからたぶん受かってるよ。」と。なんという自信か…。国語と算数がポイントなんだからそこができずにどこで差がつくのか…と言いたいところをグッと押さえ、「お疲れ様。」と声をかけました。

 次の日は、滝中学校。一月から早起きを心がけてきたもののなかなか起きれず、やっと当日だけ早起きしました。先生方が校門の前で激励してくださり、これが中学入試最後の試験かと思うと込み上げてくるものがありました。

 試験を終えて出てきた第一声は、「できたよ!」と。私は少しホッとして、すべての試験がこれでやっと終了した事に安堵しました。

 既に私のいや私達(主人と)の中では東海中学校はないと思っていましたから、合格発表の日がどれだけきてほしくなかったことか。月日が流れていることをこんなにも実感した日はありませんでした。予定よりも30分早く通知が届き、心の準備ができないまま、一人でそれを開けなければならない私は、まず滝中学校から開封しました。「合格」の文字があり、「やったぁ、とりあえず滝中学校には通わせてもらえる!」と叫びました。次に東海中学校。まともに開封する勇気がなく裏を向けたまま開け、表に返したその瞬間「合格」の二文字が飛び込んできました。「わ~!ありがとうございました!!」と何度も何度も言いました。次から次へと涙がこぼれ落ちるのが止まりませんでした。

 学校から帰ってきた子供が一言「発表を見るのが楽しみ~」と。なんという…、私達が心配しているのをよそに結果も知らないのに楽しみだとは……ここで初めて私は、(あ~この子は今まで自分が名進研でやってきたことに自信があったんだな)とこの合格発表の日改めて分かりました。合格通知を見ている子供は、何とも穏やかな自信に満ちた良い表情でした。

 先生方は、子供がどれだけやってきたかを見守り続けてくださり、やった分だけ結果が出ているとおっしゃってくださいました。本当にそう思いました。この名進研で学んだ時間、量、精神すべてが本人の力となり自信となったことでしょう。三年間本当に御世話になりました。この多感な時期に、目標に向かって親子共に同じ方向を向けたことはかけがえのない時間であったと感じます。この先色々な事があるとは思いますが、この努力と根性を忘れず、何事にも自信をもってチャレンジしていってほしいと思います。

 最後にすべての先生方、共に学んだ友人、すべての方に心より感謝致します。

名進研生へ

みなさん、こんにちは。春から、金城学院中学校に通える、とてもHappyな者です。では、役に立つか分かりませんが、名進研生のみなさんにやってほしい勉強法を伝授します。

☆算数☆
私が最も苦手としていた教科です。3分くらい考えても分からない問題はすぐにチューターさんや先生に理解できるまで質問し、同じ問題を解いてみます。そして似たような問題を解いていく。これが一番、力のつくやり方だと思います。あと、毎朝必ず、計算問題を5問解き、学校へ行きましょう。計算ミスが無くなり、計算が速くなります。ホワイトボードを使い、親に説明すると理解が深まるので良いと思います。

☆国語☆
私が最も得意としていた教科です。とにかく、言語、漢字、言葉の意味を完璧にしましょう。あと、絶対に条件、ぬき出し、答えの根拠には線を引いてくださいね♪

☆理科☆
好きだったけれど成績は上下していた教科です(良い時→満点 悪い時→…)。覚える単元は、問題を解きまくり、計算単元は、例題などで解き方を覚え、だんだん難しい問題を解いていくと良いと思います。

☆社会☆
ビミョーだった教科です。歴史がダメで歴史を解きまくると成績がUP!でも、冬期講習のときに地理の成績が落ちてる…と思い、少しずつ地理をやりました。

☆最後に☆
私は、四、五年生の時が一番辛かったです。(こんな問題、知らないし。みたいに)四年生を乗り越えると楽になるかも…?四、五年生、あきらめず、頑張ってね!六年生は不安でいっぱいでした。特にテストの後とか…。でも大丈夫!名進研がついているからっ!入試の時、先生が一番たくさんいたと思います。心強かったです。

三年生の名進研冬期講習から最後の最後まで粘り強く教えてくださった、優しい先生方やチューターさん、ありがとうございました。そして、いつも応援してくれた家族のみんな、ありがとうございました。これからも頑張ります!

~この文を読んでくれた名進研生が最高の笑顔で志望校の制服を着て門をくぐれるよう、心から祈ります。~

では、名進研生のみなさんを金城学院中学校で待っています! 

合格に向けて

僕は、滝中学校と東海中学校と西大和学園中学校に合格し、西大和学園中学校に通います。さて、僕の得意教科について名進研生のみなさんに話を少しだけしたいと思います。

①得意教科
僕にとっての得意教科は算数でした。発展問題やパワーアップ問題(④テキスト)や自分の家の難しい本の問題をどんどんしていきました。時には問題も作っていました。このように、得意な教科はどんどん難しい問題を解いていけばよいでしょう。

②苦手教科
僕は、国・社が苦手でした。苦手教科は楽しくやりましょう。例えば、社会ではまとめノートを作りました。僕は、このまとめノートにこだわり、同じようなノートを三冊書きました。国語は、文章を読む時に、自分の好きな表現を見つけて、その表現を会話の中に取り入れてみました。

また、得意教科と苦手教科にあてる時間の比を1対4ぐらいにすることをおすすめします。苦手教科も楽しくやればそこまでいやではありません。

みなさんも合格に向けてがんばってください!!

夢の実現

小学校三年生の時お友達に誘われ、初めて愛知淑徳中学校の説明会に行った日から、娘の夢はこの中学校の制服を着て通学する事でした。

ご縁があり、五年生の春から名進研名駅校に通う事になりました。入塾テストでJS2クラスに所属出来た事から娘の意識も高まり、JS1クラスに入れるよう真面目に授業や宿題に取り組んでいたようですが、五年生の終わりにJAクラスに落ちてしまいました。

六年生になるといよいよ受験の言葉がより身近になり、先生方も変わり、新たに日曜日のテストゼミも始めたので、毎日疲れと緊張感で名進研が休みの日は、お友達と遊ぶのも忘れてお昼寝をしていたのを思い出します。絶対に愛知淑徳中学校に行きたい、JS1クラスに行きたいという強い意志があってもやはりまだまだ小学生。家ではダラダラしている事も多く、私とはよく喧嘩をしたものでした。

今、夢だった愛知淑徳中学校の合格を手に入れた理由を考えると、娘はテストゼミやプレ中学入試の前夜だけは一生懸命ノートをまとめて勉強していた事、夏期講習後は毎日自習室に行き、宿題も必ず終わらせる事、分からない事は、先生やチューターにたくさん質問した事、良い先生やお友達に恵まれ、名進研が大好きだった事だと思います。先生方の励ましの言葉やお手紙を読んで親子でよく涙を流しました。

最後になりましたが、子供達が第一志望校に合格出来るよう貴重な時間を割いて講義をしてくださった先生方のご好意に心より感謝致します。そして娘にも先生方やお友達等、多くの人の支えがあったからこそ夢が実現出来た事の感謝の気持ちを忘れずにこれからの中学生活を送ってほしいと思います。 

先生を信じて

この春から金城学院中学校に通うチョー幸せ者デス!では、さっそくアドバイス★

★国語★
話題になる所に丸をつけるコト。よく読むコト。それだけデス

★算数★
得意☆朝は計算(後になって大切さがわかります。)「わからなければすぐ名進研の先生に質問」を心がけるとよいデス☆

★理科★
暗記物は単語帳を使うとイイですよ

★社会★
チョー×2苦手とにかく覚えるだけ★でも名進研のテキストを読みながらおぼえるのは、コツ!!

私は、夏期講習前からだんだん成績がおちていきました。勉強がいやでやめようと思いました。だけど、家族や名進研の先生方たちのおかげでまたやろう!という決心がつきました。こんな私に国語の補習をやってくれたK先生、社会の補習をやってくれたU先生本当にありがとうございました。先生方のおかげで最後は、成績を上げることができました。あと家族がいてくれたから、最後までやりとげることができました。私は今あの時名進研をやめなくてすごくよかったと思います。みなさんも先生を信じてがんばってください!!

金城でまってまーす★

合格への道のり

みなさんこんにちは。僕は第一志望校に合格することができた幸せな者です。今名進研生のみなさんは受験勉強で大変だと思います。そして僕からアドバイスをしたいと思います。

「国語」
 いちばん得意でした。この教科はきっと成績を上げにくいと思うので、しっかりと文を理解し、~語などをしっかり覚えた方がいいと思います。あと漢字は確実にとりましょう。本はなるべく読むように。

「算数」
 いちばん苦手でした。とにかく問題をたくさん解いてパターンを覚えるのが大事だと思います。先生の話にでてくる公式などをメモしておきましょう。

「理科」
 少し苦手でした。作図する問題は、何度もかいて覚えるといいと思います。あとはテキストにのっている学習の要点(自分のときはそういう名前でした)を自分なりにノートにまとめるといいと思います。先生のかいた内容をかいておくといいと思います。

「社会」
 まあまあ得意でした。これも理科と同じようにまとめましょう。あと、年号は大変ですが覚えておくと難しい問題にも対応できます。

 このくらいだと思います。あと正月特訓教室には行った方がいいと思います。ごはんもおいしいですしね(笑)。

 努力は必ず報われます。そう思って名進研生のみなさんも努力してください。自分も合格するかどうかギリギリで受かりましたしね。自分を支えてくれた家族、勉強を熱心に教えてくださった先生方、本当にありがとうございました。

雨だれ石をうがつ

 歓喜の合格発表より一か月余、暖かな日々のもと、入学式を心待ちにしています。

 我が家の長男は第一志望の東海中学校をはじめ、名古屋中学校、滝中学校、函館ラ・サール中学校と受験した全ての学校より合格を頂くことができました。親は何もしていません。名進研生活は、とても充実した日々となり、元名進研生の息子も楽しかったと申しております。子供の性格や勉強の仕方、家庭でのかかわり方は人それぞれでしょうが、感謝の気持ちをこめて、我が家の経験をお伝え出来ればと思い筆をとりました。

 きっかけは、先に名進研に通っていた幼い頃からのお友達に誘われて、中学受験の知識など何もないまま名進研への入塾でした。近所に東海中学校があり、行事の度に遊びに行き、親子ともに憧れるものの、我が家とは別世界という気持ちでいました。

最後の最後まで

僕は、大成中学校(特選)、名古屋中学校(スカラー)、束海中学校、滝中学校の受験した学校全てに合格した幸せ者の元名進研生です。そんな僕から名進研生のみなさんへアドバイスをします。参考になればうれしいです。

〈算数〉

正月特訓教室のプリント、冬期講習のテキスト、受験算数④テキストの間違えた部分を全てやりました。日ごろの宿題の間違い直しをしっかりやらないと後で大変なことになってしまうので気を付けて。

〈国語〉
特に苦手な科目だったので受験日の半年前ぐらいから取り組みました。語彙を増やすこと、漢字を完璧にすること、サーパスの言語を完璧にすること、問題文に線を引き、条件チェックすることに取り組みました。この四つは絶対にやっておくべきです。僕はサーパスをきちんと復習することができていなかったために、東海の受験前日にサーパスの「チェック」の部分をやり、間違えたところを10回書き、意味も書いて頭にたたきこむはめになりました。みなさんは僕みたいにならないように頑張ってください。

〈社会〉
得意科目だったので、特に苦労したことはありません。ただ、宿題はおろそかにしてはいけません。一度サボったら、後でつけがまわってきますから。

〈理科〉
苦手である単元のところを受験理科①~④テキストからひっぱりだし、意味がわかるようにしました。また、宿題の間違い直しをきちんとやるようにしました。

〈最後に〉
僕のアドバイスはどうでしたか?参考にでいいですが、絶対にこうしろというわけではありません。自分の判断で決めてください。

最後に一つ。努力は必ず報われます。あきらめることなく、最後の最後まで合格への道を走り続ければ、いつの間にか合格という目的地は目の前にあります。名進研は強いです。信じて、合格をその手でつかみとってください。

悔いをつくらない

私は、南山中学校女子部・愛知淑徳中学校・金城学院中学校・聖霊中学校を受けて、金城学院中学校と聖霊中学校に合格した元名進研生の者です。私は、第一が淑徳でした。だけど、落ちてしまいました。けれど、私は、全く悲しくありません。なんでかというと…。読めば分かるさ(笑)。

★算数★
私にとっては、大~好きな科目です。けれど私は調子に乗ってできるだろうと思って、ケアレスミスをよくしていたので、名進研生のみんなは気をつけてね!

★国語★
超~~~~苦手です。なので、文章題では点数は取りづらいので、漢字や文法を必ず完ペキにし、テストゼミなどでは間違えないようにしていました。だけど、それよりいい方法は、本を一ヶ月に一冊読みきってください。これが、私にとって一番いい方法だと思います。(私はやっていなかったけど…(泣))

信じて

三年間名進研に通いました。

最初のころは決してよい成績とは言えませんでした。もう少しできると思っていたのにと私は焦りました。一緒に勉強したり、名進研で何を学んできたのか気になったり……と。しかし、親が介入しても成績は上がりませんでした。逆に、子供は「名進研で分からない問題は家で聞けばいいか。」と思い始めました。それではいけないと思い、少し突き放したりもしました。いろいろな試行錯誤を繰り返しました。

ところが、五年生の後半からです。子供の受験に対する思いが強くなり始め、しっかりした志望校も決まり、勉強に対する意欲が変化しました。今思えば、四年生の時は、親に名進研に行かされてるという感じだったのでしょう。あとは、先生方の授業やその他のいろいろな話に刺激を受けて意識改革があったのかなと思います。親としても勉強はプロの先生にお任せして、私は送迎とお弁当作り、子供の精神面や肉体的なサポートに回ろうと思いました。六年生になるとハードな夏期講習や正月特訓教室を一日も休むことなく全日程を終えました。子供ってすごい!と思いました。子供はたいへん先生方を信頼していたので私も先生を信じて、子供を信じました。そして勝ち取った「合格」の通知。

親としては、名進研での様子がわからず不安になるときもあると思いますが、私たち親が思っている以上に子供は日々成長しているように感じました。親子で信じてみてください。そして、子供の無限の可能性を信じてみてください。最後にこのような受験という試練を親子で乗り越えられたこと。大きな財産になりました。先生方、丁寧なご指導をありがとうございました。

良きライバル

私は、春から愛知淑徳中学校に通う元名進研生のハッピーな女の子です。まずは、私のプロフィールを少し紹介します。

私は名進研新瑞校に通っていました。四年生・五年生(前期)はJSとJAを行き来していました。でも五年生の前期の後半、後期で成績がUP!その後はJSにいました。六年生の後期ではJSの後ろの方にいました。だけど名進研テストゼミではず~っとKS1かTN3でした。まあ成績が上がったのは先生方と良きライバルのおかげだと思いますが。

それでは私のオススメの勉強方法を名進研生のみなさんに紹介します。

★算数★…図を描きまくれ!
図形は好きでした。でも文章題は嫌いでした。ちなみに私の名進研での最高得点は100点。最低得点は25点です(笑)。でもわからないと思った問題は、どんなに簡単でも恥ずかしがらずに先生に質問した方が良いと思います。それで一つずつできる問題を増やしていこう!

★国語★…条件チェックを確実に!
私の得意科目です。先生のおかげで好きになり、得意になりました。好きこそものの上手なれです。あと、先生や家族の言うことはきちんと聞いておいてください。私の場合、入試会場に行く地下鉄の中で母が言っていたことがそのまま入試にでました!!

★社会★…書いて!声に出して!
正直苦手です。なので、あまり良いアドバイスはできません。だけど、声に出しながら書くのはオススメです。あと、まとめノートをつくるのも良いと思います。

★理科★:水溶液!!
基本的に理科が大好きだった私が最も苦手だったのが水溶液です。でも、その水溶液がいろんな所でよく出たんです。後になって必死にやりましたが、いまでも苦手です。でも、他はほとんど好きです。国語と同様、条件チェックはしておいたほうが良いと思います。

こんな感じです。役に立つかわかりませんが、参考にしてもらえたら嬉しいです。最初にも言いましたが、良きライバルと言えるような仲間がいるとすっごく名進研への通塾も楽しくなり勉強もはかどると思います。(たぶんだけど…)

最後に今まで教えてくださった先生方、私の仲間であり良きライバルだった友人たち、家族のみんな(特に姉)、本当にありがとうございました。来年、再来年に入試を控えるみんな、ガンバレ!

基本が大切

こんにちは!元名進研生の私は、南山中学校女子部、愛知中学校(特奨)、愛知淑徳中学校に合格し、四月から南山中学校女子部生になります。私は、六年生で成績がのびなやみました。南女の合格率もあまり高くなく、難しいと思っていました。だけど、正月に必死に勉強し、100位以内になることもできました!!

こんな私ですが、名進研生のみなさんにアドバイスをしたいと思います☆

~算数~
とにかく、テキストなどを使って、基本的な問題をやりました。サーパス④の練Aなどをやるといいと思います!

~国語~
本をたくさんよみましょう。テキストなど、重要なところには線を引くといいです。

~理科~
学校の授業が重要な科目1位です(私的には)☆なので、教科書に線をたくさん引きました。

~社会~
苦手でした(汗)特に歴史。地図帳をたくさん見ましょう。国の位置は覚えた方がいいです!歴史は、学校の教科書をよく見るとイイハズです。あと、年号ですね。えっと、本番は落ちついて試験にのぞんでください。プレ中学入試や実力テストと同じような気持ちでいいです。本番は、先生とあく手をしてください。でも、先生を見つけるのが大変だと思います。

♪最後に…♪
六年生のみなさんは、最後まで気合いを入れてください!五年生までのみなさんは、とにかく基本をしっかりかためてください!勉強は大変だけど、がんばってください。名進研生のみなさん、南山中学校女子部でまってます(^_^) 

子供の力は無限大

子供の力は無限大だと、名進研でのこの中学受験を通して知ることが出来ました。

娘が門をくぐったのは四年生の九月、最初の頃は周りに圧倒されていたのか…余り楽しそうではありませんでした。五年生の頃は私にも迷いがあったのか…娘と衝突してしまう事もありました。このまま本当に娘を中学受験させていいのだろうか?中学受験は娘が本当に望んでいるのだろうか?親のエゴでは無いのか?小学生らしく自由に遊ばせてあげた方が娘は幸せではないのか?もしも希望が叶わなかったら…娘を苦しめてしまうのではないか?…など、何度も自分に問いかけ、主人とも話し合いました。

そして、何度も娘に「いやなら名進研を辞めてもいいよ!」と言っていました。でも、娘は一度も辞めたい!と言いませんでした。むしろ六年生になる頃には、名進研生活を楽しんでいるようでした。学校とは違う友と出会い、その友とそれぞれの目標に向かって頑張っている様子が手に取るように伝わってきたのです。私達も迷いがなくなり、娘と受験を乗り切る!と思える様になりました。子供は成長しているのです。今の自分の目標をみつけ、それに向かって努力する姿を見て、嬉しいような苦しいような日々でした。娘はこの春より一番行きたかった学校に通う事が出来る事となりました。その学校に一番行きたいと一度も言っていなかったのに…なぜなら私達の望んだ学校とは違ったからでしょうか?でも、娘が自分の力で掴んだ学校です。私達は一番良かったと思います。そして、そんな娘の成長を誇らしく心から思いました。

こんなにも娘が成長し、頑張る事が出来たのも先生方と良き友のお蔭です。本当に有難うございました。

最後に、受験生のご両親へ、子供の力は計り知れないものです。子供は日々こんなにも名進研で成長しているのです。子供の力を信じ、最後まで子供と共に名進研で乗り切ってください。子供を信じて…

名進研とは

愛知県・岐阜県の中学受験・高校受験・大学受験の進学塾です。受験生を応援するページを立ち上げました。このブログで卒業生たちの熱い応援メッセージを届けていきます。

カテゴリー