小学校生活を一番大切にする

 「やりきったよ。」

 南山中学校女子部の入試が終わって、校舎から出て来た時の元名進研生の娘の言葉です。その時の娘の何とも言えないすっきりとした表情を見て私は合格を確信しました。

 そして迎えた二月四日、合格通知を見て娘と私は抱き合って泣きました。この時をどれほど待ち望んでいた事でしょう。参考になるかどうかはわかりませんが、娘と私の合格への心構えのようなものを書きたいと思います。

 これは、私の全く個人的な意見ですが、中学受験に関しては、「結果がすべて」だと思って取り組んできました。その為には、何をするべきなのか、その答えを追い求め考え倦ねた三年間でした。

 まず娘とは、どうして何の為に名進研に通うのか、話し合い続けました。なぜ苦しい受験勉強の日々を選択したのか、事あるごとに話をして娘も確固たる信念を持って勉強に向き合う様になっていきました。

 次に、四・五年生の時はどうしたら実力テストで高得点が取れるか、六年生の時はどうしたら南山中女子部に合格できるのか、徹底的に対策を研究しました。娘に合った勉強法をいろいろ試して、一番合った方法を身に付ける事ができました。

 そして特に重視した事は、小学校生活を一番大切にするという事です。小学生らしく、よく学びよく遊び、友達を大切にし、規則正しい生活を送れた事は、娘にとって大きな力になっていると思います。その結果、娘は一日も学校を休む事なく、南女他すべての受験校に合格する事が出来ました。

 この三年間、私にとっては娘と一緒に勉強を楽しんだかけがえのない日々でした。又、お世話になりました先生方、本当に有難うございました。

名進研とは

愛知県・岐阜県の中学受験・高校受験の進学塾です。受験生を応援するページを立ち上げました。このブログで卒業生たちの熱い応援メッセージを届けていきます。

カテゴリー