保護者の声の最近のブログ記事

頑張りを褒めてあげたい

娘は、五年生から名進研にお世話になりました。

入った当初は、問題レベルの高さ、莫大な宿題量に驚愕し、ついていけるのか心配で仕方がありませんでした。泣きながらも、無理やりに近いかんじではありましたが、勉強をさせていきました。そうしているうちに、徐々にではありますが、勉強にも慣れてきて、テストでは、南山中学校女子部に少し手が届くのではないかと思えるぐらいの、良い成績をとれるようになりました。五年生の終わりごろになると、南山中学校女子部に行かせたいという両親のプレッシャーや、周りからのプレッシャーで、名進研をやめるやめないの繰り返し、無理しない程度で頑張れと、何とか続けさせることに色々苦労しました。

六年生になると、プレッシャーをかけまいと、「南女」というキーワードを親や周りは封印して、勉強をさせていました。

するとちょっと自信が付きだし、いい流れで、こなしてくれました。最後の南山中女子部プレ入試では、芳しくなかったものの、プレ中学入試では、連続してよい成績を取ってくれましたし、冬期講習の頃にはとうとう自分の口から「南女」が飛び出し、親も先生も、その気になってきました。結果はお陰で合格でめでたしめでたしだったのですが、もう少しだけ書きたいことがあるので、書きます。

実は、娘は自分から机に向かうことは、ほとんどありませんでした。南山中学校女子部に入るためには、一段上の勉強量が必要だと思っていましたから、いつも口出しをして、一喜一憂どころか多怒多悔(自分で作りました)でした。挙句の果てに最後の最後で、南山中学校女子部の入試の答え合わせをしてしまい、ミスの多さに激怒し、次の日の愛知淑徳中学校に影響が出かねない説教をしてしまいました。本当にやってはいけないことを、全てやってしまった気がします。そして、自業自得、眠れぬ夜を過ごしたわけですが、見事、合格したのです!その瞬間の感動は言い表せないほどでした。(親バカですから)

何はともあれ、娘が最後まであきらめずに頑張って勉強してきたことを褒めてあげています。

参考にならないと思いますが、色々書いてしまいました。今は遊び呆けて大丈夫かなと思いながら、入学を楽しみにしています。

合格に導かれて

 小学校の卒業式を終えた今、私にとって、息子の卒業は、やはり合格パーティでした。

 名進研に通塾しているときは『この調子でいくと、時間が足りない!入試までに間に合うのか!?』とやきもきする毎日でした。朝は起きれず、夜は疲れて眠ってしまい、起きていても集中しているのかどうか定かでなく、しかし、その時点よりも半年、もしくは一ヶ月前を思い出すと、確実に起きている時間が長くなったり、弱音を吐かなくなったりしている事実に気が付くと『よし、大丈夫』と息子に言い聞かせつつ、私自身にも言い聞かせてなるべく良い面を見るようにしていました。

 私の参考でもあり心の支えだったのは『保護者会』です。最近こういうことで怒れてくるなあ、と思うと大抵担当者の方が『今のお子さんの状態は…』と説明されて納得のいくこと然り。私が聞くよりも子供が聞いたほうがよいのでは!?と何度も思いました。保護者会をビデオにとって見せてやろうかとも。結局、名進研実力テストや名進研プレ中学入試の終わった日の夕食はテストの出来よりも保護者会での話の内容を事細かに伝達し、資料を熟読させました。また本人もとても参考にしていたようです。母親の私が言うよりも、先生が言っていたほうが説得力があったようです。

 入試の一ヶ月前から週末のどちらかは試験会場へ向かう生と死の入試ロードが続いたのですが、おおよその学校で8時半過ぎから開始されるため、その時刻がお昼近くに感じるように、起床時間は5時過ぎに設定していました。一番寒い時期でもありましたので、先に4時頃起きて部屋を暖めてから息子を起こしに行く…今思えば一ヶ月もよくやったものです。試験当日だけ起きるのは本来の力を発揮できにくいと考えて毎日の生活のサイクルにしました。

 起床してから頭が働くまでの時間がかかるタイプでしたので、起きてからもどうしたら早く頭が目覚めるか?顔を洗い歯磨きを先にしてしまうなど、いろいろ工夫しました。入試後は6時起床でしたが、これは合格したあとに通学するときに辛くないようにするためです。

 このときひしひしと感じたのは『体力のあるものは強い』ということです。東海中学校入試の三日前、床に突っ伏している息子を見たとき『そろそろ限界だな』『今、受けなければ体力が持たないかも』時間が足りない、足りる、ということよりそこに力のピークを持っていくことが重要なのかもしれません。

 東海中入試前日、休憩中の息子にずっと心のわだかまりとしてあった『怒ったり怒鳴ってばかりだった。もっと他にやり方があったんじゃないか』『私の様なきつい言い方でなく褒めてやさしいやり方のほうがこの子はもっと伸びたのではないか』という気持ちを伝えてみました。そうしたら息子は『え?そうだった?覚えてないよ。これでよかったんだよ。だからここまでこれたんだ。お母さんは間違っていないよ。』そう言ってくれた時、いよいよ東海中、滝中と受けるけども、どんな結果になろうとも受け止められると言う決心がつきました。

 滝中に合格したときのあの嬉しい気持ちは忘れられません。

どんな時も親は見守って...

 家族一同、第一志望校である南山中学校女子部からのまさかの合格通知に大変驚きました。

志望校別プレ入試の判定はいつも50%以上。多分無理だろうなと私は諦めていました。しかし、南山中学校女子部の入試が終わった時「どうだった?」の私の問いかけに子供は「普通」とだけ答えていましたが、実は手応えを感じていたようです。

 まぁ、ここに至るまでには様々なバトルがあったわけですが、勉強のことでもそれ以外のことでも困った時はとりあえず先生に相談してみてください。親が言うと素直に聞かないことも、先生から言ってもらうと素直に聞いてくれたりするものです。そして先生に多くのアドバイスをいただくと親も安心できるものです。

 あと、テスト結果に一喜一憂してはダメです。これがとても難しく、前回より下がろうものならねちねち叱ってしまいがちです。でも保護者のみなさんおわかりと思いますが、子供はいつでも全力でテストを受けているはずです。ほんの少しだけ長い目で見てあげてください。

 そしてなかなか本番の受験というものを意識できないようですが、必ずどの子もスイッチが入ります。親があれこれせっついても本人のやる気が出なければ意味がありません。うちの場合、六年生の十二月頃にようやくスイッチが入りました。

 正月特訓教室は参加しませんでした。その間、苦手な社会だけを集中して勉強しました。子供も「こんなにやったんだから大丈夫」という自信が付き苦手意識もなくなり、結果合格につながったのだと思います。うちのように特に足を引っ張る科目があるお子さんは、まんべんなく全教科を勉強する正月特訓教室よりも効率が良いかもしれません。

 子供は親が思う以上に日々変化成長しています。反抗期もあり思うように親の言うことも聞いてくれなくなります。毎日毎日勉強ばかりでストレスも尋常ではないと思います。だからこそ親である私たちがあまり思いつめず追い込まず、ゆったりとした気持ちで接してあげることが大切ではないでしょうか。

 結果はどうあれ、子供は入試が終われば達成感でいっぱいです。その時が来たら思い切り褒めてねぎらってあげてください。今は、このつらい日々の先に充実感と達成感が待っていることをお子さんに教えてあげてください。

 長女の受験から始まり五年間、先生方には温かく時に厳しくご指導いただき本当にありがとうございました。

小学校生活を一番大切にする

 「やりきったよ。」

 南山中学校女子部の入試が終わって、校舎から出て来た時の元名進研生の娘の言葉です。その時の娘の何とも言えないすっきりとした表情を見て私は合格を確信しました。

 そして迎えた二月四日、合格通知を見て娘と私は抱き合って泣きました。この時をどれほど待ち望んでいた事でしょう。参考になるかどうかはわかりませんが、娘と私の合格への心構えのようなものを書きたいと思います。

 これは、私の全く個人的な意見ですが、中学受験に関しては、「結果がすべて」だと思って取り組んできました。その為には、何をするべきなのか、その答えを追い求め考え倦ねた三年間でした。

 まず娘とは、どうして何の為に名進研に通うのか、話し合い続けました。なぜ苦しい受験勉強の日々を選択したのか、事あるごとに話をして娘も確固たる信念を持って勉強に向き合う様になっていきました。

 次に、四・五年生の時はどうしたら実力テストで高得点が取れるか、六年生の時はどうしたら南山中女子部に合格できるのか、徹底的に対策を研究しました。娘に合った勉強法をいろいろ試して、一番合った方法を身に付ける事ができました。

 そして特に重視した事は、小学校生活を一番大切にするという事です。小学生らしく、よく学びよく遊び、友達を大切にし、規則正しい生活を送れた事は、娘にとって大きな力になっていると思います。その結果、娘は一日も学校を休む事なく、南女他すべての受験校に合格する事が出来ました。

 この三年間、私にとっては娘と一緒に勉強を楽しんだかけがえのない日々でした。又、お世話になりました先生方、本当に有難うございました。

成  長

 滝中学、合格おめでとう!!
 憧れの時計台の下で六年間過ごすことができるのですね!
 名進研での卒業パーティでは素敵な手紙をありがとう。
 この三年間、いろいろなことがあったね。
 でも私はあなたとたくさんの時問を共有できたことをとても嬉しく思っています。
 かけがえのない時間をありがとう。
 これからもどうか前を向いて歩いてください。   母より

 娘は三年生の冬期講習より名進研でお世話になりました。マイペースでのんびり屋さんの受験生活がスタートしました。

 中学受験では彼女の幼さが邪魔をする、もっと大人にならないと!といつも先生が仰るとおり、幼さが残る彼女は要領もよい方ではありませんでした。そんな自分の性格に気づいていたのでしょうか。勉強時間は誰にも負けないくらい長く、いつも自習室に残り、休みの日にも自習室へ行き頑張っていました。

強い意志

 息子が名進研にお世話になったのは、五年生になろうとする三月からでした。地元の公立中学校の野球部がなくなるかもしれないという話があり、野球が大好きでずっと野球を続けてきた息子が「野球部のない学校には行きたくない。」と言い出したのがきっ

かけでした。ではどうするのか……。家族で話し合った結果、私立中学受験という道を選びました。

 次は塾探しです。いくつか見て決めようという事になり、まずは家から近い集団塾そして個人塾。次に名進研に行ってみました。授業の体験をした息子は、「絶対名進研がいい。」と何か感じるものがあった様でした。(結果的に大正解でした。)多少の上下はあったもののずっとJS1に在籍する事ができ、六年生から受講したテストゼミでは、算数が足を引っ張り先生に何度か相談したり、息子と面談をして頂いたりした事もありましたが、何とかTN1をキープする事ができました。(週末に野球の練習があった為、本人の希望で五年生ではテストゼミを受講していませんでした。)

 今思えば比較的順調な受験生活だったと思います。

 しかし、六年生の十二月まで野球を続けながらの受験生活はかなりハードなものでした。

六年生になってからの入塾

 五年生の冬期講習で初めてお世話になり、三月からの入塾を決めました。名進研を選んだ理由は、基礎学習に重点を置き、復習を中心とした学習スタイルに共感を持ったことと、これまで自学自習をしてきた息子にとって、多くのライバルの中で、自分の位置を確認しながら学習を進めることが、モチベーションアップになると考えたからです。それから滝中学校の入試を最後にすべての試験が終わり、二月十三日の合格発表まで、振り返ればあっという間の一年間でした。

 名進研に入塾して、夏休みまでは、とにかく、一週間に勉強する単元をしっかりやって、やり残しや苦手な単元をつくらないよう、いつも息子に言っていました。夏休みは、すべての単元の復習ということで、息子が入塾する前の五年生で学習した単元を特に集中して勉強し、遅れを取り戻すよう努力させました。夏休み以降は、入試実戦ということで、これまでつけた基礎力に加え、応用力を付けるため、入試実戦講座を受講するとともに、トップレベル講座EXの受講資格を得たこともあり、これを受講させました。また、プレ中学入試等の結果を受け判明した学習もれや苦手箇所については、特に意識して勉強させました。体調面では、生活リズムを崩さないよう、毎日十時までには寝させていました。(トップレベル講座EXや入試実戦講座で遅くなる日を除いて。)また、メンタルな面では、いつも、やることをしっかりやっていれば、遊べばいいと言っていたので、秋までは、月曜日は、友達としっかり遊んでいました。ともすると勉強一辺倒になりそうなところですが、自分で隙間時間を有効活用して宿題を済ませるなど、自由な時間をつくって、上手に息抜きしていたと思います。

 このように、先生に頼るばかりでなく、ある程度、どのような作戦で受験を乗り切るのか、保護者会での先生のお話などを参考にしながら、親自身も考え、それを子供に伝えることは非常に重要なことだと思っています。ただ「頑張れ」だとか「しっかり勉強しなさい」といくら子供に言っても、それだけで子供のやる気を引き出すのは難しいのではないでしょうか。親も真剣に受験対策を考え、一緒に取り組むことで、同じ声掛けでも親の本気度が伝われば、子供も頑張れるのだと思います。

 とにもかくにも、息子は時間を有効に使うよう考えて行動し、やるべきことを絞って勉強するようになるなど、本当によく頑張ったと思います。その甲斐あって、函館ラ・サール中(前期)、愛知中(特奨)、名古屋中(スカラー)、東海中、滝中と受験したすべての学校に合格することができました。

 最後に、先生方には、適切なアドバイスや励ましの言葉をたくさんかけていただいたり、苦手な項目の学習ポイントをまとめていただいたり、本当にお世話になりました。ありがとうございました。心からお礼申し上げます。

 保護者の皆さんも見事合格を勝ち取れるよう子どもと一緒に頑張ってください。検討を祈ります。 

 「部活も児童会も何でも思いきりやりたい!学校に行けないなら他の何にも頑張れない!」と言い切る娘は、時間の自由がきく通信教材にこだわっていましたが、教材が難しくなり限界を感じ、五年生の夏から名進研でお世話になりました。できる限り部活も続けハードな生活でしたが、それまでの通信教材の貯金があったおかげか、すぐにJAクラスからJSクラスに上がることができました。

 このまま順調に伸びていってくれるかと思いきや、六年生の六月のプレ中学入試でJAに降格。相当ショックを受け、このまま失速してしまうかと心配しました。勉強態度も煮え切らない感じで、保護者会でいくら「怒らないで」と言われても「本気でやる気はあるのか」と気持ちをぶつけずにはいられないことも多々ありました。先生方には、電話で相談にのって頂いたり、本人にアドバイスや喝を入れて頂いたりして、私の不安を何度も肩替わりして頂きました。どんなに心強かったことか!!気持ちを内にこもらせがちな娘も、先生の言葉に素直に「くやしい」という気持ちを表に出して泣くことで、自分自身でやる気を奮い起こすことができたのだと思います。

 中学受験は子供だけでなく親の力もためされているようで、本当に大変でした。弁当作り、スケジュール管理・資料・情報の収集、名進研への提出物・振込み、プレ中学入試会場までの行き方、時間の把握、そして健康管理。心が休まることがありません。「頑張ること」とは全く無縁ののんびり主婦である私には、どれもこれも苦手なことばかりでしたが「子供のためだから頑張れるんだな…」と自分の中の母力にも少し感心しました。

 私が一番心がけたことは、日々のちょっとしたくだらない、力の抜けるような会話で家庭内をゆるく保つことでしょうか。弟もいるので受験一色にならず、普段どおりの空気が流れている環境が少なからず娘には良い影響を与えていたと思います。それも、「一番『受かりたい』と思っているのは本人なんです」という先生の言葉で「子供を信じよう」という気持ちになれたおかげです。もう一つ触れておきたいのは、父親の存在。とにかく目先のことに振り回されがちな私や子供に対して、いつも少し離れて広い視野で見守ってくれる存在は本当に助かりました。

 いただいた合格通知と子供の最高の笑顔が今までの苦労や涙を全部ご褒美に変えてくれました。親から離れていってしまう前の大切なこの時期を親子で同じ目標に向かって取り組む濃密な時間は、本当に貴重なものです。保護者の皆さんも是非この時間を大切に、素晴らしい春を迎えられますように。

 中学受験を言い始めたのは妻でした。

 私は県外出身で中学受験(中高一貫校ではなく高校受験もありました)を経験していたので、そんなに早くから苦しい勉強なんかしなくても、普通に公立中学・高校に行ってもらえばよいと考えていました。

 名進研の名前を知ったのは、息子が三年生の時に私の大学の同級生の集まりがあり、話題が子供の受験になり、県外受験を考えずに東海中学校なら名進研と聞いたときでした。

 入塾試験を兼ねて四年生の冬期講習に参加しました。楽しそうに通っていたし、「わかった?」と聞くと「うん、わかったよ。」と答えていたので、安心していました。しかし、総仕上げテストでは算数三六点、国語五四点、理科三九点、社会二五点の合計一六四点で唖然としたのを記憶しています。

 当然、五年生の錬成教室はJA、テストゼミはKS3からのスタートでした。それからも「わかるよ。」と答えていたのでしばらくは様子をみていましたが、やはり四〇点台をとってくるので理解不足だろうと考えて復習・宿題指導講座をとりました。それから少し上昇傾向を見せ始め、六月頃からは自宅ではなるべく私が時間を作り、算数はテキストからテストゼミや実力テストの予想問題を選択し解かせました。すると算数の点数が伸びていったので、理科と社会も同様にしていきました。国語は、名進研に完全にまかせていました。結果、徐々にテストゼミのクラスもアップしていきました。秋には一度TN1まであがりました。冬期講習をはさみTN2に落ちましたが、最終的にはTN1に復活、六年生の初めは俊秀で迎えました。

 しかし、ここからが伸び悩みで、黒星をもらうことはあるし、夏期講習の総仕上げテストでは非常に成績が悪く、後期のスタートはTN1になりました。この頃が一番の修羅場でした。

 長かった受験生活が終わって、娘は毎日楽しそうに残り少ない小学校生活を楽しんでいます。

 二つ年上の兄から始まること五年間名進研でお世話になりました。お蔭様で二人とも志望校にすすむことができ喜んでいます。

 最初は受験することにためらいもありました。周りからはそんなに勉強させてかわいそうなどとも言われ悩んだ時期もありました。でも、名進研に通い、合格した時の喜びや楽しそうに毎日登校する姿を見ると、我が家の選択は間違っていなかったと思いました。

 娘は、志望校選びから大変でした。見る学校、見る学校、全部良くなって行きたくなってしまいます。どの学校も楽しそうで制服も可愛くて憧れるのはわかりますが、保護者会でも先生からも憧れだけではダメです。絶対行きたいという気持ちが大切です。と言われ娘にはそんな「絶対に行く!!」という気持ちが薄いのかな?とも思いました。でも所属校のある先生に「どこの学校に進学しても笑顔で行けるなんて幸せですね。」と言われました。

 そうなんです。娘は受験校どこに行っても幸せなんです。娘に言わせると強く行きたい気持ちが無かった訳じゃなくて、全部行きたかったそうです。だから今、最高の笑顔です。

 娘が最高の笑顔になるためには、とても大変な時期もありました。成績が伸び悩み落ち込みやる気がなくなることも何度もありました。

「宿題はやったの?」「テストゼミは大丈夫?」などと口出しして反抗期もプラスして親子関係が悪くなることもありました。

「受験やめる?」「もうやめてしまいなさい。」など保護者会で言ってはいけませんと言われることを全て言ったりやったりした気がします。

 でも、合格したらそんな悪かった親子関係も解消。すっかり元の仲良し親子です。

 子どもにはいろいろタイプがいます。娘は私があれこれと口出ししなかったらどうだったかはわかりませんが、今の笑顔の娘を見ると最高の笑顔を見るためには、子どもの様子を見ながら口出しOKだと思います。

 全ては最後に子どもの最高の笑顔を見るために…これから受験を迎えるお父様お母様頑張ってください。

名進研とは

愛知県・岐阜県の中学受験・高校受験の進学塾です。受験生を応援するページを立ち上げました。このブログで卒業生たちの熱い応援メッセージを届けていきます。

カテゴリー