頑張りを褒めてあげたい

娘は、五年生から名進研にお世話になりました。

入った当初は、問題レベルの高さ、莫大な宿題量に驚愕し、ついていけるのか心配で仕方がありませんでした。泣きながらも、無理やりに近いかんじではありましたが、勉強をさせていきました。そうしているうちに、徐々にではありますが、勉強にも慣れてきて、テストでは、南山中学校女子部に少し手が届くのではないかと思えるぐらいの、良い成績をとれるようになりました。五年生の終わりごろになると、南山中学校女子部に行かせたいという両親のプレッシャーや、周りからのプレッシャーで、名進研をやめるやめないの繰り返し、無理しない程度で頑張れと、何とか続けさせることに色々苦労しました。

六年生になると、プレッシャーをかけまいと、「南女」というキーワードを親や周りは封印して、勉強をさせていました。

するとちょっと自信が付きだし、いい流れで、こなしてくれました。最後の南山中女子部プレ入試では、芳しくなかったものの、プレ中学入試では、連続してよい成績を取ってくれましたし、冬期講習の頃にはとうとう自分の口から「南女」が飛び出し、親も先生も、その気になってきました。結果はお陰で合格でめでたしめでたしだったのですが、もう少しだけ書きたいことがあるので、書きます。

実は、娘は自分から机に向かうことは、ほとんどありませんでした。南山中学校女子部に入るためには、一段上の勉強量が必要だと思っていましたから、いつも口出しをして、一喜一憂どころか多怒多悔(自分で作りました)でした。挙句の果てに最後の最後で、南山中学校女子部の入試の答え合わせをしてしまい、ミスの多さに激怒し、次の日の愛知淑徳中学校に影響が出かねない説教をしてしまいました。本当にやってはいけないことを、全てやってしまった気がします。そして、自業自得、眠れぬ夜を過ごしたわけですが、見事、合格したのです!その瞬間の感動は言い表せないほどでした。(親バカですから)

何はともあれ、娘が最後まであきらめずに頑張って勉強してきたことを褒めてあげています。

参考にならないと思いますが、色々書いてしまいました。今は遊び呆けて大丈夫かなと思いながら、入学を楽しみにしています。

入試直前、何があっても

名進研生のみなさん、こんにちは!私は、愛知中学校、聖霊中学校、愛知淑徳中学校から合格をもらった超HAPPYな元名進研生の者です。
それでは、教科別アドバイスヘとうつりたいと思います☆

国語→文章題では、登場人物、人物同士の関係、気持ちの変化に自己流の記号や線をつけよう。大事!漢字や文法は、漢字テキスト、サーパスをたくさん使おう☆

算数→問題をスーパー解きまくる↑↑まちがえた問題の解説をまとめて書いたオリジナルノートを作るのも効果アリですよ!

理科→うーん。直前は、前のテキストの問題を解く…のが良い?かも(笑)

社会→直前は、当時ボロボロだった年号を、テキストで覚えておりゃ――って、頑張りましたね。ハイ。名進研生のみなさんは、私のように最後ではなく、今から年号頑張りましょう。HAHAHA…(´∀`;;)

全科目→理科と社会は、学校の教科書を読むっ!!すてたらNGですよ。そして、全科目に関わること。ノートをオリジナル分割してみてください。例えば、先生の話とホワイトボード書きうつしと復習用スペース とか。

☆入試直前について☆
まずはアドバイス!!直前期は、理科&社会の暗記を中心に頑張ろう!不安が出てきた時は今まで使ってきたテキストやノートの量の多さを見て、自信をつけよう☆

私の体験談!!愛知淑徳中学校の入試の直前に、まさかの祖父の死。入試まで色々と忙しくて、ハンパなくあせりました。でも、所属校の先生方が、すご~くはげましてくれたので、テストも、結構落ちついて解けました。名進研生のみなさんも、もし、もし、すごくやばい事件が起きたとしても、リラックスですよ!!リラックスしていると、意外に、何でもできるっ!!気がします。

☆入試当日について☆
カイロとはちまきは必ず持っていこう(^^)/でも、暑いかもしれないので、服はぬぎ着がしやすいものがいいよ♪そして、「私(僕)は絶対に受かる!!」と思って試験を受けましょう!!

最後になりましたが、今まで支えてくださった、みなさま、本当にありがとうございました。そして…

名進研生ファイトだ!!

夢は叶う

こんにちは!
私は滝中学校、南山中学校女子部、愛知淑徳中学校、鶯谷中学校に全勝し、春から滝中学校に通う幸せ者です!
これから私のしていた勉強法を名進研生のみなさんに紹介します。

〈国語〉
文章題は得意だったけど言語事項はあまり好きではなかったので、サーパスの解答にあるポイントを写して何度も問題を解きました。文章を読むときは丁寧に線をひきながら読むことを心がけるといいと思います。

〈算数〉
超苦手でした。テキストなどでも分からないことは先生やチューターに質問し、その問題を理解できるまで解けばなんとか大丈夫でした。

〈社会〉
得意な順に公民、歴史、地理でした。公民、歴史は三回書きなど、とにかくたくさん書きました。地理は地図帳を見たり、印刷した白紙の日本地図に伝統工芸品など、種類別に書きこんで覚えました。また、問題を解く用のノートとポイント用のノートを分けて使っていました。

〈理科〉
ふつうでした。すごく得意なのもあれば、すごく苦手なものもありました。ふだんは苦手なもの中心で勉強し、息抜きとして得意なものを勉強していました。また、社会同様ノートを分けていたのですが、理科はそれだけでなく、ポイント用のノートに先生の言った大事なところもメモしていました。

〈最後に〉
私は五年生の途中まではずっとJS2でした。でも努力すればJS1に行けたし、合格もできました。夢は絶対に叶います。叶えるために夢はあります。だからがんばってください。名進研生のみなさん、滝中学校で待っています。

合格に導かれて

 小学校の卒業式を終えた今、私にとって、息子の卒業は、やはり合格パーティでした。

 名進研に通塾しているときは『この調子でいくと、時間が足りない!入試までに間に合うのか!?』とやきもきする毎日でした。朝は起きれず、夜は疲れて眠ってしまい、起きていても集中しているのかどうか定かでなく、しかし、その時点よりも半年、もしくは一ヶ月前を思い出すと、確実に起きている時間が長くなったり、弱音を吐かなくなったりしている事実に気が付くと『よし、大丈夫』と息子に言い聞かせつつ、私自身にも言い聞かせてなるべく良い面を見るようにしていました。

 私の参考でもあり心の支えだったのは『保護者会』です。最近こういうことで怒れてくるなあ、と思うと大抵担当者の方が『今のお子さんの状態は…』と説明されて納得のいくこと然り。私が聞くよりも子供が聞いたほうがよいのでは!?と何度も思いました。保護者会をビデオにとって見せてやろうかとも。結局、名進研実力テストや名進研プレ中学入試の終わった日の夕食はテストの出来よりも保護者会での話の内容を事細かに伝達し、資料を熟読させました。また本人もとても参考にしていたようです。母親の私が言うよりも、先生が言っていたほうが説得力があったようです。

 入試の一ヶ月前から週末のどちらかは試験会場へ向かう生と死の入試ロードが続いたのですが、おおよその学校で8時半過ぎから開始されるため、その時刻がお昼近くに感じるように、起床時間は5時過ぎに設定していました。一番寒い時期でもありましたので、先に4時頃起きて部屋を暖めてから息子を起こしに行く…今思えば一ヶ月もよくやったものです。試験当日だけ起きるのは本来の力を発揮できにくいと考えて毎日の生活のサイクルにしました。

 起床してから頭が働くまでの時間がかかるタイプでしたので、起きてからもどうしたら早く頭が目覚めるか?顔を洗い歯磨きを先にしてしまうなど、いろいろ工夫しました。入試後は6時起床でしたが、これは合格したあとに通学するときに辛くないようにするためです。

 このときひしひしと感じたのは『体力のあるものは強い』ということです。東海中学校入試の三日前、床に突っ伏している息子を見たとき『そろそろ限界だな』『今、受けなければ体力が持たないかも』時間が足りない、足りる、ということよりそこに力のピークを持っていくことが重要なのかもしれません。

 東海中入試前日、休憩中の息子にずっと心のわだかまりとしてあった『怒ったり怒鳴ってばかりだった。もっと他にやり方があったんじゃないか』『私の様なきつい言い方でなく褒めてやさしいやり方のほうがこの子はもっと伸びたのではないか』という気持ちを伝えてみました。そうしたら息子は『え?そうだった?覚えてないよ。これでよかったんだよ。だからここまでこれたんだ。お母さんは間違っていないよ。』そう言ってくれた時、いよいよ東海中、滝中と受けるけども、どんな結果になろうとも受け止められると言う決心がつきました。

 滝中に合格したときのあの嬉しい気持ちは忘れられません。

できると信じて

 私は、南山中学校女子部と金城学院中学校を受験し、全勝する事ができました。春から第一志望校だった南山中学校女子部に通う事ができる女の子です!これから私の勉強法を名進研生のみなさんに紹介します。

★★国語★★
 好きでした。得意にしようとがんばっていました。漢字や言語については、国語辞典を使って、意味を丁寧に調べていました。文章題は、あせらずに、とにかく丁寧に読んでいました。

☆☆算数☆☆
 苦手でした!先生にどんどん質問したり、図や計算式を大きく分かりやすい字で書いたりすることを心がけていました。

○○社会○○
 地理は好きでしたが、歴史の明治時代から現代までが苦手だったので、三回書きをしたり、テキストを何度も読んでいました。

□□理科□□
 計算単元はダメでしたが、暗記単元は好きでした。テキストを一生懸命読んでいました。

◎当日◎
 南山中学校女子部の入試当日では、試験会場で、たくさん友達に会って、緊張がほぐれました。今まで使ってきたテキストを直前に読んで、自分を落ちつかせました。

∞合格発表∞
 金城学院中学校の時も、南山中学校女子部の時も、封筒を開けるのがすごくこわかったです。特に南山中学校女子部の時は、うれしすぎて、大きな声でさけんでいました。

*その他*
 私は自習室で勉強していました。チューターの先生にたくさん質問していました。自分のペースで勉強する事が大切だと思います。入試の一週間前には、過去問を解いていました。

 また、頑張れば、必ず合格できます!みなさんもできると信じて頑張ってください!

 それでは、名進研生のみなさんを南山中学校女子部で待っています★

努力は裏切らない!!

 私は、春から第一志望校の椙山女学園中学校に通う超HAPPYな者です!!名進研生のみなさんは、今はとても大変な時期だと思いますが、これを読んで、少しでもお役にたつとうれしいです。

~とっても大好きだった国語☆~
 ・漢字や言語は絶対に点をとること。そのためにサーパスを何回もくり返しやる!!
 ・文章問題の条件チェックは必ずやること。条件の所には、線を引くように。
 ・日常から本をたくさん読むようにしましょう。読んだことがある本が問題に出てくるかもしれませんので★

~大大大嫌いだった算数(涙)~
 ・計算ミスはもったいないですので、朝30分ぐらい早めに起きて、テキストを使って計算を五、六問やりましょう☆けっこう計算ミスがなくなります。
 ・算数の公式は丸覚えするのではなくて、テキストを使ってどうしてこの公式になるのかを理解して覚えておかないとテストの時に覚えていなくて大変なことになってしまいます。なぜなら私もそのようなことがあったから(笑)。
 ・あと!!「タコスモチ」って知っていますか?? タ→単位はあっているか コ→答えるものはまちがっていないか ス→数字はきれいか モ→問題条件のみおとしはないか チ→ちがう解き方でといてみる。という意味デス!!すごく☆有効☆です。

~計算は×だった理科~
 ・暗記部分は、テキストで覚えてひたすら書きまくる!!あと、「暗記ノート」があってもOKです!!
 ・計算はグラフに要注意デス!!

~まぁまぁだった社会~
 ・歴史の年号などはテキストで調べて語呂あわせで!!並びかえの問題はけっこう点数が高いので…
 ・ニュースはなるべく見るように!!時事問題はけっこう出るので!

~入試前日~
 入試前日はきんちょうして寝られませんでした。おかげで、入試の日は眠たかったです(汗)。みなさんはこのようなことにならないようにリラックスしましょう。あと、忘れものはないようにチェックしましょう。

~今、一生懸命頑張っている受験生へ~
 今はつらく大変で、努力しても努力して良い結果がでないという人もいると思います。私もそうでした。けれどその難関を突破した子が『合格』をもらえます。だからみなさんもあきらめずがんばってください!!絶対努力は裏切らないということを忘れずに!

~最後に~
 今まで、『合格』に導いてくださった、所属校の先生方、チューターのみなさん、ターミナル校の先生方、家族、本当にありがとうございました。

どんな時も親は見守って...

 家族一同、第一志望校である南山中学校女子部からのまさかの合格通知に大変驚きました。

志望校別プレ入試の判定はいつも50%以上。多分無理だろうなと私は諦めていました。しかし、南山中学校女子部の入試が終わった時「どうだった?」の私の問いかけに子供は「普通」とだけ答えていましたが、実は手応えを感じていたようです。

 まぁ、ここに至るまでには様々なバトルがあったわけですが、勉強のことでもそれ以外のことでも困った時はとりあえず先生に相談してみてください。親が言うと素直に聞かないことも、先生から言ってもらうと素直に聞いてくれたりするものです。そして先生に多くのアドバイスをいただくと親も安心できるものです。

 あと、テスト結果に一喜一憂してはダメです。これがとても難しく、前回より下がろうものならねちねち叱ってしまいがちです。でも保護者のみなさんおわかりと思いますが、子供はいつでも全力でテストを受けているはずです。ほんの少しだけ長い目で見てあげてください。

 そしてなかなか本番の受験というものを意識できないようですが、必ずどの子もスイッチが入ります。親があれこれせっついても本人のやる気が出なければ意味がありません。うちの場合、六年生の十二月頃にようやくスイッチが入りました。

 正月特訓教室は参加しませんでした。その間、苦手な社会だけを集中して勉強しました。子供も「こんなにやったんだから大丈夫」という自信が付き苦手意識もなくなり、結果合格につながったのだと思います。うちのように特に足を引っ張る科目があるお子さんは、まんべんなく全教科を勉強する正月特訓教室よりも効率が良いかもしれません。

 子供は親が思う以上に日々変化成長しています。反抗期もあり思うように親の言うことも聞いてくれなくなります。毎日毎日勉強ばかりでストレスも尋常ではないと思います。だからこそ親である私たちがあまり思いつめず追い込まず、ゆったりとした気持ちで接してあげることが大切ではないでしょうか。

 結果はどうあれ、子供は入試が終われば達成感でいっぱいです。その時が来たら思い切り褒めてねぎらってあげてください。今は、このつらい日々の先に充実感と達成感が待っていることをお子さんに教えてあげてください。

 長女の受験から始まり五年間、先生方には温かく時に厳しくご指導いただき本当にありがとうございました。

あきらめないで!

みなさん、こんにちは!私は、愛知淑徳中学校に合格し、四月から愛知淑徳中学校に通う女の子です。そんな私から名進研生のみなさんへのアドバイスです。

算数(⌒-⌒)
 まあまあ得意です。とにかく「?」の所は先生にどん×2質問しよう!私は所属校のある女の子と先生を取りあって質問しました(^^)vあと、まちがい直しを絶対にしましょう。

国語(≧∀≦)
 すっごく得意です。本を読みましょう。条件チェックも忘れずに☆

理科( ̄□ ̄;)
 ちょっと苦手です。とくに生物が…。計算(水溶液)はテキストを使ってパターンを覚えればなんとかなるよ!

社会(´▽`*)
 普通でーす。暗記ペンを使って覚えるといいです。年号はゴロ合わせで。

~その他~
 自習室は必ず使いましょう。使ったほうが勉強がはかどりますよ♪(自分に合わないと思ったら無理して使わなくてもいいケド…。)

★入試当日
 カイロを持参しよう。3時間以上前に起きて、テキストを使って計算問題に取り組み、頭をすっきりさせてください。入試が始まったら、最後の1分1秒まで本気で行こう!!↑↑ゼッタイ×100

☆最後に…
 名進研生のみなさん、最後まであきらめないで勉強をがんばってください。私はいつもJSクラスの前のほうにいましたが、六年生の十月くらいに後ろに下がってしまいました。でも、がんばって勉強した結果、前の方にもどれたので、自信を持って入試に臨むことができました。だから、あきらめないで!応援してます。

 元名進研生の僕は、第一志望の愛知中学校だけを受けて合格した者です。そして、春から愛知中学校に通います。最後の最後までJAクラスの一番後ろにいた僕ですが、このアドバイスが少しでもみなさんの役に立ったらいいなと思います。

〈国語〉
・国語は得意でした。
・本は自分の将来の夢に合ったような本を読むと読みやすいです。あと、とにかく読書をしておくと当日やりやすいです。
 ・漢字はテキストを使ってとにかく書くことです。
 ・新聞の表紙の部分を特に読むといいです。

〈算数〉
 ・算数が一番苦手でした…。
 ・テキストを使って計算問題を一日五問は解いたほうがいいです。
 ・わからない問題はすぐ、先生に質問しましょう。
 ・公式は完璧にしておきましょう。

〈理科〉
・理科は苦手な方でした。
・暗記問題は確実にとれるようにしましょう。
・学校の実験は、わかりやすく覚えやすいので一生懸命取り組みましょう。

〈社会〉
・社会が一番得意でした。
・チェックペンを利用する。
・何度もノートに書き、暗記しましょう。
・ニュースを見ましょう。
・年号は自分で勝手に語呂合わせをつくって覚える!

《受験前日》
 とにかくテキストで少し公式などを確認してから早く寝ることです。

《受験当日》
 カイロは必ずもっていきましょう。受験校についたら、先生、親とあくしゅをし、「絶対合格してきます!」と言い、気合をいれてから試験に臨みましょう。

 最後に、受験生のみなさんへ、受験勉強は大変ですが、がんばってください。

小学校生活を一番大切にする

 「やりきったよ。」

 南山中学校女子部の入試が終わって、校舎から出て来た時の元名進研生の娘の言葉です。その時の娘の何とも言えないすっきりとした表情を見て私は合格を確信しました。

 そして迎えた二月四日、合格通知を見て娘と私は抱き合って泣きました。この時をどれほど待ち望んでいた事でしょう。参考になるかどうかはわかりませんが、娘と私の合格への心構えのようなものを書きたいと思います。

 これは、私の全く個人的な意見ですが、中学受験に関しては、「結果がすべて」だと思って取り組んできました。その為には、何をするべきなのか、その答えを追い求め考え倦ねた三年間でした。

 まず娘とは、どうして何の為に名進研に通うのか、話し合い続けました。なぜ苦しい受験勉強の日々を選択したのか、事あるごとに話をして娘も確固たる信念を持って勉強に向き合う様になっていきました。

 次に、四・五年生の時はどうしたら実力テストで高得点が取れるか、六年生の時はどうしたら南山中女子部に合格できるのか、徹底的に対策を研究しました。娘に合った勉強法をいろいろ試して、一番合った方法を身に付ける事ができました。

 そして特に重視した事は、小学校生活を一番大切にするという事です。小学生らしく、よく学びよく遊び、友達を大切にし、規則正しい生活を送れた事は、娘にとって大きな力になっていると思います。その結果、娘は一日も学校を休む事なく、南女他すべての受験校に合格する事が出来ました。

 この三年間、私にとっては娘と一緒に勉強を楽しんだかけがえのない日々でした。又、お世話になりました先生方、本当に有難うございました。

名進研とは

愛知県・岐阜県の中学受験・高校受験の進学塾です。受験生を応援するページを立ち上げました。このブログで卒業生たちの熱い応援メッセージを届けていきます。

カテゴリー